ツェルニー(1791-1857)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

フルートとピアノのための作品集 瀬尾和紀、上野真

ツェルニー(1791-1857)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
8573335
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ツェルニー:フルートとピアノのための作品集
瀬尾和紀、上野 真


ヴィルトゥオーゾ・ピアニストとして、またベートーヴェンの弟子として輝かしい足跡を残したカール・ツェルニー。しかし現在では「練習曲を書いた人」としてのみ認識されているのは、なんと悲しいことでしょう。このアルバムでは、日本が誇る2人の名手、瀬尾氏と上野氏が「ツェルニー復権」のためにタッグを組みました。彼らはモシェレス作品集(8573175)でも息のあったアンサンブルを披露していましたが、今回のツェルニーでは一層の親密さと緊張感を伴った極上の演奏を聴かせます。
 1836年に出版された「ベッリーニとロッシーニのメロディをとことんまで使い尽くし、華麗な作品として創り上げた協奏風ロンド」での独奏フルートの息を飲むようなパッセージと、これを支えるピアノの安定感には驚くばかりです。「序奏、変奏と終曲」は1825年ごろの作品で、シューベルトの「しぼめる花」のメロディを主題としたもので、当時流行していたスタイルである、ゆったりとした序奏と、華麗な変奏曲、そして華やかな終曲がセットになっており、7つの変奏曲にも精緻な技法が施されています。この曲は当時活躍していたフルート奏者フェルディナント・ボーグナーのために書かれています。1827年に出版された「協奏風小ロンド」での技巧提示、「協奏的」と銘打たれた各楽器の密接なやり取りは、そのまま同じ年に出版された「協奏的二重奏曲」に引き継がれ、一層の発展を遂げているのです。(NAXOS)

【収録情報】
ツェルニー:
● ロッシーニとベッリーニの名モティーフによる、平易で華やかな3つの協奏風ロンド Op.374
● 序奏、変奏と終曲 ハ長調 Op.80
● 協奏風小ロンド へ長調 Op.149
● 協奏的二重奏曲 ト長調 Op.129


 瀬尾和紀(フルート)
 上野 真(ピアノ)

 録音時期:2014年4月30日〜5月2日
 録音場所:三重県総合文化センター
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

内容詳細

ピアノの教則本で有名なツェルニーがこれほどフルートを知り尽くした楽曲をつくっていたとは。いわゆるヴィルトゥオーゾ・スタイルの変奏曲も、4楽章まである硬派な協奏曲も、旋律美とドラマにあふれている。ツェルニー復活に燃える瀬尾和紀&上野真による息の合ったアンサンブルもおいしさ満点。★(榎)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ツェルニー(1791-1857)

Carl Czerny was born to a musical family. His father was Wenzel Czerny, an oboist, organist, singer, piano teacher, and piano repairman. The family was Czech, and Czech was Carl's first language. Carl's was an early developing talent. He was playing piano when he was three, writing his own music when he was seven, and demonstrated a fine musical memory. Wenzel was part of a kind of co-op of variou

プロフィール詳細へ

室内楽曲 に関連する商品・チケット情報

おすすめの商品