トップ > My ページ > レインボー さんのレビュー一覧

レインボー さんのレビュー一覧 

検索結果:3542件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/30

    このCDは北村憲昭指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で収録された、ベートーヴェンの交響曲第3番『英雄』とヨハン・シュトラウス2世のワルツ『春の声』を収録したものです。
    メインの英雄交響曲は遅いテンポでどっしりした印象ですが、、客観的な解釈の演奏は、数ある英雄交響曲の中でも優れた物で聴かせてくれる内容となっています。
    スロヴァキア・フィルもさすが弦楽器に優れた奏者が多いスロヴァキアらしく、美しい音色を出していて、良いサウンドです。
    併録がJ.シュトラウスというのは意外な組み合わせですが、これもテンポ遅めの演奏です。
    但し、こちらは英雄ほどは面白いとは言えないのが残念ですが。
    録音はDSDマルチトラックレコーダーというシステムを使われており、分離も良く、優れた音質の録音となっています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/29

    阪神航空フレンドツアーが配布したCDです。
    末廣誠指揮、東京ニューフィルハーモニック管弦楽団の演奏に俳優の江守徹の語りが入ったもの。
    この語りが曲者。
    冒頭に語りが入るだろうなとは予測していましたが、いざ曲が始まると曲の途中でも入ってきます。
    丁度曲に聴き込んでいた時に限り語りが入るのですからかなり気分が減り下がります。
    しかも殆どの曲が途中でフィードアウトする驚愕の作り。
    フォローしておくと、さすがにベテランの役者さんだけあり、語りは上手いですけどこのCDの構成では上手く生かしけれてないように思います。
    指揮者、末廣誠の音源も珍しく、このCDの演奏も丁寧に演奏されていますが、最後まで聴けずに切れるのは本当に残念。
    録音も恐らく新録で音は良い。
    私が思うに製作者がクラシックについて余り理解せずに製作したため、このような半端なアルバムが出来たのではないかと思われます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/28

    ケネス・ジーン指揮、ポーランド国立カトヴィツェ・フィルハーモニー管弦楽団で録音されたもので、ベルリオーズの序曲を集めたアルバムとなっています。
    ジーンは中国系アメリカ人の指揮者で、ナクソスが活動し始めた初期の頃、スロヴァキアのオケを振って録音を残した事で知られます。
    このベルリオーズはポーランドの、しかも正体不明のカトヴィツェ・フィルハーモニー管弦楽団を振っていますが、演奏自体はまずまずと言った所。
    1番良いのは1曲目の『ラコッツィー行進曲』でしょうか。
    録音年は1988年、初期ナクソス盤と同じような音質です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/27

    イギリス王立槍騎兵軍楽隊とイギリス王立戦車連隊軍楽隊がドイツのバート・ファイングホステルに演奏旅行に行った時のライヴアルバムである。
    指揮はV.L.ヤッツ大尉とD.J.ミルガット大尉とあるが個別の担当は不明。
    軍楽隊も個々の担当は書いてないので、恐らく合同編成なのだろう。
    選曲面ではイギリスの軍楽隊が得意とする曲中心で、意外とドイツの曲がないのが面白い。
    といっても有名な曲ばかり、演奏も正直あまり優れた物ではない。
    またG.マッケンジー軍曹指揮する高地第1連隊パグパイプ&ドラムスも参加しているが、これも幾多もあるバグパイプと軍楽隊の共演の中でも取り立てて言うことはないだろう。
    録音場所はハイドマーク・ホールという所。
    録音エンジニアはバンドリーダー・レーベルで多数のイギリス軍楽隊の録音を担当したロイ・プリケット。
    そのため音はバンドリーダーとよく似た、堅めのサウンド。
    個人的にはもっと良いアルバムがたくさんあるので、収集家でも無ければお勧めはしない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/26

    ビクターから出たクラシックの小品のCD。
    3人の指揮者と三団体による演奏を集めたオムニバス盤である。
    最も多く演奏しているのは、ロビン・ステープルトン指揮、ロンドン・ジェフ・ラヴ・オーケストラ。
    この聞いた事のない演奏団体は、録音用に集められたメンバーによる演奏団体との事。
    即席の団体ではあるが、演奏自体はしっかりとしており、スタンダードな演奏である。
    他は、ミネソタ管弦楽団とスラトキンによるチャイコフスキーや、コミッショーナとヒューストン交響楽団による行進曲などちょっとマイナーな音源が揃っている。
    こちらもスタンダードでクセがなく聴きやすい。
    音質は上々とは言えないが充分聴けると思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/23

