CD

ベスト・クラシック100(6CD)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TOCE55721
組み枚数
:
6
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
コレクション
クレジット
:

Anne-Sophie Mutter(Violin),  Cecile Ousset(Piano),  Christian Ferras(Violin),  David Bell(Organ),  Emil Gilels(Piano),  Garrick Ohlsson(Piano),  Gerald Moore(Piano),  Henriette Puig-Roget(Organ),  Horacio Gutierrez(Piano),  James Galway(Flute),  James Morris(Bass),  Jane Parker-Smith(Organ),  Jose-Luis Garcia (Asensio)(Violin),  Julian Bream(Guitar),  Manuel Barrueco(Guitar),  Matthias Eisenberg(Organ),  Maurice Andre(Trumpet),  Mikhail Rudy(Piano),  Moura Lympany(Piano),  Nigel Kennedy(Violin),  Peter Barley(Organ),  Piers Lane(Piano),  Stephen Hough(Piano),  Stephen Layton(Organ),  Steve Morse(Guitar),  Tasmin Little(Violin),  Wayne Marshall(Organ),  Wolfgang Sebastian Meyer(Organ),  Yehudi Menuhin(Violin),  Agnes Baltsa(Mezzo-Soprano (Vocal)),  Ambrosian Singers(Choir, Chorus),  Angela Gheorghiu(Soprano (Vocal)),  Barry Tuckwell(French Horn),  Barry Tuckwell(Horn),  Bavarian Radio Chorus(Choir, Chorus),  Beecham Choral Society(Choir, Chorus),  Carlo Bergonzi(Tenor (Vocal)),  Celia Nicklin(Oboe),  Choeur de Capitole de Toulouse(Choir, Chorus),  Danielle Millet(Mezzo-Soprano (Vocal)),  Edda Moser(Soprano (Vocal)),  Elisabeth Schwarzkopf(Soprano (Vocal)),  Elizabeth Harwood(Soprano (Vocal)),  Ernest Blanc(Baritone (Vocal)),  Fritz Helmis(Harp),  Halle Choir(Choir, Chorus),  Heather Harper(Soprano (Vocal)),  Heinz Hoppe(Tenor (Vocal)),  James Morris(Bass (Vocal)),  Janet Baker(Mezzo-Soprano (Vocal)),  Janet Baker(Soprano (Vocal)),  John Shirley-Quirk(Baritone (Vocal)),  Jose Carreras(Tenor (Vocal)),  Julia Thornton(Harp),  Kings College Choir(Choir, Chorus),  La Scala Theater Chorus(Choir, Chorus),  Les Petits Chanteurs a la Croix Potencee(Choir, Chorus),  London Philharmonic Choir(Choir, Chorus),  Lucia Popp(Soprano (Vocal)),  Luciano Pavarotti(Tenor (Vocal)),  Mady Mesple(Soprano (Vocal)),  Maria Callas(Soprano (Vocal)),  Monks of Downside Abbey(Choir, Chorus),  Nicolai Gedda(Tenor (Vocal)),  Philharmonia Chorus(Choir, Chorus),  Renata Scotto(Soprano (Vocal)),  Rene Duclos Choir(Choir, Chorus),  Rhin Opera Choir(Choir, Chorus),  Richard Grassby Lewis(Tenor (Vocal)),  Richard Lewis(Tenor (Vocal)),  Robert Tear(Tenor (Vocal)),  Roberto Alagna(Tenor (Vocal)),  Royal Choral Society(Choir, Chorus),  Royal Opera House Covent Garden Chorus(Choir, Chorus),  Sabine Meyer(Clarinet (Bass)),  South German Madrigal Choir(Choir, Chorus),  St. Hedwig's Cathedral Chor(Choir, Chorus),  Victoria de Los Angeles(Soprano (Vocal)),  Westminster Choir(Choir, Chorus),  Renata Scotto(Soprano),  Downside Abbey Choirboys(Boy's Choir),  Gerald Finley(Cantor),  Timothy Beasley-Murray(Treble),  Alain Kremski(Arranger),  Alexander Glazunov(Arranger),  Craig Leon(Arranger),  Franz Beyer(Arranger),  Gustave Sandre(Arranger),  Hoffman(Arranger),  Jean-Michel Defaye(Arranger),  Neville Marriner(Arranger),  Nikolai Rimsky-Korsakov(Arranger),  Ralph