トップ > My ページ > Franz さんのレビュー一覧

Franz さんのレビュー一覧 

検索結果:2件中1件から2件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/09/25

    リスト編曲によるベートーヴェンの交響曲全集といえばカツァリス盤が一番有名かと思います。カツァリス盤は、彼が独自に音を追加していて、シンフォニックさが増していてそれはそれで立派な演奏ですが、それの影響でもたついてしまい、丁寧さや明晰さに欠ける場面が多々散見されます。響きが混濁しているところもあり、個人的にはあまり好きな演奏ではありません。そのため、私としてはこのシチェルバコフ(シェルバコフの方が正確なのでしょうか…)の演奏を推したいです。一曲一曲で見れば、例えばグールドやウェイスによる第6番「田園」の圧倒的な演奏がありますが、全集で考えるならばシチェルバコフ盤が良いでしょう。なんと言っても、輝かしい打鍵と、弱音部分での音色の美しさが素晴らしい!特に第1〜3番や第5番、第8番は超名演かと思います。他のナンバーの楽曲も、実に素晴らしい。難曲なので、技術的に苦労しているところもありますが、これだけすっきりと曲の魅力を伝えている演奏はないかと思います。初めて購入から5年ほど経っていますが、今でも愛聴盤です。お勧めします!

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/02/25

    誠実でとても聴きやすく、ハイドンの愉しさが伝わる演奏です。全体的に快活な雰囲気が漂いますが、緩徐楽章などの歌う部分では、控えめながらも美しい演奏になっています。疾風怒涛期作品や後期作品での堂々としたタッチも見事ですし、初期の楽曲も、こんなに純粋で魅力的な曲だったんだ!と思い知らされます。もちろん、一曲一曲を取り出して他の録音と比較すると、この録音を上回る演奏は数多くあるかもしれませんが、全集であることを考えると、これほどまでに出来不出来のない演奏は中々ないと思います。全集はオルベルツやマッケイブ、ショルンスハイムなどがありますが、私はこのヤンドー盤が一番好きです(次いでオルベルツでしょうか。全集ではありませんが、アックスやアムランも素晴らしいですね)。ヤンドーと聞くと、「ヤンドーってめっちゃ録音してるあの人でしょ?手抜き演奏なんじゃないの?」と思ってしまう方が、恐らく多い気がします。かく言う私も、バッハやリストなどの録音では、もっと推敲の余地があったのでは…と思ったりします笑 しかし、このハイドンではそういうところはなく、「ああ、ハイドンっていいなあ」と、素直に思える素敵な演奏になっているんじゃないかなと思います。ハイドンが好きな方にも、ハイドンって余り聴いたことなくて…という方にもお勧めです。私はこの録音で、ハイドンにはまりました。ぜひぜひ、買ってみてください。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示