トップ > My ページ > レインボー さんのレビュー一覧

レインボー さんのレビュー一覧 

検索結果:3473件中16件から30件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/05

    ドヴォルザークの交響曲第9番『新世界より』を収録したCD。
    アルパード・ヨー指揮、アムステルダム・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で1985年6月に収録された物である。
    ヨーはハンガリー出身の指揮者で、コダーイに才能を見出され、教えを受けた後、ピアニストとして活躍、程なくマルケヴィチに師事し指揮者としても活動したという経歴の持ち主ですが、その割には知られていないのが残念な所。
    ただ幸いに録音はそこそこあり、ある程度CD化されてもいるのでその音楽に触れる事はできます。
    このCDもその1つで、CD時代ながら新世界より1曲というのは寂しいながら、ヨーの名指揮者ぶりを味わえる1枚。
    アムステルダム・フィルは、1985年にユトレヒト交響楽団と合併し、オランダ・フィルハーモニー管弦楽団になったので、これはアムステルダム・フィルとしての最末期の録音です。
    演奏は他のヨーの音源と同じく、正攻法で演奏した奇をてらう事のない演奏で、オケは同じアムステルダムのコンセルトヘボウなどに比べれば落ちてしまいますが、必死についていっており、金管などは悪くありません。
    いわゆるヘタウマ的な演奏と言えるのではないでしょうか?
    ただ、DDD録音なのは本当なのでしょうが、デジタル初期にあった収録レベルの低い録音で、ダイナミックさには欠ける録音です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/03

    エストニア国立男声合唱団が、ワーグナーのオペラの合唱曲を中心に集めたアルバム。
    伴奏はペーテル・サーン中佐指揮、エストニア国防軍軍楽隊。
    ユハ・コティライネンのバリトン独唱もあり。
    このエストニア国立男声合唱団は同国の合唱団の中でも有名で、男声らしい力強さと繊細さを持っています。
    また、サーン中佐指揮するエストニア国防軍軍楽隊の演奏も素晴らしく、吹奏楽と合唱と言う中々難しい組み合わせながら、時には合唱団を超える雄大な演奏を繰り広げています。
    尚、R.シュトラウスの3つの男声合唱曲より第2曲のみ合唱団のみの演奏、他は軍楽隊と共演。
    選曲はいずれもドイツの作曲家で、ペーター・ゼーゲルのファルツ州のカンタータの収録は珍しい。
    尚、ライブ録音ですが、音質は良好です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/02

    クルト・レーデル指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で録音された音源で、ドヴォルザークの交響曲第9番とスメタナのモルダウを収録したCDです。
    日本でも人気の2曲のカップリングということもあってか、過去に日本ビクターから出ていた事もあるようですが、こちらはフランスのピエール・ヴェラニー盤。
    ある意味では本場物といえる演奏で、スタンダードな演奏ですが、時折グッとテンポを落として、じっくりと聴かせる所があり、管楽器を特に目立たたしているのはフルート奏者出身のレーデルならではという所でしょうか。
    録音は1987年4月28〜29日で、ナクソスのガンゼンハウザー盤と近い録音ですが、こちらはこのレーベルらしい、上質な録音で、30年以上前の録音ながら充分聴けます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/30

    アダム・フィッシャー指揮、ハンガリー国立管弦楽団によるロシアとフランスの管弦楽曲を集めたアルバムです。
    日本コロムビア発売ではありますが、原盤は米デルタ傘下のレーザーライトです。
    フィッシャーは現在のハンガリーを代表する指揮者の1人ですが、このCDは1987年と若手の頃に録音された音源の一つで、全体的な解釈はオーソドックスながら、時々テンポを大幅に揺らして、独自のカラーを出しています。
    オケはハンガリーの代表的なオケの一つで、時折粗さはある物の、大きな不満なく聴けます。
    録音はデジタルですが、CD初期のデジタル録音に見られる、基準の音が小さくダイナミックさに欠ける部分があり、またちょっと曇った感じのする録音です。
    値段が安いのでそこが1番の売りでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/29

    ハンガリーの指揮者、ヤーノシュ・フェレンチク指揮する、ハンガリー・フィルハーモニー管弦楽団によって録音されたベートーヴェンの交響曲全集から第7番と第1番を収録した内容です。
    フェレンチクは若い時はウィーン国立歌劇場で振るなどハンガリー国外でも活躍していたようですが、他のハンガリー人の指揮者が世界的に活躍したのに対して、ハンガリーに留まり続けたためあまり知られていませんが、レパートリーは大変広く、その中でもベートーヴェンは重要だったらしく、フンガロトンに1回目の全集を、そしてこの音源の原盤デルタに2回目の録音を残しています。
    オケはフェレンチクが長らく指揮者をしていたハンガリー・フィルハーモニー管弦楽団(ハンガリー国立管弦楽団)で、真面目な標準的な解釈ながらオケの音色作りが上手く良い意味でローカルな響きをしています。
    1978〜1981年の録音で、年代の割にやや曇った音質です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/28