Greaves(Arranger),  Remo Giazotto(Arranger),  Simon Hale(Arranger),  Academy of St. Martin-in-the-Fields(Orchestra),  Adolphe Adam(Composer),  Sir Adrian Boult(Conductor),  Alain Lombard(Conductor),  Alberto Lysy(Conductor),  Alex Briger(Conductor),  Alex Briger(Conductor),  Andre Cluytens(Conductor),  Andre Previn(Conductor),  Andrew Davies(Conductor),  Andrew Davis(Conductor),  Antonio Pappano(Conductor),  Antonio Vivaldi(Composer),  Bath Festival Orchestra(Orchestra),  Bavarian Radio Symphony Orchestra(Orchestra),  Berlin Philharmonic Orchestra(Orchestra),  Bernard Haitink(Conductor),  Bryden Thomson(Conductor),  Camerata Lysy Gstaad(Orchestra),  Cesar Franck(Composer),  Charles Gounod(Composer),  Charles Mackerras(Conductor),  City of Birmingham Symphony Orchestra(Orchestra),  Claude Debussy(Composer),  Cleveland Orchestra(Orchestra),  Colin Davis(Conductor),  Consortium Musicum(Orchestra),  David Abel(Conductor),  David Abel(Conductor),  David Willcocks(Conductor),  Dresden Staatskapelle(Orchestra),  Edward Elgar(Composer),  Efrem Kurtz(Conductor),  English Chamber Orchestra(Orchestra),  Eugen Jochum(Conductor),  Eugene Ormandy(Conductor),  Franz Welser-Most(Conductor),  Frederic Chopin(Composer),  George Frederick Handel(Composer),  George Szell(Conductor),  Georges Pretre(Conductor),  Giacomo Puccini(Composer),  Giuseppe Verdi(Composer),  Halle Orchestra(Orchestra),  Hans Vonk(Conductor),  Herbert von Karajan(Conductor),  Iain Sutherland(Conductor),  James Horner(Composer),  Jean Sibelius(Composer),  Jean-Claude Hartemann(Conductor),  Jean-Pierre Jacquillat(Conductor),  Jeremiah Clarke(Composer),  Jerzy Maksymiuk(Conductor),  Johann Pachelbel(Composer),  Johann Sebastian Bach(Composer),  Johann Sebastian Bach(Composer),  John Barbirolli(Conductor),  John Williams(Composer),  Jules Massenet(Composer),  Karl Forster(Conductor),  Karl Foster(Conductor),  Klaus Tennstedt(Conductor),  Kurt Sanderling(Conductor),  La Scala Theater Orchestra(Orchestra),  London Philharmonic Orchestra(Orchestra),  London Symphony Orchestra(Orchestra),  Lovro von Matacic(Conductor),  Ludwig van Beethoven(Composer),  Mariss Jansons(Conductor),  Maurice Handford(Conductor),  Michel Plasson(Conductor),  Munich Radio Orchestra(Orchestra),  Neville Marriner(Conductor),  New Philharmonia Orchestra(Orchestra),  New World Philharmonic(Orchestra),  Nikolai Rimsky-Korsakov(Composer),  Orchestre National du Capitole de Toulouse(Orchestra),  Orchestre Philharmonique de Strasbourg(Orchestra),  Oslo Philharmonic Orchestra(Orchestra),  Paris Conservatory Concert Society Orchestra(Orchestra),  Paris National Opera Orchestra(Orchestra),  Philadelphia Orchestra(Orchestra),  Philharmonia Orchestra(Orchestra),  Pierre Dervaux(Conductor),  Pietro Mascagni(Composer),  Polish National Symphony Orchestra(Orchestra),  Polish Radio Chamber Orchestra(Orchestra),  Pyotr Il'yich Tchaikovsky(Composer),  Ralph Vaughan Williams(Composer),  Riccardo Muti(Conductor),  Richard Armstrong(Conductor),  Rome Opera Theater