トップ > My ページ > Freddie.K さんのレビュー一覧

Freddie.K さんのレビュー一覧 

検索結果:9件中1件から9件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/24

    オリジナル…「あの頃の明菜」の歌声がそのまま聴けて思わず顔がほころびます(リマスターの効果に賛否あるベスト盤と比較して)。
    歌姫…「本当に歌の上手い人なんだなぁ」と実感できる歌唱力で過去の名曲が甦ります(惜しむらくは、編曲をもっとシンプルにして欲しかった点ですかね)。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/24

    @の冒頭からテンションは最高潮、Aでは更にブルージーなビートも加わり、Bでしっとりと聞き込み…と瞬く間にのめり込んでしまう感覚は、まさにライブそのもの。IのメロディアスなMOTO−Shoutまであっという間に聞き終えてしまう最高傑作の一つだと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/20

    同じトリオによる UCCG-5120(2014/12アンコールプレス)を購入する直前に本盤に気づきました。第4番『街の歌』はライスターのクラリネットが絶妙なハーモニー!結果的にこちらを購入しましたが、大正解でした。何度でも飽きずに聞ける演奏です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/20

    ユニバーサルミュージック:「グリュミオーの芸術」シリーズより、「黄金のデュオ」と称されたハスキルとのベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ。
    競合の多い第9番「クロイツェル」を他盤数点と比較して驚きました。グリュミオーの華麗に舞うようで艶やかな音色・ハスキルの静謐で寄り添うような可憐な演奏と比較すると、他盤の演奏に粗さばかりが目立ってしまい、聴けたものではありませんでした。当該曲のベスト盤の一つと考えます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/20

    ユニバーサルミュージックよりアンコールプレスされた「グリュミオーの芸術」シリーズは全50タイトル。ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタは、アラウとの共演盤に未練を残しつつ、やはり「黄金のデュオ」と称されたハスキルとのコンビを選びました。グリュミオーの暖かく生気に溢れた音色のヴァイオリンと瑞々しいハスキルのピアノは、とても50年代のモノクロ録音とは思えません。いつまでも聞き続けていたい演奏です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/19

    突然の訃報から一年が過ぎようとしている2014年12月にリリースされたベスト盤。ブックレットの『シングル曲をメインにすべてのアルバムから1曲以上ずつ選曲されたナイアガラ・レーベル作品のショウケース』という解説はまさに的を射るもの。ちなみに、ボーナスディスクのカラオケは大瀧氏の他盤でも見られますが、今回は通常版を選びました。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/19

    The BEATLESの全213楽曲をカバーするためには、オリジナルアルバム13枚に加え、本盤が不可欠です。その点からもマスト・バイなディスクです。今回のSHM-CD化により、2009年リマスターで得られた明確な輪郭の音質に加え、重厚さ・力強さとでも言うような音圧を感じることができ、大変満足!!(他のディスクも全て買い換えたくなり困っています)。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/11

    他盤にありがちな、ドラマテッィクで華美な面のみを主張するのに対し、寡黙でありながらも力強い意志が感じられるような演奏。洗練された美しさ・高貴さに感動しました。音質についても思ったより劣化を感じなかったのは、“Blu-spec”盤のおかげでしょうか。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/11

    デビューした1982年から1991年までに発売されたシングル曲が完全収録されている面だけでも意義が大きいディスク。「明菜マニア」ではなくても、80年代アイドルポップスに共感できる方ならマスト・バイだと思います。(編集におけるアレンジ等々に様々な意見はあるようですが…)

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:9件中1件から9件まで表示