トップ > My ページ > 聖オーガスティン さんのレビュー一覧

聖オーガスティン さんのレビュー一覧 

検索結果:180件中76件から90件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/01/29

    バルトークの弦楽四重奏はジュリアードでしょう。尖らないと。アルバンベルクなんか聴いていたら冬でも夏バテする。かったるくて。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/01/10

    これこそオリジナルの5曲だけで完成されているので、windowsも含めてあとの曲はいらない。ボーナストラックというのはCDが出た当時はありがたかったけど、レコードから聴いていたものに関してはじゃまな場合が多い。これはその典型。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/01/03

    昔スメタナ、今アルバンベルク。もはやスメタナ四重奏団のベートーヴェンなど、あれだけ褒めておきながらどの評論家も今は口にしない。この次は?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/01/03

    思い切り踏み外すワルツ好きです。こういう演奏、聴き飽きることあるかもしれないけど、今の演奏によくあるコンピューターで作ったようなショパンだと聴き飽きるほど聴けない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/01/02

    レコード出た頃パールなんて邦題付けられてた。聴いたとき気に入って、このピアニストはどういう展開していくのだろうと期待したが、意外とつまらなくしぼんでしまった。でもこのディスクの価値は変わらない。W・スティーブンスの「日曜日の朝」を読みながら静かに聴く。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/01/01

    LPの頃から、ずっと枯葉2連発に聴き慣れていたからオリジナル曲順で聴くとあれっと思ってしまう。このCDは音もいいし、Portrait In Jazzを聴くならこれだ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/31

    このLPが出た頃、祭典に夢中になっていて何枚もレコード買ったけれど、自分のベストはアバドだった。メータ、マゼール、デイビスといろいろ聴きくらべたが、今ではDVDも出てバレエも見られるとやはり映像を観ながらが一番いいかも。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/29

    フュージョンにうんざりしてたあの頃、これは気持ちよく聴けた。CDなら紙ジャケットでないと感じでない。このレコードを買って美術館まで歩いた空が風がこれを聴くと昨日のことのように頭をよぎる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/28

    キース・ジャレットは好きだったけど、当時学生でレコードは買えなかった。コンサートにも行きそびれたけど、ジャズ喫茶で聴いた当時の風がよみがえる。CDになって聴くのが楽になった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/11/29

    1枚分の値段で全集、しかもヴァルヒャの名演が買えるなんて。
    信じられない。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/11/18

    1枚1枚集めていたけど、今はこうしてまとめて安く手に入るんだ。レオンハルトはバッハそのもの。このテンポしかないというラインの上にのせて弾いている。チェンバロによる新しい録音はもう無理だろうと思ってしまう。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/11/12

    手に入りづらくなった「苦悩の人々」を聴くためだけでも買ったほうがいい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/11/09

    「Ventura Highway」から「Don’t Cross the River 」へと聴き進んでいくとあの時代の風を感じる。古きよき時代なんてありはしないんだけど、あの頃の風と日差しは自分の中で変わっていない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/11/02

    チャイコフスキーとのカップリングのLPを昔買った。クラシック聴き始めで最初はチャイコフスキーを聴きたかったのだけど、ラフマニノフを聴いてこっちばかり聴くようになった。評論家はカラヤンの色が出すぎのように書くけど何が悪い。映画音楽のようで何が悪い。リヒテルは好きだけど、この曲の演奏はかったるくて、こちらのほうが好き。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/13

    昔自分が買ったのはアメリカ盤のLP.思い入れがあって、最初がハートインニューヨークでB面はブライトアイズから始まらないと。当然流れを遮るロマンスという曲はいらない。アメリカ盤CDはもう廃盤なのだろうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:180件中76件から90件まで表示