    モナコのベル・エアはロシア系の演奏家を起用しメジャーな楽曲を制作していたレーベルです。
    その中でも特に評判の良いアルバムと言われたのが本盤で、ロシアの映画音楽を集めたという、このレーベルにしてはマニアックなもの。
    しかし、収録曲はどれも質の高いもの。
    ショスタコーヴィチや、プロコフィエフ、スヴィリドフと言ったソ連時代を代表する作曲家の作品やドゥナエフスキーなどロシアの映画音楽作曲家の曲など、余程の通で無いと知らない曲が集められています。
    演奏は、コンスタンティン・クリメッツ指揮、ロシア・フィルハーモニー管弦楽団によるもの。
    オーケストラは解説書にあるオケのプロフィールを読む限り、ナクソスでお馴染みのオケらしい。
    指揮のクリメッツはマルケヴィチに学んだロシアの指揮者。
    クラシック音楽のアルバムもあるが、モスフィルムで働いていた関係で映画音楽も多数残した他、手兵のグロバリス交響楽団を率いて、日本のアニメや映画の音楽を担当した事でも知られる。
    この盤ではさすが、ずっと映画音楽を手掛けて来ただけにどれも質の高い演奏。
    例えば1曲目、『時よ前進!』のテーマの疾走感と躍動感は白眉の出来としか言いようが無い。
    この盤が人気が出たのもよくわかる。
    録音は2000年1月にモスクワ放送第5スタジオで録られたもの。
    映画音楽という事もあってか、マイクを多数立てたらしく個々の楽器の音がやたらとクローズアップされるが、ある意味映画音楽らしくて良いと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/22

    モナコのレーベル、ベル・エアから発売されたアルバム。
    アルド・フィンツィ作曲、交響詩「ヌンクァム・シンフォニア・ロマーナ」とドヴォルザークの交響曲第9番「新世界」が収録されたCD。
    ドミトリー・ヤブロンスキー指揮、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で収録。
    メインはドヴォルザークの交響曲。
    オーケストラはやや荒っぽく、良く言えば勢いのある演奏だが、反面ゆっくりした部分はイマイチで、これで往年のロシアン・サウンド全開な演奏なら面白おかしく聴けただろうが、モスクワ・フィルも大人しく、名演も多いこの曲ではお勧めは難しい。
    一方、フィンツィ(1897〜1945)はベル・エアが紹介に力を入れていたイタリアの作曲家。
    現在は無名だが、存命時は成功したようで、楽譜の出版も多数行われたが、ユダヤ系だったため晩年は時期がら演奏機会がなく忘れられたらしい。
    この交響詩はR.シュトラウスばりの豪華な後期ロマン派らしいオーケストレーションに、ラフマニノフが合わさったような作品。
    世界初録音だそうで旋律よりその優れたオーケストレーションを楽しむ作品と言った所だが、なかなか楽しい。
    演奏もこちらの方が良く、オケもよく鳴っている。
    録音は2000年10月、モスクワ放送第5スタジオで収録された物。
    廉価盤価格帯だが、音はしっかりしている。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/21

    旧ソ連を代表する指揮者、アレクサンドル・ガウクは多数の録音を残しましたが、CD時代になって復刻されるのは伴奏系が中心で、ガウク単独の録音の復刻は珍しい。
    他のレーベルを見ても数年前にブリリアントから出たボックスか、ヴィスタヴィラから出たアルバムぐらいで、今回生誕125年を記念して発売されたこの盤は貴重です。
    ガウクの音源の半数はロシア音楽ですが、この盤ではドイツとフランスの作曲家というロシア物以外の作品を集めてあります。
    オーケストラは全てモスクワ放送交響楽団。
    演奏はガウクらしい外連味の演奏で、当時のモスクワオケらしい金管の爆発も聴ける他、ドゥロヴァをソリストに迎えたドビュッシーでは抒情的に演奏したりと、ガウクの様々な面が見れる一枚になってます。
    録音は1950年代(因みにCDにはR.シュトラウスのみ1958年と書かれてますが、他は記載がありません)との事ですが、この年代のメロディア録音では良い方かと思います。
    尚、CDはデジパック仕様ですが、2枚組デジパックに多い観音開きではなく、一度開いてから上に開く特殊なタイプです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/20

