トップ > My ページ > hijidon さんのレビュー一覧

hijidon さんのレビュー一覧 

検索結果:62件中16件から30件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/05

    指揮者の非常に手堅く、かつ曲に対する真面目さや謙虚さが伝わってくる演奏。私は、もう少し踏み込んだ展開・デモーニッシュな部分も欲しいと感じたので面白くない部分もあったが、しかし、全体としていい演奏です。一聴の価値はあると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/04/25

    大変見事な演奏だったと思う。ダイナミックスと情感のあるしなやかさがあるタッチが聴いていて楽しかった。とてもレベルの高い演奏といえよう。指揮のオスカンプもサポートも素晴らしかった。ベートーヴェンの作品の構築性の高さが更に感じさせられた。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/04/15

    大変見事な名演奏揃いの全集ではないだろうか。いい録音であることは言うまででもなく、痛快な表現や快速のテンポも良識のある範囲なので、こんな面白いベートーヴェンがあったのだろうかと思った。そして、どの演奏が良かったか?これは大変難しい。全てが名演と呼ばなくてはならないくらい品質の高い演奏だからである。まだ耳にしていない皆様は是非おすすめです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/19

    せっかく意欲的で推進力のあるいい演奏なのに、あまりにも音質がよろしくない。小生の再生機が悪いのか、すごく遠い。本当はリアルで切れ味のよい内容であると推察するが、音質が良くないのでストレスだけが独り歩きする。演奏自体は、スマートで颯爽として切れ味のよいマーラーが好みの方はピッタリ合うのではないだろうか。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/07

    こんなに説得力のある”伴奏”は初めてである。出だしから明確で力強く貫禄たっぷりで、ピアノもとても堂々としていて骨格も明瞭である。演奏自体は名演奏といってよいが、音質は思ったよりよくない。高音がこもっているし、編集も粗さを感じさせ、せっかくの素晴らしい演奏なのに非常に残念である。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/02/28

    個人としては、この演奏は非常にがっかりである。この鮮やかなオーケストレーションの魅力を引き出すことも無く、表現も平板であることで強奏が虚しく響く。「1812年」も全く同様で迫力やこの表紙のような躍動感は感じられず、他にコメントのしようがない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 5人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/02/06

    皆さんが同様に述べられているように、この演奏はワルターに並ぶ名演奏だと思う。自分もこの演奏で「巨人」の魅力を教えられ、どの楽章も当時のオザワのベストと言っても過言ではない。「花の章」があろうがなかろうが、この演奏は1級品の演奏だと思う。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/02/06

    これは大変見事な演奏!強奏の迫力や途切れない集中力・緊張感や説得力の凄まじさに脱帽。合唱も日頃の綿密な練習の成果がはっきり出ていて、大変健闘したと思う。これで自分の中の「復活」名演シリーズにまた新たにこの一枚が追加された。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 7人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/02/05

    特に何かを誇張したとか、何か研ぎ澄まされたとか、それらとは全く異なるアプローチで興味深い。しかし、全体的に曲のツボをしっかり押さえながら、それでいてニュートラルな自然な流れでの昇華という、非常にそつのないバランスの取れた優れた演奏。このようないい演奏に出会えてよかったと思う。

    7人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/02/02

    自然な流れの中に英国音楽における気品の高さを感じる。どの演奏も過不足なく、声楽部が特にすばらしく聴き進んで行くと思わず口ずさんでしまうような親しみやすさがこの演奏のいいところである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/02/02

    非常に端正な音楽に漂う気品がこの演奏の魅力で大騒ぎせず音楽が昇華していく様は見事であり、称賛の言葉が見当たらないくらい素晴らしい。本日残念ながら逝去されたことであるが、たくさん演奏したであろう音源をもっとCD化していくべきである。心より哀悼の意を表します。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/02/02

    何という気品があって、堂々とかつ凛としたエロイカであろうか。他の指揮者のように騒ぎ立てることなく、紳士的にしかも確実に芸術の高みへいざなってくれる名演奏である。この演奏のように、ニュートラルな感情から自然に湧き上がる音楽が芸術と言わずして何と言うべきだろうか。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/28

    あぁなるほど。とオケで聴くサウンドをまさにオルガンの音色が紡ぎだしたものだと感じさせる。一人で奏でるのも十分効果があるし、そのようなオルガンでの演奏もまた格別である。しかし、ブルックナーが表現したかった細かな動きや壮大な音響はやはりオケで最大限表現出来ることを改めて再認識させられた。そのような意味でこのディスクは十分価値がある。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/28

    まさにカラヤン/BPOの組み合わせの絶頂期を如実に表した華麗でニュアンスニ富んだ見事な演奏。小生のオーディオは不思議と喜ぶように鳴り響く。アンチ・カラヤンの方も是非一度ご一聴あれ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/01/28

    両者対照的な演奏、そしてカップリングである。確かに前々からのご指摘の部分は手に汗握るまさに「やけくそ空中戦」のようである。しかし、1、2楽章もスリリングで推進力が強い実に面白い演奏。ルービンシュタインの演奏もどっしりと大局を見据えた実に説得力のある演奏。比較すると確かに面白くない部分も混在しているが・・・。両者好悪はあるが、一度一聴いただき、諸氏の感想を楽しみにしています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:62件中16件から30件まで表示