トップ > My ページ > 大沢夏男 さんのレビュー一覧

大沢夏男 さんのレビュー一覧 

検索結果:6件中1件から6件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/05/23

    圧巻である! とろけそうなほど官能的なピアノの美音が作品をつむいでいく、そんな音の織物をおもわせる蠱惑的な演奏。ディナースタイン以外のだれからも聴いたことがない個性的な表現に圧倒されてしまう。このバッハやシューベルトの演奏に、ぞっこん惚れこんでしまう人も出てきそうだ。わたしはもう熱愛状態。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/03/10

    コンツェンをはじめて聴いた。なんと艶やかなヴァイオリンの音色だろう。技巧も見事であり、おもわず耳をそばだてた。バックをつとめるゲーベル&バイエルン・カンマーフィルともども、軽やかで愉悦にみちた美しい演奏だ。イタリア語のCDタイトルにいかにも似つかわしい。この曲集の愛聴盤になりそうな予感がする♪

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/22

    ワイセンベルクの硬質で宝石のようなピアノの音とキレのある運指とタッチがみごとだ。ことに聞き物は9番だろう。耳の快感である。録音もS/Nよく実に美しい。傑作CDだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/11/03

    この爽快感はどうだ! 圧倒的な切れ味が生理的な快感を呼びさます。聴き慣れた曲集がじつに新鮮に迫ってくる。いまこの演奏に夢中だ。毎日、聴いているけれど、そのたびにゾクっとくる。エマーソン四重奏団、おそるべし!

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/26

    すっかり聴きほれた。4曲とも、みごとに尽きる。この敏感で柔軟な、鮮烈でデリケートな、力強くなめらかな演奏はどうだ。内声部をたくみに響かせながら、いま音楽がうまれたかのような新鮮なよろこびを、聴き手にあたえる。つややかでみずみずしいオケの、色彩ゆたかでいきいきとした音色が、愉悦にあふれたシューマンの世界を構築している。暗さとは無縁の、こんなシューマンもめずらしい気がする。録音も美しい。オラモの最高傑作だ!

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/09/07

    きら星のような20世紀の巨匠たちの、まるでお祭りのような華やかで聴きごたえのある充実したセットだ。バックハウスやゼルキン、ギレリス、グルダなどの大御所はいうにおよばず、ベルマンが聴けるのがうれしいし、チェルカスキーにアンダ、カニーノなどそれほど聴く機会の多くない演奏家のつむぎだす豊かな音楽にふれていると、時がたつのをついつい忘れてしまう。これからの秋の夜長には、実にふさわしい。モノラルとはいえ、録音は十分に伸びやかで美しく、不満はない。価格の点でも、多くのリスナーの期待に応えられるはずだ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示