トップ > My ページ > HAL さんのレビュー一覧

HAL さんのレビュー一覧 

検索結果:261件中106件から120件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/14

    元々こういう人気シリーズの映画は、見続けてきた人だけがわかるお決まりがあったり、いちげんさんお断りなところが大っ嫌いだったのですが、この作品は悔しいけど面白かった。純粋なミステリー好きの自分としては、まさに「目からウロコ」のアリバイ・トリック!!! かつて同じようなものが使われたことがあるのかどうかはよく知りませんが、本格推理の醍醐味を楽しめました(ま、原作の面白さということでしょうが)。只、堂々主役の福山氏は、素晴らしい演技派、実力派に囲まれ、全く歯が立たない大根役者ぶりを発揮。主役というより単なる狂言廻しの役割でした。対象的に強烈な演技力を見せつけたのが堤真一。クライマックスでは一生一代の号泣演技を披露します。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/14

    出世作「恋の診断書」に続いて76年に発表されたキャロル・ダグラスのセカンド。元々ディープなストロング・ヴォイスの人ではないので、「診断書」のような軽いタッチのナンバーに、そのキュートな声が合ってヒットにつながったのですが、今作はグッとセクシーに仕上げております。アナログA面は、インスト「キャロルのテーマ」をイントロとインタールードに据え、タイトル曲他3曲をメドレーに繋いだゴージャスなディスコ組曲。アレンジのジョン・デイヴィスの手腕が光ります。B面では従来のポップなサウンドも聴かせ、フォトジェニックなジャケットも含め、彼女の魅力満載のビューティフルなアルバム。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/12

    全てのホラー・ファン待望の“魔女3部作”の完結編!でしたが、なんというか過度の期待は禁物の作品になってしまいました。バタリアンズの音声解説はいつもの調子で食傷気味だったのですが、今回は自分の感じたポイントを突いていて納得なので必聴。グロいシーンもありますが、微妙にハズした演出が僕には『オーメン』シリーズの3作目を思い起こさせ、アルジェントが3部作を完成させた、あるいは生きてる間に完結作を観ることが出来た、ということだけに観る価値を見出だすべき映画かと。監督のかつての傑作『シャドー』のキャッチは確か「クライマックスであなたも一緒に叫んでいる」だったと思いますが、今回は「〜あなたも一緒に爆笑している」でしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/11

    このところリイシュー・ラッシュのメルバ・ムーアの79年作ということですが、何なんですかねぇ。ステージのスチルを使ったピンボケのジャケット、曲も展開の面白味のない、だらだらと長いだけのディスコ・バージョン。ブームに乗ろうとした安い企画もののようにしか思えず、当時こんなアルバムをヒットを狙ってリリースしたこと、さらにこれが今になってCD化されたことが奇跡です。ただディスコ時代の代表作「This Is it」の12インチのボートラ収録が唯一うれしいポイントか。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/11

    永らく海外盤でしか観ることが出来なかった幻の作品がひっそりと、しかも廉価盤で国内初DVD化されていたとは。当時『怪談累ヶ渕』との併映で映画館で観たのですが、お目当ては『累ヶ渕』だったものの『昇り竜』の方も強く印象に残っていて、40年くらい前に一度観ただけにもかかわらず、 盲目の女剣士が水牢に落とされたのを上から映した場面や、ラストのヒロインの表情などを覚えていて、怪談というよりか女任侠ものだったように思います。後年になってカルト映画として認識されていますが、自分としては遠い昔の懐かしい思い出の映画としてもう一度観たい作品です。本当はもう一方の日本怪談映画の傑作の一本『累ヶ渕』のDVD化を熱望しているのですが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/02

    「ゴールデン・ベスト」シリーズにヒデとロザンナが2枚組で再登場。由紀さおりのカバーで話題の「真夜中のボサノバ」をタイトルに、さらにはディスク1のアタマに持ってきての注目盤ですが、中身はシングルAB面を完全収録したコロムビア時代のパーフェクト・ベストとなっております。同様の内容で「しんぐるこれくしょん」がありましたが、こちらはワーナーでの音源も収録され、未発表の筒美京平作品が1曲
    初お目見えという、先に出た「ゴールデン・ベスト」1枚版の豪華拡張盤といった趣。今聴くと意外とその時代のベタな歌謡曲感は少なく、なんともオッサレーなナンバーが並んでいて
    すごく新鮮。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/01