    ワーグナーの大作、楽劇『ニーベルングの指環』のよく知られた作品を集めたCDです。
    デルタ系列の音源を集めた物で、旧東側の演奏家陣による演奏。
    登場するのは、ヴァシル・カザンジェフ指揮、ブルガリア放送交響楽団、ジェルジ・レーヘル指揮、プダペスト交響楽団、ジークフリート・クルツ指揮、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団、ユーリ・アーロノヴィチ指揮、ウィーン交響楽団、アンドラーシュ・ミハーイ指揮、ハンガリー国立歌劇場管弦楽団。
    歌手はエステル・コヴァーシュ、ライネル・ゴルトベルク、ギュンター・クルト。
    いずれもあまり有名とは言い難いが、中々良い演奏をしている。
    カザンジェフとブルガリア放送響の荒さもあるが、熱い演奏も良いし、レーヘルとプダペスト響の渋いワルキューレの騎行も面白いし、ドレスデン国立歌劇場管弦楽団の全盛期を支えたクルツのアリア集も、ただの歌手の伴奏に留まらず、良い音色を出している。
    録音年代は不明だが、音質はそこまで悪くない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/27

    18世期後半、オペラの作曲で人気を誇ったのがドメニコ・チマローザです。
    そのチマローザのオペラの序曲集がこのCDです。
    チマローザの音楽は明るく軽妙なタッチで書かれており、同時代を生きたモーツァルトや後輩のロッシーニを思わせる作風です。
    ナクソスはチマローザの序曲集に力を入れており、現在6集まで出ていますが、この第1巻は元々マルコポーロで出ていたもの。
    アレッサンドロ・アモレッティ指揮、ニコラウス・エステルハージ・シンフォニアの演奏です。
    指揮者はイタリア出身で、オケは録音用に集められたメンバーからなるハンガリーの団体。
    ナクソス系列にはラズモフスキー交響楽団というスロヴァキアの各オケの団員からなる録音用オケもありましたが、それに比べるとこのニコラウス・エステルハージ・シンフォニアという団体、中々オケの響きが充実しており、アンサンブルも上手く、演奏も作品の魅力を伝えてくれる良い演奏。
    2000年4月6〜9日、フェニックス・スタジオ・ハンガリーで、録音収録された物で音は良い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/26

    ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を起用して制作されたロイヤル・フィルハーモニック・コレクションの一枚。
    この盤はショパンのピアノ協奏曲第1番と第2番を収録している。
    指揮者は、ギルバート・ヴァルガ、ピアニストはセケイラ・コスタである。
    ショパンのピアノ協奏曲の録音は数多く、この組み合わせも多数出ており、その中には名盤と言われる音源も多い。
    その中では普通ではあるが、オケ、ピアノとも水準が安定しており、録音も良く、何より価格が安いというのがこのCDの売りである。
    ファーストチョイスでも問題ないだろうが、何枚か聴いてきた人向きの一枚ではなかろうか。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/25

    ヤーノシュ・フェレンチク指揮、ハンガリー・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で録音されたベートーヴェンの交響曲第6番と第2番のアルバムです。
    フェレンチクはハンガリーの指揮者で、生涯の大半を祖国で過ごしたため、ハンガリー出身の指揮者の中では知名度は高くないですが、同国の代表的な指揮者の1人として知られています。
    レパートリーも幅広く、古典派からハンガリーの同時代の作曲家まで録音に残しましたが、ベートーヴェンは特に重要なレパートリーだったらしく、フンガロトンにも全集を作っています。
    この盤はレーザーライト原盤で、1978〜1981年に録音された模様。
    フェレンチクのベートーヴェンは、派手さはなく標準的な演奏で、真面目で地味な印象を感じますが、オーケストラの音色作りが上手く、引き締まった一昔前の演奏が聴けます。
    録音はやや曇った感じで致命的なまでに悪いとは言いませんが、あまり良くありません。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/21

    ニュージーランドの作曲家、ダグラス・リルバーンの管弦楽作品集。
    演奏はジェームズ・ジャッド指揮、ニュージーランド交響楽団である。
    このCDに収録されたリルバーンの作品は、比較的若い頃に書かれた作品が中心で、後期ロマン派のようなオーケストレーション、北欧の作曲家や師匠R.W.ウィリアムズのような作風が特徴。
    聴きやすく作品の質は高いが、よくも悪くも地味な印象を受ける。
    但し、演奏は大変充実しており、入門盤としてはおすすめだろう。
    2004年録音、音質良好。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/20

