トップ > My ページ > 30ラロッカ さんのレビュー一覧

30ラロッカ さんのレビュー一覧 

検索結果:185件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/04/07

    Queenというとフレディ・マーキュリーのキャラがちょっと異様に思え、なかなかとっつきにくいバンドでした。しかし、ラジオからしょっちゅう流れていたキラー・クィーンは名曲であり、この曲は好きでした。が、レコードを買うほどのこともありませんでした。フレディの歌唱力は秀逸であり、自作であると言われているブライアンのギターサウンドは独特であり、Queenは実力のあるバンドと評価していました。天文学者、電気学士、歯科医(実際は歯科医の勉強していただけらしい)などインテリのバンドとも認識していました。しかし、私は大学を卒業し就職後、Queenというバンドがその後どうなったのかわからなくなり、Dボウイと共演したとか、フレディが亡くなったとかは聞いていましたが、行方不明になっていました。そんなときに映画ボヘミアン・ラプソディーの公開。フレディ・マーキュリーはやっぱり思っていた通りの人だったんだなという感想ですが、それよりもQueenがどういうバンドだったのかがよくわかったことと、やはりすごい実力、人気のあるバンドであったということを実感しました。バンドが出来上がるまでの過程、曲が出来上がるまでの過程を知れたという点でも面白い映画でした。映画の最後に流れてきた、ショウ・マスト・ゴー・オンは感動的でした。こういう曲があったというのも映画で初めて知りました。サントラ盤はすぐに買いました。安かったカナダ盤です。映画は今のところ一回見れば十分ですが、サントラ盤は何回も聴いています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/04/06

    ベスト盤を除き、私が唯一買ったQueenのアルバムがこれ。昔、私が大学生だったころNHK FMのクロスオーバーイレブンでジェラシーが流れており、すごく気に入ったのがきっかけです。ブライアンのギターは鳴らない曲であり、Queenらしさはありませんが、じっくり歌い上げられるところがいいです。ムスターファという異色の曲から始まるこのアルバムですが、バイシクルレース、レットミーエンターテインユー、ドントストップミーナウなど良い曲、バラエティに富んだ傑作と評価します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/03/31

    今から45年くらい前、ちょうどクィーンが現れたころ、私は中学生でした。
    クラスメートに中村君という、ちょっと不気味な感じのやつがいて(ちょうどこのアルバムジャケットのイメージに合うような)、九州の田舎町というのに、彼がこのレコードを学校に持ってきて誰かと話をしていた。
    当時、洋楽と言えばビートルズ、S&G、カーペンターズ、Mポルナレフくらいしか知らなかった私はクィーンには興味がなく、中村君とは話さずじまいだった。ラジオでクィーンの曲が流れ始めていたころであり、クィーンを知らなかったわけではないが。
    キラー・クィーンやボヘミアン・ラプソディーなどのヒットを飛ばし始めたときになって、中村君って先見の明のあるすごい奴だったのだったのだな。友達になっていればよかったと思った。
    クラスが別になってから、彼がその後どうしているのか全く分からない。きっとどこかの町の映画館でボヘミアン・ラプソディーを観ているに違いない。
    私はこのアルバムをいまだに聞いたことがないので内容については語れません。
    このアルバムのジャケット写真を見るたびに中村君の顔を思い出す。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/11/12

    音質はよいと思います。一部を聞くとパットメセニーグループの演奏かと聞こえます。シンセ、ヴォイスの音色がメセニー風です。
    私がディメオラに対して持っていた印象とは違い、メセニー風の演奏をしていたのは驚きです。こんな曲もやっていたとは知りませんでした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/15

    ギタリストの一人にスノウィーホワイトがクレジットされており最後のメンバー紹介ではひときわ高い喝采を浴びています。ウォールのオリジナルとは一部違ったアレンジで演奏されているところもあります。ウォールにはピンクフロイドとしてのライブ盤もありますが、フロイドのファンならついウォーターズのものも欲しくなります。持っておくだけでよいという類のものかと思います。非常に読みづらいが全曲の歌詞が印刷されたブックレットが付いています。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/10/15

