トップ > My ページ > せごびあ さんのレビュー一覧

せごびあ さんのレビュー一覧 

検索結果:624件中121件から135件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/24

    いまだ中堅に位置づけられている感がありますが、とんでもないことです。この頃からすごい演奏をしていた、というより、最初からものすごかったのです。なぜいまひとつ評価が上がらないのか不思議でなりません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/24

    決して悪いと言う類ものではありませんが、あの衝撃的名盤にどうつながったのか?と思わされる記録です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/24

    いまだ中堅に位置づけられている感がありますが、とんでもないことです。この頃からすごい演奏をしていたことがよくわかります。すばらしい演奏家です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/24

    いまだ中堅に位置づけられている感がありますが、とんでもないことです。すばらしい演奏です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/18

    今では彼女のライフワークとなった室内楽集です。DG全集が出てしまった今となってはこの商品価値も低下してしまったが、一枚分の価格でこれだけの演奏に触れられるのは魅力であると同時に音楽に対する冒涜というものか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/18

    DG全集が出てしまった今となってはこの商品価値も低下してしまったが、一枚分の価格でこれだけの演奏に触れられるのは魅力であると同時に音楽に対する冒涜というものか。ポリーニでも同じようなシリーズ商品が出ているが、同じ時代を全く対照的な二人がともにライバル視することもなくわが道を進んできたというのがまことに面白く、音楽の懐の深さと言うものでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/18

    一枚分の価格でこれだけの演奏に触れられるのは幸せというのか音楽に対する冒涜というものか。めっきりソロが減ってしまった彼女ですが、このボックスに触れるとますます惜しく思ってしまう。ポリーニでも同じようなシリーズ商品が出ているが、同じ時代を全く対照的な二人がともにライバル視することもなくわが道を進んできたというのがまことに面白く、音楽の懐の深さと言うものでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/18

    チェロ・ソナタ 第3楽章が非常に美しいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/18

    ショパンがどうのではなく、彼女の声そのものですね。ほんの小音量で聴いても炎が見えるがごとくの演奏ですごい!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/18

    DG全集が出たのでその価値は低下したとは言うものの、かつての1枚の価格でこれだけのものが聴けてしまうことを幸せというか、一枚一枚を大事に聞くことを知ることが出来ない不幸というのかはわかりません。アバドとの演奏がその時代を最もよくあらわしていると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/18

    どなたかが書かれている「事件」という表現がピッタリ来ます。この演奏でピアノ演奏の技術水準をグッと押し上げたことは間違いなく、まさに時代を変えた演奏といって良いでしょう。ただ、完璧なものには表裏な面があり、近年のポリーニはその裏側にもしっかり手当てをしていると感じます。そういう意味でも完璧な演奏家なのでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/18

    ポリーニの中では最もマイルドな部類に入るのではないでしょうか?否定するようなところは全くないのですが、それが難ともいえます。ポリーニの顔が見えない印象で、それに比べベームとウィーンフィルがしっかり出ている感じです(私の好きな23番よりも19番のほうがポリーニの顔が見える印象)。こういっておきながら躊躇なく★5であるところがなんとも不思議な演奏です。そこにはただモーツァルトが居るだけなのかもしれません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/18

    どれを聴いてもすばらしい。コダーイQはこんなに良い演奏なのに、不当に評価が低いのは個性を際立たせることのない中庸さを否定するものなのか、それとも日本のブランド志向の結果か?肩肘張らず優雅でよく歌っている。もう数時間コダーイQを聴き続けているが、全く疲れない。良いものは良い!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/18

    コダーイQはこんなに良い演奏なのに、なぜ評価されないのであろうか。肩肘張らず優雅でよく歌っている。もう数時間コダーイQを聴き続けているが、全く疲れない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/11/11

    肩肘張らない中庸の良さいっぱいです。どちらかというと弦楽四重奏は玄人好みでそういう私も今まで30年間手をつけてこなかった分野です。しかもコンサートでないとなかなか良さが伝わりづらい分野でもありますが、コダーイQを知ってからは録音でも楽しめるようになり、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトと、少しずつ開拓できている現状です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:624件中121件から135件まで表示