トップ > My ページ > hossy さんのレビュー一覧

hossy さんのレビュー一覧 

検索結果:45件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/08/08

    力あるもの同志がぶつかりあい貫禄の演奏でツィマーマンも気おくれせずに完璧の演奏で申し分ない。オケがウィーン・フィルということもあり重厚というより優美でうつくしい演奏であり好ましい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/08/08

    微に入り細に入ると言いますか、とてもよく練られた繊細な演奏で規模は中型。ぴりぴりとした神経質な演奏で少々余裕とおおらかさが不足気味で聞き手を多少なりとも選ぶだろう、悪い言い方をすればあまりにも緻密でしんどいのである。アラウやバックハウス等はおおらかさが前面に出ていてきもちよい、このあたりが違う。いつもCD棚から取り出して聴くCDではないかも、、、つかれるから。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/11/17

    第一楽章の最後の反復指示をカットしていきなりクライマックスで終了。あきらかに編集ミスかなんらかの原因でその部分のみ使用できずCD化した可能あり、以前4−6番の全集ではちゃんと反復しており不可解である。どちらも所有しており確認すみ、、。メーカーに電話しても事実は認めたものの、ちゃんとドイツの本社のデータでCD化しており問題なしとの解答。初心者ならともかく、あるていどききこなしているファンにはすぐミステイクとわかる。逆にいえば反復がないレアなCDとも取れるが、、。メイドインジャパンでもこんなミスあるんですかね、ちゃんと聴いて作成してください。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/10/31

    一言でいえば男気のあるハードな演奏で何事にもぶれない演奏とでも申しましょうか、それがちゃんと様になっており誰が聴いても感動間違いなし、、。録音も鮮明で適度な広がりと空気感がありお勧めの全集です。他の方も書いてあるんですが、いわゆる外れの演奏がないのもよいですね。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/03/28

    もうひとつ何かが足りないような気がします。なんとか頑張りました的な演奏。踏み込みや気迫がこちらに伝わってこない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/05

    ベームらしく隙のないどっしり・重厚で安定した演奏。どの曲も得意のプログラムで安心して聴くことができる。拍手入りで緊張感も漂う。装丁も極めて豪華で良い。録音状態はまずまず良好、貴重な記録としてお金に余裕があれば是非。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/20

    長らく廃番だった隠れ名盤の復活は大歓迎する、所持している海外盤はわざわざアマゾンUSAより中古で入手したものだが音源は同一だろう、肝心の演奏は素晴らしい演奏と断言できる。7−9番まですべて名演であるし全体の見通しがきいておりテンポも速からず遅からず極めてノーブルでこの指揮者のセンスを感じるマッケラスはチェコ物をかなり得意とする指揮者で、ここでも彼の冴えを感じどの楽章も絶品だ。強引さや力任せで押し切るようなことはせず、あくまで自然体だが耳をすますととても細かい味付けを指示しているのがわかる。あたりまえのことをあたりまえのように演奏しているのにこの演奏はただの指揮者と違い飽きさせない魅力がある、、音楽とは魔か不思議だ。カラヤンの初期の60年代の演奏に近いものがあり、この曲の普遍的な曲の魅力をあますところなく表現している。かの吉井亜彦氏の名盤鑑定百科という本にこのCDの評価はなかったのは不思議である、聴くのを忘れていたのか、、聴かなかったのか、、疑問。だまされた、と思い是非聴いていただきたい感動すること間違いなしですぞ。カラヤン・フリチャイ・ノイマン・クーベリックの演奏に負けず劣らずのCDである。今回は期間限定生産の品質の良い国内盤のため早めの購入を個人的にお勧めしたい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/02

    小編成のオケながら、各楽器のバランス・音の出し方も良くわかり、すっきり爽やかブラームス。3番の終楽章、4番の終楽章などの小気味よい追い込みは小編成のオケの機動力がものを言いとても切れ味鋭いし若さの勝利か。このオケのティンパニの音がまたいい、適度の重厚感と音がしまっている。N響のようなボヨヨーンのしまりの悪い音じゃない。弦の厚みも十分あり緩急あざやか、、。1,2番も早く聴いてみたくなった。この演奏が通常の大編成のオケならおそらくブラボーの嵐だろう。正直、始めはとても懐疑的であったが買ってよかった。同じようなノリントンの演奏より、こちらのCDの方がロマンにあふれ歌うところは歌い決める所は決めるいい演奏だと思う。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/03

