トップ > My ページ > 聖オーガスティン さんのレビュー一覧

聖オーガスティン さんのレビュー一覧 

検索結果:180件中46件から60件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/31

    コルボのヨハネもマタイもあくまで優しく、一つの演奏としてとてもおもしろい。好みで分かれると思うが、自分にはガーディナーのような定規で線を引いたような演奏より好感を持った。クラシックファンは評論家も含めて精神とか魂とか根性とかいう言葉の好きな人多いが、そういう人には合わないでしょう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/30

    レコードで新譜が出た当時はすごい、これ以外にないと思ったが今聴くとバルトークに聞こえてこない。ジョリベでも聴いているような感覚。もはやバルトークは現代音楽ではないし、ブーレーズのバルトークと同じで今ではこういう解釈は古くなってるような気がする。でもそうそう新しい録音は出ないし、これ以上わくわくさせられる演奏があるかといわれれば苦しいところ。
    アルバンベルクのバルトークのように古典的にやられるのもいやだしなあ。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/16

    もういいかげん父さんの声代えてほしい。それだけでしらけるという人たくさんいると思う。何なら全部吹き替え直したら?

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/10

    自分も悪い再生装置つかってるわけではないのに曇った音に感じた。それだけで集中力がときれてしまう。レビューはいろいろ参考になるのだけれど、業界の人間のさくらレビューが挟まることがあるのでご用心。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/04

    007の中でこれが一番好き。原作も当時の日本はこの程度に思われていたのかというくらい大笑いさせられる。映画でも当時の東京に人力車、女性は着物、なぜか横綱佐田の山からチケット渡される。まだ丹波哲郎がめがねかけた出っ歯にされなかっただけましか。最初アキと2000GTに乗って旅館へ行くシーン、アキが運転してたはずが、降りるときアキは左側に乗ってるとか見所満載。「ドラゴン怒りの鉄拳」は今観ると腹立つけど、これは笑える。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/03

    クラシック聴き始めに8番を廉価版で出ていたので、セルのソニー盤をレコードで買った。何かの本でセルがいいと読んだのと安かったというのがあるが、この曲の美しさに魅了された。飽きるほどこれで聴いたので何種類も聴き比べてないが、EMIの新しいほうすら関心を持たない。評論家が未だにフルトヴェングラー、カザルスというように古いものに愛着を持たず自分は新しい演奏を見つけたいほうなのだが、10代の最初の出会いというのは、また別なのかもしれない。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/02

    当時はよく聴いて、湯川れい子さんの解説通り感動してたのだけれど、今聴くとほんの少しの懐かしさはあるが、こんなこと言って申し訳ないが健康バカ?自分の感性が落ちたのだろう。若い頃の感性は大事だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/07/31

    英語よくわからないけど、Take Me To The Pilotは「パイロットにつれていって」ではないだろうというのはわかる。そんな日本語ないでしょう。
    ということを昔から思っていた。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/07/23

    テープ音楽を聴きたくて買ったが、うたを聴くとほっとする。こういうのを作っていたんだな。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/29

    確かLDでも出てなくて、名前だけ聞いていた「怒れる若者たち」の原点。しかし観るとニセ「欲望という名の電車」ニセ「マーロン・ブランド」という印象。なかなかソフト化されなかった理由がわかった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/26

    70年代の東京クヮルテットはすべてがすばらしい。師事したのはジュリアードだが、音楽の流れはラサールだ。アルバンベルクの生ぬるいの聴いてから聴くと頭がすきっとする。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/09

    Roost盤を聴く人だけが、バド・パウエルファンじゃない。物足りなさはあるけど、ジャズは指が動くとかテクニックがとかで計れる音楽じゃないから。究極のファンはすべてがいいになってしまう。これのモノラル盤ってあるのだろうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/06

    前のバージョンはたかが160分なのに本編が2枚に分かれていて不満だったけど、1枚に戻ってよかった。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/06

    ウン・ポコ・ローコの3連発が出だしでないと、これを聴いた気がしない。
    CD仕様の選曲なのか。ウン・ポコ・ローコ3連発を聴いてパウエルを嫌いになった人いるとか本で読んだことあるけど、自分はこのレコードのA面ばかり聴いていた。間違いなくRoost盤よりずっと聴いた。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/06

    この最初の録音はフレッシュでよく聴いた。現代音楽を演奏するという意気込みがある。2度目のロンドン響とのはジャケットがよくて眺めていたけど中身はゆるくなってきた。3度目のイスラエルフィルとのは全く別の音楽。60年代のバーンスタインは好きだな。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:180件中46件から60件まで表示