トップ > My ページ > 金山寺味噌 さんのレビュー一覧

金山寺味噌 さんのレビュー一覧 

検索結果:293件中181件から195件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/02/13

    横浜アリーナという会場はモーニング娘。、そしてハロプロにとっては節目となる重要なライブが行われてきた会場である。1998年1月の娘。メジャーデビューイベント、2004年1月の安倍なつみ卒紺、2009年1月のエルダークラブ卒紺、2010年12月の亀井絵里・ジュンジュン・リンリン卒紺などなど。そして2014年11月26日に開催されたモーニング娘。’14第8代リーダー道重さゆみの卒業コンサートもまた、ハロプロ史上に残る、歴史的に重要な、後々までの語り草となるライブとなった。

    何事もなく無事に終了していたとしても、素晴らしいライブになっていたであろうが、さゆの脚の負傷という想定外のアクシデントが、このライブをドラマティックなものにしていった。脚の痛みをこらえながら必死にステージを務めるさゆ、しかし目に見えて動きが悪くなっていく。そんなさゆを献身的にサポートするメンバーたち。後で分かったことだが、この時動揺するメンバーたちをまとめ上げ、リーダーシップを発揮していたのは譜久村聖(フクちゃん)と飯窪春菜(はるなん)であったという。このライブにおいて第9代リーダーへの昇格が発表されたフクちゃんと、サブリーダー留任となったはるなんの働きが危機を救ったといえる。メインステージから動けなくなったさゆの元へ花道を全力疾走するフクちゃんと、それを頼もしげに、嬉しそうにみつめるさゆの笑顔。このライブのハイライトの一つである。

    リーダーの卒業ライブは、後輩たちに後事を託す場でもある。フクちゃんの昇格&はるなん留任と同時に、生田衣梨奈(えりぽん)のサブリーダー就任も発表された。どよめく会場のヲタの皆さんに向って「これが現実です!」と言い放ったえりぽん、実にオットコマエであった。また、第5代ハロプロ総合リーダーへの就任が内定していた℃-uteリーダー矢島舞美もゲスト出演し、さゆへ花束を贈り新リーダーとしての決意を表明、「矢島ちゃんなら大丈夫!」とさゆも太鼓判を押していた。舞美と一緒に初代リーダー中澤ねえさんと同期「戦友」田中れいなも登場し、さゆの卒業を祝福していた(この時中澤ねえさんはちょっとふっくらした感じだったが、後日第2子懐妊が発表された)。

    セットリストはとにかく攻撃的!オープニングの『TIKI BUN』から全速力でぶっ飛ばしていく。『彼と一緒にお店がしたい!』ではテンションの上がったさゆが隣りにいた鞘師里保(りほりほ)の唇を奪うというハプニングが(笑)。「道重さゆみ、やりましたー!!」はまさに心の叫び、という感じだった。中盤のメドレーはまるでトライアスロンのようであり、脚に古傷のあるさゆが負傷してしまったのもやむをえない。『Be Alive』の曲前で見せたさゆの涙は、自分自身への悔し涙だったのだろう。長いアンコール明けの『見返り美人』では12期メンバーも参加、特に元気一杯に踊っていた牧野真莉愛(まりあ)が目に付いた。そして卒業セレモニー。号泣するまりあ、絶句してしまうまーちゃん(佐藤優樹)、普段はめったに泣かないのに珍しく涙を見せた鈴木香音(ズッキ)、「道重さんに嫉妬していました」と心情を吐露するりほりほなど、見せ場の連続であった。そんなメンバーを優しく抱きしめ、耳元でメッセージをささやくさゆ。かつてなっちが横アリの卒紺で行った事と同じ事をやったのだ。

    セレモニー後のソロ曲としてさゆが選んだのはなんと『赤いフリージア』、ヲタの間では”さゆーじあ”として知られるあの曲である。娘。としての始まりの曲を締めくくりの曲としてチョイスするなど、中々に心憎い演出。花で飾られたドレスを身にまとい歌うさゆ、「変な人たちサンキュー」という名スピーチ、この日道重さゆみは間違いなく大輪の「華」であった。最後の曲『Happy大作戦』をメンバーとお揃いのコスチュームで歌い上げ、道重さゆみは去っていった。2014年11月26日、この日道重さゆみは「伝説」となった。12年間お疲れ様、そしてありがとう。いつでもいいので、また元気に戻ってきて欲しい。

