トップ > My ページ > 兵庫助 さんのレビュー一覧

兵庫助 さんのレビュー一覧 

検索結果:8件中1件から8件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/03/13

    ローマ三部作は名指揮者トスカニーニの名盤がありますが、近年の音響・演奏において第一に挙げたいのがムーティ/フィラデルフィアのこのディスク。とても華やかに仕上がっていると思います。安心して聴けるお薦め盤。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/01/08

    これ最高です!聴けば他の演奏と違うところがよくわかります。サルヴァトーレ・アッカルドの凄さがわかるディスクではないかと思います。第1番の方は数々のヴァイオリニストが録音していますが、テクニックの見せ場である第1楽章のソロやカデンツァの部分は特に素晴しいと思います。ピチカートも織り交ぜてよくあのような演奏が出来るなあと驚いてしまいます。デュトワのサポートも慌てず騒がず余裕ある曲進行でなかなか良いと思います。第2番の第3楽章はリストの編曲でも有名な「ラ・カンパネラ」の原曲で、こちらの方も○ですが第1番はさらに◎です。まだこのディスクを聴いた事の無い方は是非聴いていただきたいです。お薦めです!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/09/18

    昔からこのディスクを愛聴しています。ショパン、リストとも大変スリリングな演奏。この頃のアバドとアルゲリッチはとてもキラキラして技が冴え渡っています。この演奏を聴けば当時のロンドン交響楽団の実力も凄かった事がよくわかります。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/06/12

    良いディスクを見つけました。クラウディオ・シモーネ、イ・ソリスティ・ヴェネティとの出会いは30年程前にNHK・FM放送で聴いてなんとも情緒のある演奏をするものだと感心しました。当ディスクにはレスピーギの美しき代表作が収められており「ローマ3部作」以外の曲を聴きたい方にお薦めです。中でも個人的に組曲「鳥」には思い入れがあり、これが入手のきっかけになりました。私がクラシック音楽にはまる原因となったFM大阪で放送されていた「音楽の森」のオープニング・テーマで、山本直純氏がメインをされていたと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/07

    他の方が書かれているようにこの演奏本当に良いです。コリン・デイヴィスはベートーヴェンの交響曲やシベリウスの交響曲同様、仕事が丁寧ですね。こ2大弦楽セレナード、どちらかと言えばチャイコフスキーの方が馴染みがありますがドヴォルザークの哀愁をおびたこの曲、私はとても気に入っています。そう言えば昨年の月9「ブザービート」で北川景子が演じた白河莉子のドラマ後半で演奏した曲がドヴォルザークの弦楽セレナードでセカンド・ヴァイオリンを弾いていました。余談ですが・・・

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/28

    正直聴いて驚いています。カラヤン、テンシュテットで馴染んでいたワーグナーの管弦楽曲集。クレンペラーの指揮は風格漂う重めの曲進行と思いきや『ジークフリートのラインへの旅』では今まで聴いた事の無い様なぶっ飛び方で驚きました。その他の曲は地の底から湧き上る様で痺れてしまいました。聴けて良かった。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/03

    コープマンのモーツァルトは最高です!収録されている4曲は全て長調の曲で底抜けに美しく明るく楽しいものです。1曲目のK.136の疾走感、K.251のホルンの響き、とにかくこれらの曲の決定盤と言っても過言ではありません。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/05/03

    様々な演奏で聴く事が出来る「ハンガリー舞曲」ですが一流指揮者が一流オケを振ったこの演奏は大変安心して聴けます。ドラティ等の派手で元気の良い演奏もジプシーっぽくて楽しいけれど、アバドの様に丹精にまとめ上げた芸術作品も一聴だと思います。しかも全曲録音と言うのが嬉しいです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:8件中1件から8件まで表示