Orchestra(Orchestra),  Royal Opera House Covent Garden Orchestra(Orchestra),  ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ(Orchestra),  Samuel Barber(Composer),  Sergei Rachmaninov(Composer),  Simon Rattle(Conductor),  St. Petersburg Philharmonic Orchestra(Orchestra),  Stanley Myers(Composer),  Stefan Soltesz(Conductor),  Stephen Cleobury(Conductor),  The Sinfonia of London(Orchestra),  Theatre National de L'opera-Comique Orchestre(Orchestra),  Sir Thomas Beecham(Conductor),  Tomaso Albinoni(Composer),  Traditional(Composer),  Tullio Serafin(Conductor),  Vienna Johann Strauss Orchestra(Orchestra),  Vincenzo Bellini(Composer),  Walter Susskind(Conductor),  Willi Boskovsky(Conductor),  Wolfgang Amadeus Mozart(Composer),  Wolfgang Gonnenwein(Conductor),  Yehudi Menuhin(Conductor),  Yuri Temirkanov(Conductor),  Academy of St. Martin-in-the-Fields(Ensemble),  Ambrosian Singers(Ensemble),  Bath Festival Orchestra(Ensemble),  Bavarian Radio Chorus(Ensemble),  Bavarian Radio Symphony Orchestra(Ensemble),  Beecham Choral Society(Ensemble),  Berlin Philharmonic Orchestra(Ensemble),  Berlin Symphony Orchestra(Ensemble),  Cambridge Classical Players(Ensemble),  Camerata Lysy Gstaad(Ensemble),  Capitole Orchestre Toulouse(Ensemble),  Choirboys(Ensemble),  City of Birmingham Symphony Orchestra(Ensemble),  Cleveland Orchestra(Ensemble),  Consortium Musicum(Ensemble),  Craig Leon(Translation),  Dresden Staatskapelle(Ensemble),  English Chamber Orchestra(Ensemble),  Halle Orchestra(Ensemble),  Halle Orchestra Chorus(Ensemble),  Kings College Choir(Ensemble),  La Scala Theater Orchestra(Ensemble),  La Scala Theater Orchestra & Chorus(Ensemble),  Lamoureux Concert Association Orchestra(Ensemble),  Les Petits Chanteurs a la Croix Potencee(Ensemble),  London Philharmonic Choir(Ensemble),  London Philharmonic Orchestra(Ensemble),  London Symphony Orchestra(Ensemble),  Monks of Downside Abbey(Ensemble),  Munich Radio Orchestra(Ensemble),  New Philharmonia Orchestra(Ensemble),  New World Philharmonic(Ensemble),  Orchestre Philharmonique de Strasbourg(Ensemble),  Oslo Philharmonic Orchestra(Ensemble),  Paris Conservatory Concert Society Orchestra(Ensemble),  Paris Opera-Comique Orchestra(Ensemble),  Philadelphia Orchestra(Ensemble),  Philharmonia Chorus(Ensemble),  Philharmonia Orchestra(Ensemble),  Polish Chamber Orchestra(Ensemble),  Polish Radio National Symphony Orchestra in Katowice(Ensemble),  Rene Duclos Choir(Ensemble),  Rhine Opera Chorus(Ensemble),  Rome Opera Orchestra(Ensemble),  Royal Choral Society(Ensemble),  Royal Opera House Covent Garden Chorus(Ensemble),  Royal Opera House Covent Garden Orchestra(Ensemble),  ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ(Ensemble),  South German Madrigal Choir Stuttgart(Ensemble),  St. Hedwig's Cathedral Chor(Ensemble),  St. Petersburg Philharmonic Orchestra(Ensemble),  The Orchestra(Ensemble),  The Sinfonia of London(Ensemble),  Toulouse Capitole Chorus(Ensemble),  Vienna Johann Strauss Orchestra(Ensemble),  Westminster Choir(Ensemble)

