トップ > My ページ > 松田 英人 さんのレビュー一覧

松田 英人 さんのレビュー一覧 

検索結果:131件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/12

    時期的に言うと『PAINKILLER』アルバムの頃ですので、
    オフィシャル音源では数曲しかリリースされていません。

    そのため、FM音源となればブートでも悪くないであろうと期待。
    しかし、これは手を出さない方が良いでしょう。
    音が籠っているし、楽曲がぶつ切れの醜い編集で楽しめません!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/28

    ブートを買い漁っている方々はお持ちの音源かも知れない。
    そうでない方には是非購入を進めたい。
    私も買ってよかったと思っています。

    バンドとしては、この頃がBESTといえるでしょう。
    元DEEP PURPLE、WHITESNAKEのイアン・ペイス(DS)、元COLOSSEUM U、WHITESNAKEのニール・マレイ(B)、元COLOSSEUM U、RAINBOWのドン・エイリー(KEY)。間違いなくスーパーバンド。
    安心して聞いて下さい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/28

    HR最期となった「AFTER THE WAR」のライヴ音源が収録された音源。
    今回リリースされたCDの中では、音はイマイチぱっとしない。
    音は鮮明だがベールが一枚あるような印象。
    収録されている音が小さいだけかも知れない。

    購入をためらい、迷っているのならとりあえず買うことをお勧めします。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/28

    正直凄いものを出してきたなというのが感想です。ズルい!
    まったく期待していなかったが、やはり’80年代のGaryのライヴが
    聞けるなら…、FMのエアチェックレベルでも良いとすら考えていた。
    しかし、このCDから出てきた音は、「何故オフィシャルで出さないんだ?」
    というレベルの音で…。こんな音源が聞けるとは思っていなかった。

    HR晩年のライヴ音源は何故か少ない。
    今回、本レーベルからリリースされたいくつかのCDは、
    それらを解消するアイテムとして魅力的なものばかりだ。
    買って損することはないだろう。

    音源としては、当時輸入盤でリリースされた「Live In Stockholm」という
    ビデオの音が元と思われる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/03/28

    正直あまり期待していなかった。ブートと考えていた。
    Garyのサウンドボードというとオフィシャル級に出会ったことがない。
    しかし、これは音が良い!買って良かったです。

    Garyフリークのあなたに、HR時代の彼のライブのマストアイテムとして
    加わること間違いないでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/26

    海外TV放送したライヴが商品化されるなんて良い時代になったもんだ。
    再結成Rainbow、私は代々木に行きました。
    当時の記憶としては、ライヴの演奏が音質が飛躍的に良くなり各楽器の音、
    Voが割れることなく鮮明に聴こえ、過去のどんなライヴでも体験したことのない感動があった。
    これをRainbowと認めないという人達もいますが、私にとっては間違いなくRainbowでした。
    リッチーのHR最期の映像が本作品です。流石にオフィシャル鮮明です。
    今を生きるバンドではないので個人的な欲求を言っても仕方がないので、
    このライヴをありがたく見続けさせていただきます。
    とにかくリリースに感謝します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/25

    ’70年代の第二期黄金期のメンバーでの再結成、最高にカッコ良い。
    ’80年代再結成Deep Purpleは、’70年代の彼らを知らない世代にとってはスーパーバンドの結成だった。
    元Rainbow、元Whitesnake、元Gary Moore、元Black Sabbathのメンバーによるバンドだからね。
    流石にパフォーマンスもカッコ良く迫力が違う。
    約30年前のライヴで画面が4:3すが映像はメチャ綺麗です。
    100インチ視聴でも荒さはあまり感じられませんでした。
    当然BDのような鮮明さはありません。

    Rainbow再結成もありませんが、このPurpleも当然ありません。
    買い逃してはいけないアイテムです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/21

    凄い安いのね。アルバム1枚より安いんじゃないの?
    『1984』でK.O.喰らって大好きになったが、『5150』は個人的に好きになれず、
    過去のアルバムに遡ることなくDLRのバンドを聴くようになった私には重宝なセットもんです。感謝!

