トップ > My ページ > ALFA147 さんのレビュー一覧

ALFA147 さんのレビュー一覧 

検索結果:22件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/27

    懐かしい!大学の頃FMでやったものをエアチェックして、カセットテープで持っています。ヤンソンス若いなあ。確かムラヴィンスキーの代役で降った来日公演だったと思います。今では失われてしまったレニングラードの音、稀少な記録です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/27

    ルクセンブルグという土地柄からか、客観的でありながら、フランスの香りでもなく、ドイツ風でもなく、独特の色気がある音色のオーケストラです。もう1歩踏み込んでほしいところもありますが、バランスが取れた演奏だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    素晴らしい演奏。確かにメカニック的には今の方が遥かに上だと思う。 しかし今の時代ではありえない活力や演奏する喜び、味わいがある。フリッチャイはDGで全集が出ているが、ライヴ音源のフリッチャイは外れがない。放送音源なので音質もモノラルながら優秀。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/07

    いまいち期待外れでした。同じコンビ後期の別レーベルSIMAX版は素晴らしいものが多いのですが、EMIの録音のせいか、意外と大人しく、まとまりは良いがひきつけるものがない無難な演奏です。録音もいまいちで、デュトワの録音には遠く及びません。売却しました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/11/23

    先のレビューに反論いたします。
    こんなに才気あふれる生き生きした、しかも丁寧な演奏はないと思います。この時期のクリーヴランドも上手い上手い!
    今の水準に全く引けを取りません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/11/14

    今はこのような演奏が聴けなくなりました。
    数々の初演に立ち会ってきた歌劇場のオーケストラですから、「流儀」というのがあるのだと思います。
    情報の波やコロナ感染症の影響も受け、それぞれの団体の「らしさ」が失われ、ワールドワイドになってしまうのは残念なことです。
    まだまだ血気盛んだったころのムーティの指揮覇気に溢れています。
    録音については少し引っ込み気味?
    スタジオのため、デジタルにしては地味な収録ですが、実際にこのオケを聴いた時の印象のままの音が入っていると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/08/02

    何故か皆さん絶賛していますが、いたって安全運転の平均的な演奏だと思いました。録音は放送録音の音です。
    オケの重心が軽めで若干非力にも感じましたので、それほど魅力を感じませんでした。売却しました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/05/19

    商品として問題があります。
    悲愴の第1楽章や第3楽章、音量がピークになるところで、録音レベルを手作業により下げています。音量がピークを過ぎると戻ります。
    リミッターが掛かったようで非常に不自然です。
    ここまで録音技術が高まっているのにあり得ない。
    収録チームのミスです。
    全く演奏が楽しめませんでした。
    即返品しました。
    この状態で販売していいのでしょうか。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/05/19

    「悲愴」と共に、クリーヴランド正規盤がなかったため、貴重な放送音源です。
    LSOとの4番は、オケが後半に息切れしたような演奏でした。
    さすがクリーヴランドは地力があり、最後までスキのない演奏を展開しています。
    何よりも、精密さだけでなくあふれる「気品」は何にも代えがたい魅力です。チャイコフスキーを古典的な観点から分析し、無駄がない音楽に引き締めたスタイリッシュな演奏です。
    素晴らしい!!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/04/14

    ピアニストとしては素晴らしいプレトニョフだが、指揮となると首をかしげざるを得ない。同じようにピアニストだが指揮をするアシュケナージよりは数段上だと思うが、何をしたいのかがよく分からない。踏み込み不足で音符を忠実に再現することに徹しているように感じる。生ぬるい。
    オーケストラもかつてのロシアのイメージとも違い、洗練されているかというとそれほどでもなく、中途半端な印象をぬぐえない。
    手放してしまった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/20

    期待して購入しましたが、特に感動もなく売却しました。
    何でだろう。ショルティはブルックナーと相性が悪いのか心に響かず、金管抑え目で鳴らしていても外面的に聴こえてしまう。
    では演奏自体が精密かというとそうでもなく、2楽章のトリオ部分最後ではE⇒H⇒Eのホルンの音を適当に吹かしています。木管との掛け合いが同時に演奏させてしまっています。大きな流れは作っていますが、細部の処理が意外と雑です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/04/15

    一昨年の来日公演でも鑑賞した曲です。その時にも感じましたが、現在のピアニストの中では極めて高いレベルのピアニストだと感じました。
    (もう1曲はベートーヴェンの31番)
    磨かれた音色とタッチ、非常に高い「世界観」が構築されており、それはもう素晴らしい演奏でした。
    録音で聴くと実演程の感動はないものの、文句のつけようがないディスクだと思います。音で語る、変に楽曲をいじることなく、紡ぎだす音で陰影を表現しています。日本で日本のスタッフにより録音されたものですが、幸い変なミキシングなど「いじった」録音でないのが幸いです。
    ティマーマンが日本を重要な拠点としてくれていることを、私たち日本人は幸せに思わなければいけないと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/04/03

    モントリオールの吸盤は言わずと知れた名演でした。年齢の影響で腰は重くなっていますが、この盤も名演です。より重心を下げ、モントリオール程華やかではないオーケストラサウンドですが、ロイヤルフィルもモントリオールに負けずに上手いです。話題にならないのが不思議な盤ですが、録音が非常に優秀!ワンポイントの利点が最大限に生かされた録音です。SACDでもブルーレイでもありませんが、16bitの最優秀録音の1つだと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/03/18

    素晴らしい演奏。フィルハーモニアも好調です。録音もワンポイントでなかなかいい録音だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/01/16

    一連のエリシュカ/札幌のディスクは概ね好評なようですが、
    「そんないいいとは思えない。」というのが正直なところです。
    札幌交響楽団は生で聴いたことがあり、熱い心のこもった演奏をすることは分かっています。
    一連の録音全てにおいて、まず録音が自然でない。どう聴いてもイコライジングしているのが分かります。日本の録音技師さんたちは何故こうも「アルバムを作る。」という不自然な録音をしてしまうのでしょう・・・
    自然なありのままの音を収録をせず、作品を作ろうとしてしまう。
    演奏ですが、解釈自体はいいのですが、オーケストラの音の薄さや力量の限界が聴こえてしまいます。あまたある録音の中では、残念ながら分が悪いとしか思えませんでした。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:22件中1件から15件まで表示