商品説明

CD6枚組、100曲収録で3000円(税込)!
衝撃のコンピレーション・アルバム
ベスト・クラシックス 100
これ一つでクラシックの名曲はすべておまかせ! みんなが知ってる超有名曲、たっぷり100曲、7時間分を、ラトル、カラヤン、マリア・カラス、パヴァロッティなど、100年以上の歴史を誇る、EMIレーベルならではの豪華アーティストの演奏でCD6枚に収録。6枚入っているとは思えないスリムなパッケージにも注目。
「元気が出るクラシック」から、ヴォーカル、スピリチュアルなど6つのテーマに分けて収録。気分によって、聴くCDをチョイスできます。

CD1 Uplifting Classics〜元気がでるクラシック
人間誰しも、気持ちをぐいっと持ち上げて元気をカラダに充満させなければならない時がある…。そんな時に威力を発揮する音楽が、バラエティ豊かに並んでいます!

CD2 Relaxing Classics〜リラクシング・クラシックス
現代人の暮らしに欠かせないキーワードのひとつがリラクゼーション。地球が狭くなり、時間とストレスにますます揉まれ続ける毎日だからこそ、心地よく包んでくれる安らぎの音楽が必要です。

CD3 Vocal Classics〜ヴォーカル・クラシックス
人間の声は、最高の楽器と言われます。このディスクでは、人間のもつ表現力、美しさをたっぷり楽しんでください。

CD4 Golden Classics〜ゴールデン・クラシックス
時にはシャンデリアのごとく豪華絢爛に、時には夜のしじまに差し込む月明かりのように…。ここには、光きらめく音の海原が広がっています。

CD5 Favourite Classics〜フェイヴァリット・クラシックス
多くの人に愛されているクラシックの名曲。この中にあたなのお気に入りの曲はあるでしょうか?

CD6 Spiritual Classics〜スピリチュアル・クラシックス
ヨーロッパの教会に足を踏み入れると、クラシック音楽の響きが厳かで静謐な空間をもとにして生まれたことがよく分かります。ここに並んだ宗教曲の名曲の数々は、聴くものをスピリチュアルな空間へと誘います。

内容詳細

6枚のCDに100曲を詰め込んだ、クラシックの入門に最適のBOX。テーマ別に分類され、分かりやすく、楽しめる構成。しかもアーティストは、EMIが擁する新旧の一流の演奏家ばかりという豪華盤。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. ヘンデル:オラトリオ『ソロモン』〜「シバの女王の入城」 (マリナー)
  • 02. ヴィヴァルディ:『四季』より『春』 (メニューイン)
  • 03. J.S.バッハ:トッカータとフーガ (マーシャル)
  • 04. モーツァルト:ホルン協奏曲第4番第3楽章ロンド (マリナー)
  • 05. ベートーヴェン:交響曲第5番『運命』より第1楽章 (ザンデルリンク)
  • 06. チャイコフスキー:序曲『1812年』終結部 (ヤンソンス)
  • 07. ベートーヴェン:交響曲第9番より『喜びの歌』 (ムーティ)
  • 08. グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調より第1楽章 (冒頭) (ウーセ)
  • 09. シベリウス:『カレリア』より「行進曲風に」 (バルビローリ)
  • 10. ホルスト:惑星より『ジュピター』 (終結部) (ラトル)
  • 11. チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番より第1楽章(冒頭) (プレヴィン)
  • 12. シベリウス:フィンランディア (バルビローリ)
  • 13. ヴェルディ:『アイーダ』より凱旋行進曲 (ムーティ)
  • 14. プロコフィエフ:ロメオとジュリエットより (ムーティ)
  • 15. J.シュトラウス:ラデツキー行進曲 (ボスコフスキー)
  • 16. エルガー:威風堂々より行進曲1番 (終結部) (A.デイヴィス)
  • 17. ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番より第1楽章(冒頭) (ルディ)
  • 18. サン=サーンス:交響曲第3番『オルガン付き』 (終結部) (プラッソン)