    先日亡くなったキーヨの追悼盤ですが、「また逢う日まで」や「さよならをもう一度」等の大ヒットは入ってません。ソニー時代の「サマー・ラヴ」を中心に、複数のレーベルに残されたシングルをまとめた内容で、ケニー・ロジャーズのオリジナルもお気に入りだった映画「アーバン・カウボーイ」のテーマ曲のカヴァーをはじめ、日本のアダルト・コンテンポラリーが堪能できます。レアな初CD化ナンバーも多く含まれ、ファンでなくとも彼のヴォーカリストとしての実力が再認識出来る好ベスト。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/08

    70年代活躍した”逆輸入歌手”朱里エイコのお手軽なベスト。YouTubeで今見ても、口パクかと聴き間違える程のパーフェクトな歌唱力を持った和製ソウル・ディーヴァで、同系シンガーのしばたはつみとともに大好きな歌手だったのにお二人とももう生歌は聴けなくなって寂しい限り。代表曲は揃ってますが、ファンキーなソウル歌謡「白い小鳩」とパフォーマンスもカッコいいディスコ歌謡の傑作「サムライ・ニッポン」が強力。真のヴォーカリストの実力を聴け!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/05

    「愛でブラジル」でおなじみのアルティメットを手がけたジュリアノ・サレルニとブルース・ウィーデンが関わったディスコ・ユニットの2in1。どちらもほとんど馴染みのないアーティスト名ですが、かつてHOT PRODUCTIONからCD化されていたようです。内容は、スタッフがスタッフだけに
    流麗なオーケストレイションにメロディアスな女性コーラスが絡む、まさにアル

    ティメット路線の長尺ディスコ・ナンバーで占められ、アルティメットや、同時スペシャル・エディションCD化のヴォヤージがお好みならマストのディスコ掘り出し物名盤。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/02

    カサブランカ2作目は、前作同様A面をフルに使ったディスコ・メドレーが強力。今回は3曲の違った曲(と、そのタイトルをひとつにした
    もう一曲)が収められているので「愛の三部作」なのでしょう。セクシーなモノローグを入れた「恋はマジック」もドラマチックなディスコ・バージョンに仕上げており、サマー/モロダー/ベロッテのチーム・ワークも絶好調のミュンヘン・ディスコの傑作。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/02

    ドナ・サマー全米デビュー作は、同時期ヒットのシルバー・コンベンションとともに、重く暗いボトムに印象的なストリングスが絡む、いわゆるミュンヘン・サウンドのはしり。A面全部を使ったタイトル曲が衝撃的で、ここから”クイーン”
    の伝説がはじまった。そして彼女はこれからも世界のダンス・シーンに影響を与える永遠のクイーンであり続けることでしょう。合掌。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/02

    シリーズ9作目はまたもやレア音源の少ないやや期待外れな内容となりましたが、今回はサルソウル~プレリュード~ウエストエンド中心のいわゆるガラージ系ナンバーが多く含まれ、そのあたりががっつり聴けるという意味で非常

    にまとまりのいい聴き応えのある作品だと思います。注目としてはパトリース・ラッシェンの12インチあたりか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/02

    フランスから登場したディスコ・ユニット、ヴォヤージのアルバム2枚
    がデラックス・エディションで再登場。このセカンドはなんといっても「恋のスーベニア」が抜群。心洗われるなんとも気持ち良いディスコ・チューンで、CD2にも違うバージョンがたっぷりおさめられています。これぞオーケストラル・ディスコの決定版!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/07/17

    最近はホラーばかりでなく『ホワイトアウト』とかサスペンス系も手掛けるダークキャッスルの一本。主人公が偶発事故に遭った後戻ってみると、妻は自分を知らないと言い、そればかりか自分と同じ名の別の男が夫として存在していた。と謎めいているがよくありそうな筋で、オチはなんとなく見えてしまうサスペンス。おそらくサイコものに逃げるか壮大な陰謀ものと予想され、中盤でその一方だなと解るがもうひとひねりあって、非常に収まりの良い作品になっております。監督は以前にもダークキャッスルで『蝋人形の館』や『エスター』を撮った人で手堅い演出で安心して観れる佳作に仕上げています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/07/17

    フィリー・インターのダンス・ナンバーをトム・モールトンがリミックスした78年作『PHILADELPHIA CLASSIC』に未発表バージョンを加えた大作。近年のリミックス・ワークも多数含まれますが、当時のものと違和感なく聴け、“A TOM MOULTON MIX”の素晴らしさがこれでもかと堪能できて満腹満腹。「荒野のならず者」は本当に何度聴いてもワクワクします。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:261件中106件から120件まで表示