    ヘンデルの『水上の音楽』『王宮の花火』『合奏協奏曲作品6番ー1』を収録したCD。
    水上の音楽、王宮の花火は、オリヴァー・ドホナーニ指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団による演奏。
    ドホナーニは1955年生まれのスロヴァキアの指揮者。
    現在では珍しいモダン楽器、フルオーケストラによる録音で、録音の加減か金管が目立つ物の、丁寧に演奏されていて、曲の魅力を存分に味わえる。
    ただフルオケにしてはオケの厚みが薄いが。
    合奏協奏曲は、パヴォル・バキン指揮、カペラ・イストロポリターナの演奏で収録。
    バキンは1933年生まれの2013年に亡くなったスロヴァキアの指揮者で、作曲家。
    このカペラ・イストロポリターナはスロヴァキア・フィルのメンバーからなる団体でナクソス初期に大活躍したがこれはその最初期の録音。
    こちらの方が厚みのあるサウンドで、演奏も良い。
    録音は1985年、スロヴァキア・フィルハーモニー・コンサート・ホールにて。
    録音はデジタル初期頃だが、特に問題なし。
    尚この音源の原盤はナクソスが活動初期にライセンスしていたドイツのゲルミダス・レーベルが原盤。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/19

    フランツ・リストの行進曲集。
    演奏はハンガリー陸軍中央軍楽隊。
    指揮者はラーズロ・ドラシュとラーズロ・マロシュである。
    演奏団体から分かるように吹奏楽での演奏で、もちろんリストは吹奏楽のオリジナル作品は残していないので、全曲リスト作曲、編曲の行進曲を第3者の手によって編曲された譜面を使用して演奏している。
    演奏のハンガリー陸軍中央軍楽隊は同国を代表する吹奏楽団であり、このCDでも線の揃ったアンサンブルを披露しており、軍楽隊らしい力強さ、また祖国を代表する作曲家の作品だけか、熱を感じる演奏である。
    ただ人数がそれほど多くないのと、後述の録音のせいもあまり凄い演奏に聴こえないのが残念の所。
    録音は1986年で、詳細な月日や録音場所は不明です。
    ただ、残響の少ない録音なので、オーケストラ用ホールではなくスタジオのような場所で録音されたのではないでしょうか。
    デジタル録音ではあるのですが、録音自体はこじんまりとしており、吹奏楽CDにしては迫力が欠ける部分があります。
    また楽曲の解説は一切ありません。
    基本的にはマニア向きな一枚でしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/18

    ナクソス初期に発売されたドヴォルザーク交響曲全集の1枚で、第4番と第8番を収録している。
    スティーヴン・ガンゼンハウザー指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で収録されています。
    ナクソス初期のスロヴァキアの演奏勢は時にとんでもない演奏もありましたが、自国の作曲家の作品は良い演奏が多い。
    このドヴォルザークもライトな軽量級の演奏ですが、オケが伸び伸びと、良い意味でローカル色を残した癖の少ない演奏で中々良い演奏だと思います。
    1989年、レドゥタ・スロヴァキア・フィルハーモニー・コンサート・ホールにて録音されたもので、音質は良好。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/17

    ローウェル・グレアム大佐指揮、アメリカ空軍ヘリテージ・オブ・アメリカ軍楽隊の演奏によるアルバム。
    アメリカの作曲家による吹奏楽のために書かれた作品からコンサート向きの作品を集めた内容となっている。
    ここに収録された作品は、グレードの高い作品として知られているが、軍楽隊の高い技術力と表現力の下、参考演奏はもちろん、鑑賞用としても十分通用する水準の演奏となっている。
    録音は1989〜1990年にかけてであり、元々自主制作盤が原盤のはずだが、市販化にあたりリマスタされており、音は良く、細部の楽器の音がよくわかる録音となってます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/16

    アンソニー・ブラモル指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で録音、収録したCDで、メンデルスゾーンの交響曲第4番『イタリア』と『真夏の夜の夢』の2曲を収録。
    いずれもメンデルスゾーンの代表曲として有名な作品。
    指揮のブラモルはイギリス生まれで、ヴィレム・タウスキーに学んだ指揮者で、ドイツのオペラ畑を中心に活躍してるらしい。
    演奏は一言で言ってしまえば、初期ナクソスによくあった作品の魅力を過不足なく伝えてくれるもの。
    スロヴァキア・フィルの腕前はまずまずと言った所だが、とはいえ交響曲など、勢いや華があって良い部分もある。
    廉価盤としては発売時に比べ選択肢が広がったので、これという決定的な部分が少ないこの盤はおすすめしにくいが、初めて聴いても問題ないし、何より値段分の水準はあると思う。
    録音は1987年、スロヴァキア・フィルハーモニー・コンサート・ホールでの録音で、当時のナクソスらしい自然体な音。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:3473件中16件から30件まで表示