トップ > My ページ > せごびあ さんのレビュー一覧

せごびあ さんのレビュー一覧 

検索結果:624件中76件から90件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/30

    Opera Intermezzosの企画では濃厚なカラヤンの録音が絶品であります。HMVサイト内を漂っていましたらこのヤルヴィの録音に出会いました。カラヤンと違い、比較的あっさりしていてなんだかすごく静かな雰囲気を持つ独自の良さがあると思います。思いがけずお気に入りの一枚になりそうです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/30

    ツィマーマンらしい透き通った音で、「ピアノ協奏曲」の2楽章では特にそのよさが光ります。「高雅にして感傷的なワルツ」も大変良いですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/30

    これはいいですね。Brilliant Classics レーベルは安いうえに時々こういういいものが出てきますので侮れない。ヴォルフの作品で珍しさがありますが聞きやすく、イタリア風セレナードは特に良いですね。録音も大変良いですよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    ビシッと全集でお願いしたいところ。ダブリの山ですし、どの曲がどこに入っているか探すのがひどく手間というもの。しかしいい演奏ばかりです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    モーツァルトはもっとメリハリよろしく弾かれても良かろうが、決して悪いものではない。盤の音質も良く、録音数も少ないため貴重といえる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    ドヴォルザークはもちろん、ヴォルフがとても良いです。というか、ヴォルフ狙いで購入しました。大変美しく柔和で躍動感も満点です。音もとても良いです。良い意味で「本当にミュンヒンガー?」って思いました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    彼女の一期一会のすばらしい演奏が堪能できる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    映画音楽という企画が素晴らしい。ギターを手にしたことのある人なら一度は弾いたことのある「禁じられた遊び」。しかし、村治のような演奏は頭でわかっていてもなかなか出来るものではない。ヴィブラート音はイエペスのそれですし、アルペジオにおいて旋律にはアポヤンド奏法を的確に取り入れ浮き彫りにするなどかつて基本といわれたスタイル。アルアイレ主体の現代奏法ですが、村治は一貫してアポヤンド奏法をメインとしており、それが今回非常な説得力で迫ってくる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    コダーイQは厚遇されていないが私は素晴らしいと思います。良い意味でいつでもどこででも聴けそうなフランクさがある。すごく上手い演奏をすごい迫力ですごい精神性でというのも良いのですが、どこか非日常的で・・・。それに比べコダーイQの演奏はとても日常に溶け合うものと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    ニ長調協奏曲2楽章のパークニングの美音だけでも感動させられる。ただアラカルト版ではなく廃盤になっているパークニングの作品の復活を願う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    微妙なボックスデザインですが、オリジナルジャケ仕様など嬉しい企画です。ボスコフスキーの演奏は非常に柔軟で音作りもやわらかく、特にモーツァルトなどはいつまでも聴いていたいと思わせるものです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    第1集とは少し趣きを異にしたいわゆるスペイン的要素が垣間見られてきますが、音符がキラキラと輝くさまは同じです。第1集でも感じたことですがスカルラッティを連想させられることが多く、商品の説明ではソナタでそれを思わせると説かれているがそれだけでなく全般で感じられることです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/28

    これは素晴らしい! キラキラと音符が輝いているような美しい曲ばかりです。演奏もそれらを表現しており、とてもすばらしいです。ロドリーゴで最も有名なのはアランフェス協奏曲ですが、それとは趣きを異にしています。むしろこれらのピアノ作品のほうこそが彼らしさであり、これを聴かなければ作曲家ロドリーゴを知ることはできないでしょう。後半ではギターなどでも弾かれるミランやムダーラの曲を編んでいます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/22

    音楽の価値についてよく理解できる盤で、競争とは無縁の最後の時代の記録ではないでしょうか。ベートーヴェンが自分の作品をどう表現して欲しかったかについて何が正解なのかはわかりませんが、実はこんな演奏だったのかもと非常な説得感のある演奏のひとつと感じました。唯一無二のケンプにしかできない演奏でしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/12/15

    まあすごい企画商品が出たものです。潔くオリジナルジャケでの全集とは、これでこそ天下のDGです。改めて順を追って聞くとポリーニという真面目な演奏家の姿がよくわかってきます。世の声とは裏腹に彼が独りで苦悩してきたこともよくわかる。そしていよいよ今は集大成時期、というよりも、自分の人生を改めて振り返っている時期のように思えてならない。まだまだ重ねられるであろう録音の数々を楽しみにしてゆきたい。そしてまたいつの日か、改めて全集と成されるであろうことでしょう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:624件中76件から90件まで表示