トップ > My ページ > 古き良き時代 さんのレビュー一覧

古き良き時代 さんのレビュー一覧 

検索結果:57件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/08/30

    学生時代よりレコードで楽しませていただいた演奏です。
    一時、1000円盤で発売されていた際に大量に購入したことを覚えています。
    演奏の好き嫌いは横に置いて、DGのケンプの独奏曲集の方が、より幅広い作曲家を集めている点、録音状態の良い点、などを考えるとケンプ盤をまず先に、次のバックハウス盤を、とお勧めしたくなります。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/08/19

    DGが1990・2000年代に盛んに発売していた四重奏団にエマソンとこのハーゲンがありますが、私は、ハーゲンを格段上に好ましく思っていました。エマソンのような快速運転ではなく、聴かせるところは、ゆっくりと聴かせてくれて、ある意味で「芸人」を感じました。
    是非、ベートーベンの全集やDGへの録音全集も廉価盤で発売してほしいものです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/08/19

    所謂「クラシック入門・シューベルト入門」CDですが、文句のつけようのない廉価・優秀録音・名演です。
    休日にゆっくり楽しむには持って来いだと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/08/19

    交響曲は後年のロスフィル(1&2番のみでしが)、ウィーンフィルと別人か、と思うほどの前倒れしそうになるほど漸進的な逞しい演奏で、これはこれで十分聞きものです。
    アラウとのピアノ協奏曲も同じ印象でした。
    個人的には、ロスフィルとの演奏が最高でしたが、これは個人の好みの問題だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/08/19

    素晴らしい名演です。
    「アラウのショパン??」などと無粋なことを言う方が昔は多かったのを覚えていますが、とんでもない誤解です。
    どっしり・ゆったりとして、聴きどころ満載で、悪い意味ではなく「サービス精神満点」です。ホロヴィッツにしてもアラウにしても本当の意味での「芸人」でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/08/19

    素晴らしい名演です。
    「アラウのショパン??」などと無粋なことを言う方が昔は多かったのを覚えていますが、とんでもない誤解です。
    どっしり・ゆったりとして、聴きどころ満載で、悪い意味ではなく「サービス精神満点」です。ホロヴィッツにしてもアラウにしても本当の意味での「芸人」でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/08/02

    なかなかの企画ものです。
    ただし、私のような一般のファンが楽しむには以前DGで発売されていた51枚物のMASTER WORKで十分かもしれません。
    個人的には、ジャンル毎に演奏家を統一していただいたほうが良いと思いました。
    交響曲 ベーム バーンスタイン
    弦楽四重奏 ハーゲン タカーチ メロス (後期のみはラサール)
    ピアノソナタ ポリーニ
    ヴァイオリンソナタ クレーメル
    チェロソナタ マイスキー
    ピアノ協奏曲 ツイマーマン

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/07/12

    素晴らしい名演です。ここまで穏やかに優しく、必要な部分では逞しく、ベートーベンのソナタを演奏してくれたCDは他にありません。
    「ケンプのテクニックはどうのこうの」と言う方が多いてが、印象だけで言われているだけです。実演ならまだしも、録音されたものでは、そのような箇所があったとしても必ず修正されています。
    音の状態もバックハウス盤よりも優れています。
    私にとっては、ポリーニ、ギレリス(一部欠けてしまいましたが)、アシュケナージと並ぶ生涯の名盤の一つです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/07/11

    良かったです。しかし、素人の私にもホロヴィッツの腕前が落ちているのが解りましたのでその点は少し残念でした。
    私のホロヴィッツの推薦盤は
    1 65年カーネギー
    2 RCA リストロ短調
    3 RCA 熱情
    です。それなりの録音状態で聞くことが出来る超絶的演奏でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/07/10

    ベートーヴェンのソナタが驚異の名演です。この初期の作品にこれだけの緊張度を満喫させてくれる演奏は他にありません。ベートーヴェンのソナタ演奏では、ポリーニの後期と並ぶ必聴作品です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/06/04

    アナログ録音だったと思いますが、録音の良さは今でも特筆ものです。
    演奏は後年のベルリンとの安定感のあるものとこのシカゴとの覇気あるもののどちらも捨てがたいと思います。
    同じくシカゴとの6番も同様の名演でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/06/04

    名曲・名演・名録音です。後年のベルリンとの全集での9番が注目されることが多いですが、これも立派なCDです。
    この廉価が申し訳ないくらいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/05/23

    マゼールの春祭は、アナログながら優秀録音です。春祭の優秀録音には、ショルティ・シカゴ、アバド・ロンドン、デービス・コンセルトヘボーとアナログ録音が多いですが、マゼール盤もそれに近いと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/05/13

    上品で誠実な演奏です。若干、繊細すぎるところがあり迫力を求める方には、同じDGのシェリング盤の方が良いかもしれません。
    私は、思わずフルニエの無伴奏チェロを思い出しました。
    録音もよく名演です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/04/25

    名演なんでしょうが、少しおとなしすぎて刺激が欲しい方にはおすすめではありません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:57件中1件から15件まで表示