トップ > My ページ > yuki さんのレビュー一覧

yuki さんのレビュー一覧 

検索結果:7件中1件から7件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/26

    これがかなり高カロリーな演奏でして、テンポを自在に設定し濃厚に描いていきます。第3楽章のソロはホール全体に大きく響くような音色がとても魅力的でうっとり。終楽章のコーラルは持てる力をすべて出し切りましたという凄い迫力。録音も悪くありません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/19

    息子のパーヴォの新世界は歌心に溢れた名演でしたが、パパのネーメも負けておりません。如何にもパパヤルヴィらしく金管がバリバリで、大胆なアッチェレランドや濃い目のフレージングがふんだんにあったりと、表現意欲満点の演奏です。他の曲も聴き応え抜群。しかし、他の方もおっしゃっているようにヤルヴィの個性が強く反映された演奏なので好みが分かれるかもしれません。中庸の美的なドヴォルザーク全集なら個人的にノイマン盤がお勧めです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/16

    エルガーの第1番の熱演といえばプリッチャードのライブが印象に残っているのですが、これはそれと双璧を成す演奏だと思います。C.デイヴィスによる第1番はロンドン響やBBC響との物もあり、それらもクレバーな演奏で素晴らしいのですが、こちらのSKDとの演奏はオケの響きもあり、前述の録音を上回る大熱演となっています。アダージョの叙情的な旋律やコーダの輝かしいさ等々、本当素晴らしいです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/08

    グラズノフの代表曲2曲を収録したCD。交響曲第5番は颯爽と流れる演奏で、スヴェトラーノフのバリバリとした解釈に比べると、すっきりとした解釈。この辺りは好みによるだろうけど、私はこの曲はスヴェトラーノフ的な解釈が好きだ。一方四季は私の所有する音源の中で一番のお気に入り。交響曲と同じく、やや速めながらも細かな表情付けを施し、決めるとこは決めてくれて色彩感も抜群。録音も素晴らしい。現在は廃盤になってしまっているけど、全集として完結しているので、いずれBOXとしてでも復活して欲しいものです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/08

    ギチギチと引き締まった筋肉質な解釈で、個人的に5番などはもう少し伸びやかな演奏の方が好きなのだけれども、1番は私にとってこれが最高の演奏。若書というか、散漫とした印象が強いこの曲をロヴィツキは速めのテンポで颯爽と聴かせてくれる。8番や新世界は切れ味抜群でカッコイイ。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/08

    合奏協奏曲は冒頭からノックアウト。ジャズを思わせるアンニュイで暴力的な雰囲気が堪らないです。二つの交響曲も雰囲気満点。彼の交響曲は他に1番と2番、7番を聴いたことがあるけど、それも聴き易くも独自の妖艶とでも言うべき響きを持った美しい曲でした。5番はスヴェトラーノフによる録音も有るそうで、そっちもぜひCD化して欲しいな。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/12/08

    これが本当に驚きで、順に7:41/9:51/6:47/9:26という大変に速い演奏。アゴーギグやアッチェレランドはあまり聴かれず、一本筋の通った演奏。録音も良好で、オケもとても健闘していると思う。一連の広島響の録音は良いものが多いので続編も楽しみ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:7件中1件から7件まで表示