トップ > My ページ > 私老害かしら さんのレビュー一覧

私老害かしら さんのレビュー一覧 

検索結果:333件中16件から30件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/09/09

    この二曲については、クレンペラーを押す者です。バーンスタイン、クーベリック、コンヴィチュニーなどにも不満を感じていたところ、本盤は大いに感銘を受けました。録音も良く、ああ素晴らしいと思った次第です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/09/05

    お気に入りのフランチェスカッティ盤は三楽章が省略されている。このグリュミオーで聴くことができたが、何といいメロディーに満ちた楽章だことと感服した。何で省略したのだろうか?ところで、このグリュミオーによるスペイン交響曲は圧巻だ。オケの何と色彩色豊かで魅力的なこと。迫力も満点。もちろんグリュミオーの美音に官能さえ感じさせる色気についついうっとりとしてしまう。素晴らしい!併録の二曲は、どうしてもフランチェスカッティに軍配を上げざるを得なかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/08/19

    ピアノ版もいいものだ。選曲も良い。なにしろ明解な弾きぶりが気に入った。ジャケットの写真は感心しない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/07/31

    この収録曲を聴いていて、晩年のカラヤンへのスタイルに、これが芸術家の生涯なんだとつくづく感じた。こうした変遷は当然だと思うが、いつの時代にも魅力的な音楽を提供してくれたカラヤンには心からの感謝と敬意を表したい。各曲の素晴らしさに感じ入るとともに、こうしたことも頭をよぎったアルバムだった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/07/19

    今まで聴いた中でも最高でした。一気に聴いてしまった。と言うよりか引き込まれてしまったと言うのが正確であろう。ヨッフム盤も素晴らしいが、それを凌駕して余りある。現代の素晴らしい録音による演奏も良いが、やはり往年の名指揮者、名演奏家がひしめいていたこの時代の芸術に浸るのも、やっぱりいいものだ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/06/13

    このCDを聴くと、アバドはベルリンフィルよりもウィーンフィルとの方がいい演奏をしているように思えてならない。ただし、第一楽章のリピートは感心しない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/06/08

    さすがベルリンフィルだ!三曲ともよかった。春の祭典で感動したのはこの演奏が初めて。打楽器部門は圧巻!ラトルはベルリンフィルの音楽監督としてよくやったと思う。ロンドン響と更に夢を届けてください。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/05/21

    とても楽しめる素晴らしいワーグナーアルバムです。演奏については何の不満もありません。でも、レビューて指摘されてるとおり、録音に若干の不満はあります。デジタル録音なのに、なぜ?作り手が漫然としていて、何も考えていないからでしよう。きっと音楽に素人なんだねえ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/05/17

    元気の良い明るいレクイエムと感じつつ、聴き進むにつれ引き込まれてしまった。確かに合唱団は迫力といい美しさといい申し分ない。そのせいか?いや、独唱陣もオケもいい味出しているせいであろう。ティーレマンありがとう。いいレクイエムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/05/16

    おやっと思わされる箇所もあるが、なかなか聴きごたえのある素晴らしいレクイエムだ。独唱陣はもとより、合唱団も文句なし。それにベルリンフィルときたもんだ!数あるレクイエムの中でも出色のものだ。併録の二作品もとてもよかった。これは絶品!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/05/13

    このCDを聴くと、ホロヴィツが偉大な音楽家であることがよく分かる。独自のベートーヴェンを表現している。それは、ケンプやバックハウスといったものとは一線を画す。こうしたベートーヴェンもいいものだ。とりわけ「熱情」は目覚める説得力に満ちている。そして、シューベルトの即興曲は期待以上の名演で、すっかり脱帽!ケンプと対極をなす絶妙な世界を示している。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/05/09

    ラトル入魂の名演。独唱そして合唱の上手いこと。静寂の美は見事。特にソプラノの澄んだ美しさは例えようがない。オケのアンサンブルの素晴らしさ。これは最高のドイツレクイエムだ。心が洗われる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/05/06

    豪華絢爛。一大スペクタルの絵巻物。お見事です。出だしのシュヴァルベの豊満な音色に打ちのめさせられ、あっという間に引き込まれてしまった。繊細な音色も魅力的。オーケストラの上手さは神業だ。フィナーレのトロンボーンでは背中がゾクゾク。これ以上のシェエラザードがあったら教えてほしい。やっぱりカラヤンは60年代がいいなぁ。イタリア奇想曲や1812年も素晴らしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/04/24

    「春」の出だしに、すっかり魅了され、アルゲリッチのピアノに感服しました。素晴らしい。「クロイツェル」も然り。聴き惚れました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2022/04/21

    カラヤンは、ベルリンフィルとウィーンフィルとで、それぞれ個性的で素敵なチャイコフスキーを残してくれた。このウィーン盤は優美さを際立てた、実にうっとりとさせられるものだ。年を取ったせいか、最近では豪快で迫力のあるベルリン盤よりも聴く機会が増えた。欲を言えば、ホルンはもっと出しゃばってもいいと思う。二楽章しかり。せっかくのウィンナホルンなんだから。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:333件中16件から30件まで表示