    録音状態はまあまあ。十分聞けるレベルにあり不満なし。演奏のデキもまあまあ。もっとスリリングなものを期待していましたが。ファンなら買って損はないと思います。
    確かクラークは1978年にジェフベック、サイモンフィリップス、トニーハイマスと一緒に来日し、その時の海賊版がアナログで出回っていた記憶があります。それを聞きたいとずっと思っています。ダイヤモンドダストも演奏されていた記憶があります。また、クラークデュークプロジェクトで来日した時の演奏(特にスクールデイズ)も良かった。これもぜひCD化して欲しい。HIHATには期待します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/09/22

    TILTはやっぱり名盤ですね。ジェフベック一派によるロックに近いジャズロックです。
    うれしいセット販売ですが、パウエルの全作品がこれだけというのも残念です。もっと長生きし、いろんな人たちと絡んでほしかった。
    16ページのブックレットが付いており写真やライナーノーツ(英語)、Over the TopとTILTについては曲ごとのメンバークレジットが付いています。
    各アルバムのジャケットの作りは印刷はまあまあですが貧相です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/09/22

    まだ久米宏氏がキャスターをしていた頃のニュースステーションに出て1曲か2曲を披露していたのを見ました。
    そのときに印象は非常によかったのですがCDは買わずじまい。ベスト盤ということで購入しましたが残念ながら今一つ惹かれるものはありませんでした。Mオールドフィールドのムーンライトシャドウをやっているのが意外で、この演奏が一番威勢がよく良いです。他の曲はおとなしすぎます。そこが魅力なのかもしれませんが私にはちょっとです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/09/02

    音楽に哀愁を求める私は購入。そういうタイプの音楽ではあるが私には今一つ。70年代のキーボードを多用したプログレ風ソフトロック、フォークという感じ。ピアノがいい感じの曲もあります。哀愁味はないがギターも頑張っている。何かに想いをはせながら景色を眺めながら落ち着いて聞くのによいと思う。
    2000円くらいならプログレファンは買って損はない。私が購入した輸入盤には歌詞カードは付いておりませんでした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/09/02

    待望の新作です。目新しい内容ではありませんが上出来です。
    3年前にピンクフロイドの新作が出た時もうれしく、困難な状況の中、精一杯に作られた内容に満足していました。それはフロイド風を十分に帯びていたからです。
    今回のウォーターズの新作もまたフロイド風を十分に帯びています。効果音の使い方、リズムの取り方はまさにフロイドです。詩の内容は英語がわからないのでよくわかりません。では、先のギルモア・フロイドの新作と今回のウォーターズの新作が似た内容かというとそうではない。ウォーターズ抜きのフロイドにも満足していたが、やはりウォーターズこそがフロイドなのではと思わせます。
    ギルモアの切り込むギターもフロイドの魅力であることに変わりはないが、思想的面はやはりウォーターズこそがフロイドだと思わせる。
    ビートルズの場合も誰がビートルズかということを考えたりもしたし、メンバーのソロアルバムにビートルズを期待したりしたが、これこそビートルズと言えるようなソロ作品はない。ビートルズはビートルズとしてしか存在しなかった、4人の集合によってのみ作り出されたものだったということか。それに対しフロイドはウォーターズのソロも、ギルモアのフロイドもフロイド風である。
    今回のウォーターズの新作は満足いくものではありますが、残されたあと数年の間にかつてのフロイドを超える作品が生まれることを期待。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/02/28

    パットメセニーのライブが昨年(2016年)夏ごろから立て続けに発売され、生のステージを見たことがある私は懐かしさのあまり買いあさっています。
    そんな中でこの盤は演奏、音ともよいと思います。
    ベースのマークイーガンが目立っています。
    このマークイーガンはギルエバンスのビッグバンドがジャコパストリアスを迎え入れていたライブアンダーザスカイのライブ盤ではバックアップベースとしてクレジットされており、かわいそう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/02/28