ディスク   2

  • 01. J.S.バッハ:G線上のアリア (マリナー)
  • 02. グルック:『オルフェオとエウリディーチェ』より「精霊の踊り」 (ムーティ)
  • 03. パッヘルベル:カノン (マリナー)
  • 04. モーツァルト:クラリネット協奏曲第2楽章より (マイヤー)
  • 05. J.S.バッハ:ゴルドベルク変奏曲よりアリア  (ソーントン)
  • 06. アルビノーニ:アダージョ (マリナー)
  • 07. ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番『月光』より (リンパニー)
  • 08. モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲第2楽章より (ゴールウェイ)
  • 09. メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲第2楽章より (メニューイン)
  • 10. モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番第2楽章より (ハフ)
  • 11. ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』第2楽章 (冒頭) (ヤンソンス)
  • 12. ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番より第2楽章 (冒頭) (メニューイン)
  • 13. エルガー:ニムロッド (エニグマ変奏曲より) (ボールト)
  • 14. ロドリーゴ:アランフェス協奏曲より第2楽章 (冒頭) (ブリーム)
  • 15. ヴォーン=ウィリアムス:揚げひばり (終結部) (ケネディ)
  • 16. マーラー:交響曲第5番第4楽章アダージェット (終結部) (バルビローリ)
  • 17. ラフマニノフ:パガニーニの主題による変奏曲より (ウーセ)

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
14
★
★
★
★
☆
 
10
★
★
★
☆
☆
 
13
★
★
☆
☆
☆
 
2
★
☆
☆
☆
☆
 
2
★
★
★
★
☆
初めて能動的にクラシックを聴こうとしてい...

投稿日:2007/08/15 (水)

初めて能動的にクラシックを聴こうとしている方が、自分の知っているメロディの曲名を知ったり、未知のお気に入りを探すのには最適(このcdのコンセプトはそう言うものでしょう)。自分の好きなメロディが「来るぞ、来るぞ、来たー」と言うのも一つの楽しみ方だと思います(それが気に入らない方もいるのかな)。例えばホルストの惑星の木星の例のメロディが来るまで待つのは初めての方には酷でしょう。興味が湧けば全曲聴けばいいと思います。最後にこのシリーズよりユニバーサルの奴の方がケースが扱い易いです(このケースはちょっと・・・)。

ノッポ さん | 兵庫 | 不明

0
★
★
★
★
★
クラシックファンを自認されている方は皆さ...

投稿日:2006/12/09 (土)

クラシックファンを自認されている方は皆さん、全ての曲を「全曲」をお聴きになっておられるのでしょうか?「セルセ」は?「カヴァレリア・ルスティカーナ」は?「トーランドット」は?「ジャンニスキッキ」は? 子供向け?、Mahlerの9番交響曲やBeethovenのSQと同じように花のワルツを愛聴してはいけなのでしょうか? 解釈する/分かっている、とは何の意味があるのでしょう? 音楽は「頭」で聴くものなのでしょうか? 結局は「クラシックファン」独特の「変なプライド」の世界なのでは?

レニーシュカ さん | 狭山市 | 不明

0
★
★
★
★
★
久しぶりにレヴューを見ましたが、今だに某...

投稿日:2006/12/09 (土)

久しぶりにレヴューを見ましたが、今だに某音楽評論家のエピゴーネンのような方々の書き込みが多いようでちょっと暗くなりました。皆さん、最初に聴いたときから分かった、好きだった、という曲が、どれだけあるのでしょう?かくいう私も昔はBrahmsが難解でした。(少し年をとってから分かり始めたのですがね)長い事クラシック音楽(このネーミングも大嫌いなのですが)を聴いてきたつもりですが、まだ、分かっているのかどうか良く分かりません。このようなCDを聴いて新しい発見があるとニヤリとして嬉しくなってしまいます。

レニーシュカ さん | 狭山市 | 不明

0

おすすめの商品