    当然のことだけれど、テレビの実況生中継をそのまま録画したものと、画質・音質を適切に調整しカメラアングルを時間をかけて編集したブルーレイ版とではおのずからクオリティが異なる。他のレビュワーさんも指摘されておられることだが、特に音質の違いは大きい。スカパーの生中継は横浜アリーナの音をそのまま拾っているので、音の透明度が若干落ちるのはやむを得ない。横アリのような大きい会場では音が散ってしまうからである。ブルーレイ盤のほうはおそらくマイクの音を直接録音してるのではなかろうか。カメラアングルの点で言うと、例の「フクムラダッシュ」はスカパーの生中継だと真正面のカメラで撮影していたので若干分かり難かった。このブルーレイ盤では分かりやすいアングルで撮影された映像が使用されているのでファンとしては嬉しい限り。特典映像の卒業ドキュメント、これはもう感涙ものだ。”さゆロス症候群”をこじらせるハロヲタが続出すること必至の映像である。一個の商品としてはブルーレイ盤のほうが完全に上だが、スカパー生中継版の実況ならではの緊迫感、ドキュメントとしての記録的価値も捨てがたい。ファンとしては両方持っていて見比べて楽しむべきであろう。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/02/06

    『カヴァレリア〜』は1970年、『道化師』は1968年、いずれもミラノ・スカラ座での収録。出来がいいのは『道化師』のほう。アルバムではカルロ・ベルゴンツィが担当していた主人公カニオ役をジョン・ヴィッカーズ、同じくアルバムではジョーン・カーライルが担当していたネッダ役はライナ・カバイヴァンスカを起用、この起用が大成功だ。ヴィッカーズはその美声はもちろん、舞台俳優としての演技力も高く評価されていた練達の舞台人で、この映像版『道化師』でも嫉妬に狂う道化師が次第に正気を失っていく様を鬼気迫る演技で演じきった。有名なアリア「衣装をつけろ」もすばらしいが、終盤の「俺はもう道
    化師じゃない!」からの狂気に満ちた演技が圧巻。ネッダ役のカバイヴァンスカは映画女優顔負けの美貌のソプラノとして人気のあった人だが、評判通りの美貌で不貞を働く若妻にして女優という難役を、小悪魔的な軽やかさで演じていた。カラヤン自らが監督を務めたが、クローズアップを多用した演出で緊迫感を巧みに表現している。ヒッチコックよろしくチョイ役でカラヤン本人も第二幕に出演している。指揮は文句なし、流麗豪華な伴奏で興趣を盛り上げる。

    一方『カヴァレリア〜』はジョルジョ・ストレーレルが監督を務め、カラヤンは指揮に専念している。ほぼ舞台の演出をそのまま映像化したような感じで、これといって難はないが『道化師』ほどの強烈さもない。主役のサントゥッツァ役はアルバムと同じくフィオレンツァ・コッソットが担当。この役を当たり役にしているだけあって堂に入った存在感である。アルフィオ役もアルバムと
    同じくジャンジャコモ・グエルフィで、いかにもイタリアの伊達男らしい男臭さ。トゥリッドゥ役はアルバムのベルゴンツィからジャンフランコ・チェッケレに交代しているが、チト線が細い。有名な間奏曲はカラヤンの流麗なレガートが優美の極み。オルガンも入っていて、崇高さもある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/02/05