    バンドの曲を聴くときにそのバンドの状態を知っているのと知らないのとでは大きな違いがあります。
    例えば、ビートルズのLet It BeやAbbey Roadがバンド内の軋轢が大きくなり解散寸前の状態で作られたことを知って聴くと感慨も一層のものになります。White Albumnしかりです。
    このガイド本のライブ演奏の裏側の事情を知ることができ興味深いです。
    ロック界の紳士と思っていたブルフォードがクロスのことをバンドのお荷物呼ばわりしていたなど知りませんでした。
    買ったけどあまり聞いていないRoad to Redですが、このガイド本を読んでまた聞こうかという気になりました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/10/01

    デイヴィッド・サンシャスの名前を初めて知ったのはコージーパウエルのTilt。その後、スタンリークラークのアルバムでも目にし、いったい何者?と思っているうちにピーターガブリエルやスティングのアルバムにも登場し、
    私の中では英米をまたにかけたジャズロック、プログレの重要人物となりました。ドラマーのサイモンフィリップスとまではいきませんがいろんなところに
    引っ張りだこのようです。
    ソロ・アルバムがプログレっぽいとのうわさを聞いていた時に、このカップリングCDの発売を知り購入しました。ジャズロックファン、プログレファンには受け入れられる内容と思います。歌物のTRUE STORIES よりもインスト中心のJust AS I Thoughtがよいです。プロデュースにはYesのエディオフォードが関わっています。ジェフバーリンがベースを弾く曲はブルフォード風。ブルフォード=バーリン=サンシャスというバンドを組んで欲しかったと思わせます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/09/04

    非常に期待して買いましたが、残念。
    スターレスのあの哀愁のメロディ満載かと思いきやそうではない。ごく一部にあのメロディが出てくるだけで冗長な感じのバイオリンミュージックと私は感じます。フリップのギターもわずか。期待が大きすぎたためか残念感は大きいです。
    静かではあるが練られたメロディーとも言い難い。やはりレイク、マクドナルド、ウェットンがいないとメロディは弱くなるような。
    若いころの短髪のクロスは河合俊一に少し似ている。
    近影のクロスには昔の面影はない。ミュージシャンとしてはタフネスさに欠け、ツアーの多いクリムゾンでは持たなかったとある本で読みましたがウェットン、ブルフォード時期の重要メンバーだったと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/03/25

    このCDの発売は非常にうれしかった。というのもこの時の福岡の公演を観たからです。その昔は大相撲九州場所をやっており、今はもう取り壊されてない九電体育館が会場でした。福岡サンパレスとか他にも新しくていい場所があったのに。
    一曲目は確かフェーズダンスだったと思います。肩から掛けたエレキギターとステージに固定したアコ−スティックギターを操るパットがかっこよかった。ペドロアズナールのヴォイスも感じよく響き渡っていました。ライルメイズは演奏は上手いが、爬虫類顔でした。
    公演は非常に感動的だったのを憶えています。
    ところが、このCDはちょっと印象が違います。ペドロアズナールの声もあまり聞こえず全体的に質の高い演奏との印象はありません。ライブのFM放送音源だから仕方ないが一部ギターの音が歪んでいるように聞こえる。かえってそこがライブ感はあるが、オリジナルアルバムで原曲を知ったうえで、ライブだとこうなるのかと思って聞くのがよいです。
    一曲目が終わったところでDJのしゃべり(日本語)が聞こえてびっくりしました。FM電波から録音したのかな?
    それにしても最近HIHATというレーベルからこれまでリリースされなかったライブが出始めており非常に楽しみです。
    クラークデュークプロジェクトのライブアンダーザスカイでの演奏も出てこないかなと期待してしまいます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:185件中1件から15件まで表示