    リムスキー=コルサコフの交響曲集。
    第1番と第3番を集めた内容です。
    ジェラード・シュワルツ指揮、ベルリン放送交響楽団の演奏で収録されています。
    ナクソスにはすでにアニハーノフとサンクトペテルブルク国立交響楽団によるリムスキーの交響曲全集があり、それに続く録音となります。
    リムスキーは3曲の交響曲とシンフォニエッタを残しましたが、番号付きでは2番が有名でしょうか。
    1番と3番はあまり有名ではないですが、作品自体は2番にも負けず劣らずの魅力がある作品です。
    シュワルツはシアトル交響楽団と三枚のリムスキー=コルサコフのアルバムをナクソスに入れています。
    これはそれに続く物で、オケがベルリン放送交響楽団に代わり、より丁寧に作品の魅力を引き出した好演奏になっています。
    2015年の録音なので、音質も良好です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/19

    ブルガリアの作曲家、パンチョ・ヴラディゲロフのピアノ協奏曲集です。
    新録ではなく、ブルガリア国営レーベル、バルカントン原盤です。
    収録されているのは、ピアノ協奏曲第1〜5番とピアノのための5つのシルエットの6作品です。
    ヴラディゲロフのピアノ協奏曲は5番までしかないので、この盤は現在唯一のピアノ協奏曲全集となります。
    アレクサンドル・ヴラディゲロフ指揮、ブルガリア国立放送交響楽団の演奏、ピアノはテオドール・モウセフ(ピアノ協奏曲第1番)イヴァン・ドレニコフ(ピアノ協奏曲第3番、ピアノ協奏曲第4番)クラシミール・ガテフ(ピアノ協奏曲第2番、ピアノのための5つのシルエット)パンチョ・ヴラディゲロフ(ピアノ協奏曲第5番)です。
    ヴラディゲロフのピアノ協奏曲は第3番が比較的録音に恵まれて3つ程音源が出回ってますが、その他の作品は初めて聴きました。
    どれもヴラディゲロフらしい国民楽派要素満載の作品で、3番が1番良い作品ですが、どれも安定した作品でした。
    演奏もブルガリアの演奏家らしい楽譜を重視した演奏で、作品を聴くには充分でしょう。
    作曲家自身のピアノも上手いですし、ガテフ、ドレニコフ、モウセフの録音もあまりCD化されないため貴重です。
    指揮者は作曲家の息子で、オケ曲だともうちょっと派手な所もあるアレクサンドルですが、ここでは伴奏に徹してサポートしています。
    作曲家パンチョ・ヴラディゲロフが弾いた5番のみ1964年録音で、他は1970年代の録音。
    リマスタリングされているためか、年代の割には聴きやすい音質です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/15

    2002年1月に西本智実が、ロシア・ボリショイ交響楽団ミレニアムの首席指揮者に就任した事は当時ちょっと話題になりましたが、その後2年程首席を務めた間に製作された、このコンビによる初の録音がこのCDです。
    チャイコフスキーの『白鳥の湖』『くるみ割り人形』からの音楽を集めた内容です。
    一般的なCDとは違い指揮者の選択したバージョンによる拘りの組曲。
    そのため、通常の三大バレエ組曲を集めたCDでは聴けない曲があるのが売り。
    指揮者は音楽面以外の事でとやかく言われがちですけど、聴いてみると、奇をてらうことのないスタンダードでスタイリッシュな演奏で、演奏は悪くありません。
    ロシア・ボリショイ交響楽団ミレニアムはソヴィエト崩壊後に出来たオケの一つ。
    解説文にある、オケの経歴はどこまで信じて良いか悩むが少なくともサウンドはかつてのソヴィエト・サウンドを思わせる力強さと洗練さをもった中々良いサウンドで、かつてのロシア・オケに興味がある方は良いかも知れません。
    2002年録音、音質良好。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/14