    予想に反して大変な名演である。アルプス交響曲のCDには山ほどの名演奏があるけれど大袈裟な演出などせずこの一つ一つ表題をどきどきさせられながら巡る事ができる。録音も適度な奥行・残響がありけばけばしい個所もなく自然な耳障りが心地よい。ヴィトは日本では殆ど知られておらずいわばマイナー扱いの指揮者のイメージが強いけれどいいCDを数多く残している実力のある御仁ではないだろうか、とにかく名前ばかり有名で中身のない演奏をする指揮者よりよっぽどお勧めできる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/19

    ギブソンにはもう一枚ロイヤル・スコッティシュ管の演奏もあるがこのCDも大変な名演奏、あまり知られていないがシベリウスメダルをもらうほどのスペシャリストだ。おおらかでさらっと流していながら奥深い味わいが随所にありお勧めできる。終楽章の弦の統一された細やかな響き・金管のおおらかな輝かしい響きなど素晴らしいし最後は感動的、ギブソンはオペラ指揮者の印象がやや強いがシベリウスに関してはおそらくトツプクラスの演奏家ではないか、価格もリーズナブルで録音もよくお買い得。いい演奏・完璧な演奏は山ほどあるけれども味がある名演奏ならこのCDである。買ってよかった。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/05/27

    ミュンヘン・フィル とは客演指揮者、という立場との事で多少両者手探り感があり緊張感があるが基本的にすばらしい演奏。録音はライブ録音にしては優秀な方だが、録音場所のホールが良すぎるのか残響が少しありすぎるきらいがある。いいホールで収録したからいい演奏になるとは限らないのだ。しかし比較的地味ながら渋いブラームスを展開するザンデルリンクファンなら揃えておきたいアイテムに間違いありません。わかる奴にはわかる、いわば玄人好みの名演。おおげさな仕掛けや見栄など微塵もなく誠実に演奏しているスタイルに好感が持てますし終楽章の終わり方もカラヤン、アバド、ヨッフム等にみられるたたみかけるように終わるやり方ではなくゆっくりずっしり丁寧に終わる方が私は気にいっています。ワルター、ヘルビッヒ、ハイティンク等ですが、、。値段も驚くほど安いですから魅力的です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/04/28

    演奏水準は極めて高い演奏だが、全体にくどく濃厚で暑苦しいシベリウスだ。聞いていると疲れる。寒々としたフィンランドの涼しい大地のイメージを持ってらっしゃる方はお勧めできないしところどころテンポを揺らし劇性を狙う個所も散見され良くも悪くもバーンスタイン独自の演奏だ。私はやはりカムやバルビローリのような爽やかなすっきりした演奏がこの曲想に合っているように感じた。いいオケを使い豪華に仕上げるだけではシベリウスは語れない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/04/03

    そんなにいい演奏か疑問。ハイレベルではあるが他にもいい演奏はある。カルロス・クライバーだからなんでもいい、とは限らない。早めのテンポはこの指揮者に多いが、レパートリーも少なくピン、と来ない。いいかえれば他の曲では自身がなかった、としか思えない。過大評価し過ぎだ。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/03/03

    こんなに素晴らしい演奏と指揮者なのに、あまり知られていないのは大変惜しい。ベルリン響のほの暗くドイツ的響きのこの演奏を聞けば納得するはず。もっと評価されてもいい指揮者だ。このレーベルのCDはどれも録音が優秀でかつホールの残響も落ち着いたものが多くお勧めである。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/01/28

    ジュリーニとチャイコフスキーだとピン、と来ない人もいる方もおられると思いますが以外に良い演奏で驚いた。後年のロスフィルのより勢いがありオケのアンサンブルも良くお勧めです。録音はEMIにありがちな並みですね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:45件中1件から15件まで表示