トップ > My ページ > アッキ さんのレビュー一覧

アッキ さんのレビュー一覧 

検索結果:275件中106件から120件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/10

    小林&日フィルのブラームス全集 ベートーヴェンの第九で唸り声ショックを受け、買うのは本当にhorror だったのだが・・このマーラー 指揮者の声は相変わらずあるが、かつてのブラームスや第九のような楽器より大きな怒鳴り声が入っていないのは一安心。ところどころ面白いことしてコバケンらしく、またオケの力量が限界を思わすものもあるが、楽章が進むにつけオケが燃えてきてとても熱いマーラーである。そして亡き子を偲ぶ歌の一節から名残惜しく終わる。拍手までの黄金の時間 で思わず涙ぐむ・・。あの震災から私も死を身近に感じるせいだろうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/10

    交響曲は 6番「悲愴」 がすばらしい。感傷的に陥りすぎもせず、健康的なのだがそれでいて内面に沁みてくるものがある。3楽章の速さ、アンサンブル 推進力には元気が出る!!この曲の名演は多々あるが繰り返し取り出すのはこのCD。5番も自然体な演奏。4番は・・ふくよかな響きでいいのですが、真面目すぎる感じ。2番 3番は申し分ありません。1番「冬の日の幻想」・・本当に霧に包まれたような演奏で好みは分かれそうだが、私はチェコフィル(マーツァル)の明るいトーンの方が好き。管弦楽曲はどれもいいが、とりわけハムレット ロメオとジュリエットは名演。プレトニョフ・・ベートーヴェンでは変なことをしていたが、チャイコフスキーでこれだけのことができたのだから、この姿勢でベートーヴェンと再度 真剣に向かい合って頂けないだろうか

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/08/14

    チェロとは一味違う深い音域で、これほどの祈りが切々と奏でられるとは・・本当に音楽は凄い!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/08/07

    葦という曲を求めてこのCDにたどり着きました。全体聴きやすくルイ15世の時代ですが、今現在でも人生のバックミュージックとして何の違和感もありません。食事、睡眠、目覚め、読書、四季折々・・今までの生い立ち、これからの人生・・どれも合いそうですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/08/04

    ヴィヴァルディ ムーティ 低価格・・・有難いかぎりです。合唱は澄んだハーモニーで癒されます・・今宵はただこの音色に包まれ・・・・

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/08/02

    ヴィエニャフスキの小品がこれほど詰まってこの価格。 聴きやすく演奏も悪くありません!!。ポーランドの情緒 どことなく懐かしく、物悲しく・・何度も繰り返しこのCDをかけています

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/08/01

    交響曲全集でさらに1枚(3曲の序曲とピアノ協奏曲3番付き)で1977円!良心的な値段に感謝!!演奏も凄い。1番から歯切れよいリズムで推進してゆく。序奏からボーッとしていた私は迂闊で、体が釘付けにされてしまった。2番は1番からの飛躍を見せつけた名演で、それは3番の性格に近い。最近小林&チェコフィルの新譜を買ったが、2番から生命力の力を得たのは、このムーティの方が大きい。3番はまさしくその延長であるが、エレガントさを備えた中庸な美演。4番もエレガントさを備えつつクライバーのテンポを彷彿とさせ、さらにオケも余裕でこなしている。5番も1楽章の推進、フィナーレのアンサンブルは圧巻。田園はワルターやクリュイタンスが定番のように評価高いが、これを聴いた上で評価している人はどれほどいるのだろう・・7番はフィラデルフィア管 2度目の録音でところどころ面白いことをしている。8番 4楽章でティンパニを炸裂させているようなことをするのは、いままでの解釈には見られなかった面白みがある。そして第九。それはこれまでの集大成。壮大なドラマ性、3楽章のこれ以上ない程の美しい詩、合唱の扱いはさすがオペラ指揮者だ。かつて故ピアニスト フリードリヒ・グルダがこの全集を絶賛していたが、聴いてみて納得。私にとって楽譜に忠実な、そしてつまらなくしない最高のベートーヴェン交響曲全集はスイトナーのみだったが、今回このCDが加わった。PS(リヒテルの3番も音質がよくなって独特ですが良い演奏でした)

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/25

    いかんせん値段が高い。SACDで音がよいのもわかる。だが今の世、この価格ならムーティ&フィラデルフィアなど、著名なものも全集買え、それでもおつりがくる。私もコバケン 2番 5番は買ったのだが・・

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/25

    いかんせん値段が高い。SACDで音がよいのもわかる。だが今の世、この価格ならムーティ&フィラデルフィアなど、著名なものも全集買え、それでもおつりがくる。私もコバケン 2番 5番は買ったのだが・・

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/24

    1集から趣が変わり、この2集 5番 6番は愛らしい感覚であったことを発見。夏の夕べの風にあたりながらこれを聴く この贅沢すぎる幸せ・・・・

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/15

    ゆったりとしたテンポに驚いたが、ソナチネ1番、2番の響き・・まさにフィンランド民族楽器カンテレの響きとなり、幽玄な世界へ導かれる・・・

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/12

    第1集がすばらしかったので購入。さらに奥が深い第2番 第2楽章・・切々と迫ってきます。こんな名演がマルチバイ価格655円!!ありがたい限りです。これは1集と2集で持つべき!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/05

    これはグールドがバッハを通した神との対話ではないだろうか。そして今に至るまで色あせることなく響く・・その音楽は現代の今も、道しるべとして・・

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/05

    すべてすばらしいが、中でも7番の抒情楽章(ヴァイオリンコンチェルト1番)は言葉が出ない!!人間の(私の)痛点を刺してくるような感覚に駆られる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/18

    いい演奏でした。ハープの効果が格調高く、天上の世界を醸し出していました。珍しい組み合わせのようですが、ノイマン時代のチェコフィルで、シノーポリは首席客演でした。でも残されている録音はこれだけじゃないでしょうか。録音データ 会場も明記されていませんが、貴重な1枚だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:275件中106件から120件まで表示