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/20

    ここ日本ではAVALONに戻り5枚目のアルバムをリリース。Voはヨルン・ランデから変わっているが全く問題なし。カボチャ本体も、元カボチャのカイもキスケも活発な動きを見せているので、ローランドにも頑張ってもらいたいとこだ。Voも変わったしパワーメタルに拘らず、ローランドらしいメロディックメタルにも期待したいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/20

    ジェフ・テイトが解雇され軌道修正が図られた元祖QUEENSRYCHEの新作。このアルバムを聴いて最初に感じたことは、「QUEENSRYCHEだ!」という一言につきると思う。確かに名盤ではない、名曲になるだろうと思われる楽曲もないかも知れない。しかし、このアルバムは、涙がうるんでしまう懐かしさや感動があります。新Voのトッド・ラ・トレは元CRIMSON GLORYということもあり、彼らの楽曲を歌うに全く問題ない。まずはここ日本でも早くお披露目をてもらいたいとこだ。祝!再生QUEENSRYCHE

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/20

    DIOはヴィビアン在籍時が黄金期だったのは間違いない。しかし、このアルバムは過小評価されているような気がします。音、楽曲としては『SACRED HEART』の次のアルバムに相応しくDIOらしさがある。今、聴きかえすとカッコ良い楽曲が多く収録されていることに驚かされる。リリース当時の印象より明らかにいい。あらためて聴いて欲しい1枚です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/20

    まず、最初に言っておきます。私はダグのGが好きです。LIONの時から応援しています。BMR(初期)もBRも好きで応援していました。白蛇で活躍するダグが、突然自身のバンドBRの3rdを発表した。アルバム、楽曲の出来は良いが、ハッキリ言うと?である。白蛇活動休止中に限定しバンドとして活動するわけでもなさそうだし…、大変中途半端な存在となってしまい誠に残念です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/06/02

    シュワルツェネッガー主演、バーホーヴェン監督で映画化されたP・K・ディック原作小説の再映画化。
    正直、ディックの小説自体は読んだことはない。
    ですが、『ブレードランナー』、『マイノリティーリポート』、『ペイチェック』等があり、
    単なる娯楽ではなく少し考えさせられる映画であり、それが時代に埋もれない理由なんでしょう。

    で、本作。いい意味で私たちが知っている『トータルリコール』を大事にした映画だと思います。
    それ故、好感が持てます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/06/01

    昨今、リブートが流行っているが、本作はスタローン主演でスマッシュ
    ヒットを記録したジャッジ・ドレッドのリブート作。
    スタローン主演のものと比較しかなりスケール感が縮小され、
    またSF的な要素も殆ど皆無となってしまった。
    ほめるべき箇所は少ない。ハッとするような綺麗なスロモーション映像ぐらいか…。
    映画が全国公開にならなかったことに、やっと納得が出来た。
    レンタル1位なのは、皆、リブート作を気にかけていたということでしょう?
    残念。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/06/01

    JUDAS PRIESTの初ライヴBD。
    現在の彼らのパフォーマンス云々については何も言いません。
    USフェスティバルやVengeanceの頃とは年齢を重ね変わってはいるが、
    それでもまだカッコいい!

    出来栄えはMETAL GODに相応しいレベルの内容を誇示しています。
    『Live Vengeance’82』に次ぐ完成度と思われます。
    画質も全編を通して高画質で安定しており100インチ以上の視聴問題なし。
    音声はDTS HD MASTER AUDIO 5.1Ch収録されておりコチラも文句なし。
    カメラの切り替えは早く感じるシーンもありますが、基本的に問題なし。
    映像のエフェクト処理は、こちらは気になる方もいるかも知れません。

    EXTRA収録は何もありません。最期のワールドツアーですが、昨今流行のツアードキュメントはありません。
    逆に、本BDが単にロンドン、ハマスミスのライヴBDでしかないという好印象を感じます。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:131件中1件から15件まで表示