トップ > My ページ > もんきい さんのレビュー一覧

もんきい さんのレビュー一覧 

検索結果:92件中76件から90件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    編成はピアノ、ベース、ドラムズの古典的なジャズ・ピアノ・トリオで、
    基本はシリアスなアコースティック・ジャズだが、
    新しいサウンドを追い求めていたことがひしひしと感じられる。
    アルバム全体を通じて、すごく真面目な印象を感じる。
    タイトルは、キース・ジャレットの初期の名盤を意識したのだろうか?。
    ピアノのエスビョルン・スベンソンは亡くなってしまったとのこと。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    表題曲は、マイルス・デイヴィズやMJQがジャズに編曲した第2楽章が有名。
    ロマンティックなメロディーやオーケストラの盛り上がりなど人気があるのもうなずける。
    一方、両端楽章は短いオマケみたい。第1楽章はまだしも、第3楽章は終わり方もあっけなく、
    なんとかならんのか(?)。
    余白は映画音楽風の20世紀の作品。最後のタンゴはなかなか良い感じだった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    往年のカシオペアナンバーはうれしい。
    音が飽和しているようで音質はあまり良くない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    しぶい、というか盛り上がりがない、というか、、、。
    すごくかっこいいBGMというか、、、。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    チェロとピアノが全く対等に演奏している。
    リズムも小気味よく、ノリが良い感じで、
    ジャズのインタープレイを聴いているような感覚。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    ライブらしく、大物たちがリラックスしてのびのびと演奏している。
    少なくともジョーンズとマルサリスはベストに近い出来。
    ネルソンについてはこれまであまり聴いたことが無かったが、
    雰囲気があって良い。出だしのタンバリン&ピアノの音からかっこいい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    これは完全にクラシックの現代音楽の範疇。もっとジャズっぽさがあっても良かったと思うが、
    もともとメルドーはスイング感には乏しいピアニストなのでこうなるのかもしれない。
    ↓の方のコメントが一部不明。このCDは1枚です。2枚組ではありません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    シューマンって、名前が有名な割には人気曲が少ない?「子供の情景」くらいか。
    交響曲はブラームスに似た重厚な雰囲気。仙台フィルは震災で大変らしいので、
    CD購入が少しでも支援になれば。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    う〜ん、やっぱりギル・エヴァンズものは聴いててちょっと退屈。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    もちろんこちらの聴きこみが足りないせいとは思うが、どこを聴いても同じ印象。
    甘く悲しげなメロディーとピアノの超絶技巧。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    ピアノソロの小品集+1曲だけバイオリン、チェロを加えた三重奏。
    と言ってもクラシック風ではなく、かと言ってジャズでもなく、まさにチック・コリア風としか言いようがない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    良い意味で、気楽に聴ける小品集。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    派手派手しい1,2曲目と、それに比べてやや地味でモダンな3曲目以降。
    ウェイン・ショーターが、それ他のメンバーがミスマッチ?。
    、、、とは言っても、やっぱり名盤ですな。個々のプレイは素晴らしく聴かせます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    フリージャズの要素もちょっぴり含む、にぎやかなジャズ・ファンク。
    充実した内容だと思うが、音だけではこのバンドの魅力が十分には伝わらないようにも。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    LP時代は幻の名盤の究極だったらしいが、CDでは簡単に手に入るようになった。
    スロー〜ミディアムテンポ主体でなかなか良い雰囲気。典型的なハードバップ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:92件中76件から90件まで表示