    オンドレイ・レナールト指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団による演奏で収録されたこのCDは、クリスマスをテーマにしたCDです。
    前半はクリスマス・ソングを中心に後半はクラシック音楽でクリスマスの時期に演奏される作品を収録した物です。
    前半のクリスマス・ソングは当時レナールトが指揮者をしていた新星日本交響楽団のヴィオラ奏者&編曲家であった、赤堀文雄による管弦楽編曲で一部は水野貴子によるソプラノ歌唱がついています。
    演奏はスロヴァキアのオケらしく、弦楽セクションの音色が美しい。
    これはG線上のアリアを聴けば分かるかと思います。
    レナールトの指揮はナクソスなどで聴かれるように、スタンダードな癖のない物。
    ソプラノはちょっとイマイチ。
    録音は1994年7月、スロヴァキア・フィルハーモニー・コンサートホールで録音された物。
    録音は特に問題なく聴けるレベル。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/13

    ヨーロッパには時々本職が作曲家ではない人が、作曲して作品が残ったりする。
    このCDに収録された、アンソニー・バージェンスはイギリスの小説家が本業だが、作曲活動もしていたらしく、オーケストラ曲を収録した物となっています。
    バージェンスの作品は、ホルストの影響が非常に強く、恐らく作曲時に常に頭に入っていたのでしょう。
    例えば『革命の行進曲』などはホルスト風のメロディとエルガーの威風堂々のような気品さがあります。
    と言っても強い個性はないので知られてないのも当然と言えます。
    演奏はポール・フィリップス指揮、ブラウン大学管弦楽団。
    オケは名称からわかるようにアマチュア団体。
    そのため、盛大にミスも見受けられますが、それ以上に情熱でカバーしたヘタウマ的な演奏と言えます。
    録音年は開きがありますが、音質は良好です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/12

    ロシアを中心に活動していた西本智実が、新たにハンガリーのブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団と組んでキング・レコードに入れたアルバム。
    同オケのアルバムとしては2枚目で前作ではドヴォルザークの新世界交響曲をとりあげたが、今回は、リムスキー=コルサコフの交響組曲『シェエラザード』をとりあげている。
    同曲は作曲家の代表曲とあって、既に幾多の名盤がある。
    この盤はそれらに匹敵とまでいかなくとも中々良い演奏になっていると思う。
    テンポが遅めなのはこの指揮者の特徴で、旋律をよく歌わせており、また遅めのテンポのおかげで壮大な演奏となっており、千夜一夜物語の世界を表現しています。
    オケはハンガリーの中でも歴史ある団体だけあってか、強奏時の分厚さと、ソロの巧さは見事な物。
    併せて収録されているのはリスト『レ・プレリュード』『メフィスト・ワルツ』で、中々珍しい組み合わせである。
    こちらはハンガリー生まれの作曲家ということもあってか、演奏はリムスキーぐらい良いとは思わないがオケのサウンドはこちらの方が良い音がする。
    録音は2008年9月で、録音スタッフには、キングやハンガリー放送の他、録音エンジニアはオクタヴィアのスタッフが担当しており、音質良好。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/10/11

    ユージン・コーポラン指揮、シンシナティ・ウィンド・シンフォニーのコンビはクラヴィアに多数の録音を残しているが、これは1992年に録音されたものでアメリカのオリジナル吹奏楽曲とクラシックの編曲を集めた内容。
    いずれも選曲的に珍しい曲はないスタンダードな選曲と言えるだろう。
    演奏団体はシンシナティ音楽大学の学生からなる団体で、日本にも1990年代初めに来日、東芝EMIに録音を残しています。
    このCDではスタンダードな演奏ですが、例えば冒頭のキャンディードではサクソフォンを通常より目立たせると言った独自の解釈もあり、模範的であると同時に鑑賞にも聴ける作りになっています。
    シンシナティ・ウィンド・シンフォニーはアメリカの吹奏楽団にしては端正なサウンド、学生オケですが、水準以上の技量はあります。
    録音エンジニアは、ブルック・レーク氏による物で、全体図は把握が難しいが各楽器が鮮明に聴こえる録音となっています。
    吹奏楽アルバムで、ここまでの音質なら十分でしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:3542件中1件から15件まで表示