    ナクソス・レーベルの看板指揮者の一人であるポーランドの重鎮アントニ・ヴィト。基本的には堅実な職人肌だが、職人的指揮者にありがちな頑固さとか融通の利かない感じは少なく、なだらかさと柔軟性を備えているのが彼の特徴と言える。いい感じで鄙びた味わいもあって、安心して聴ける指揮者である。このウェーバー序曲集は2006年7月13~15日、ニュージーランドの首都ウェリントン、ウェリントン・タウン・ホールでの録音で、オケはニュージーランド交響楽団。『魔弾の射手』や『オイリアンテ』など知名度の高い序曲だけでなく、あまり知られていない若書きの作品も収録されており、コスパ的にもお買い得。ドイツ的な重厚さとは一味違う、スッキリとして明晰な演奏である。聴かせどころもよく分かってユニークで楽しい。音質が非常に良好なのも特筆もので、まるでコンサートホールの客席の最前列に居るかのような臨場感を味わえる。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/02/05

    スマイレージが新メンバー3人を加えて9人体制となり、かななん(中西香菜)命名のアンジュルムに改名した。フランス語の「天使」と「涙」を組み合わせた造語だというグループ名での初シングル。今まで楽曲のすべてを担当してきたつんく♂Pが病気療養中ということもあり、外部からの楽曲提供を得ていろんな意味で新境地を開拓した感がある。

    『大器晩成』が『めちゃ×2イケてるッ!』のエンディングテーマとしていきなり流れ出したとき、僕を含めて多くのハロヲタが驚愕し、狂喜乱舞した。今までにはなかったことであり、アップフロントがアンジュルムにいかに期待をかけているかが伝わってきた。楽曲は中島卓偉氏提供のいかにも彼らしいシャープなロックチューン。『大器晩成』というアイドル曲らしからぬタイトルが意表をつくが、歌詞のほうは「大器晩成型なんて言ってないでチャンスがあったら飛び出して行け!」というメッセージがこもった、こちらもいかにもタクイ氏らしい内容。「アレンジはブラック・ミュージックぽくしてみた」とタクイ氏はコメントしていたが、言われてみるとなるほどアースウィンド&ファイアの『宇宙のファンタジー』を彷彿とさせるゴージャスなアレンジに仕上がっている。レコーディングの際タクイ氏はメンバーに「仮歌にとらわれず、いつもの歌い方で」と指示を出したという。メンバーはいつも通り、つんく♂Pから教わった「ハロプロ歌唱」で歌っている。リーダーあやちょ(和田彩花)とともにソロパートを任された新メンバーむろたん(室田瑞希)の魂の叫びのような熱いシャウトが感動的である。

    『乙女の逆襲』はクラシックとロックを融合させたような、ゴシック感のあるユニークな楽曲。メンバーの歌いっぷり、振り付けなど『LILIUM-リリウム 少女純潔歌劇-』を意識したような作りになっている。YouTubeで公開されていたMVも『リリウム』を思わせるような内容になっていて、メンバーもまるでミュージカルを演じるかのように振舞っていた。

    付録のDVDは『大器晩成』のMV。新メンバー佐々木莉佳子の抜群の身体能力、相川茉穂のバレエ仕込みのしなやかな動きなどが印象的。あやちょを初め先輩メンバーは今回は新メンバーのサポート役に徹しているが、後輩の加入のせいか少しだけお姉さんになったような雰囲気がある。日本武道館公演も決定し、文字通りロケットスタートのアンジュルム、今後が楽しみで仕方がない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/02/01

    「特攻の母」として知られる鳥濱トメさん。知覧基地の近くにある富屋食堂の女将として若き特攻隊員たちの面倒を見て、戦後は隊員たちの慰霊に生涯を捧げた。その無私と慈愛の精神は感動的であるが、この本を読んで彼女が単に慈愛深いだけでなく強く、そして「美しい」ひとであることも知った。トメさんの強さと「美しさ」は、彼女が残した言葉にも表れている。

    「人は皆、善人として生まれてきている」 「(隊員たちは)みんな神様の如くだったよ」 「命よりも大切なものがある。それは徳を貫くこと」「私はあの子たちから命をいただいているから、こんなに長生きさせてもらっているんだ」 「善きことのみを念ぜよ。必ず善きこと来る」「人は体裁で生きるもんじゃない」 「人は使命の中にある」 「散るために咲いてくれたかさくら花 散るほどもののみごとなりけり」 「税金は国を流れる血。この血が足りなくても澱んでも国は成り立たないんだよ」

    戦後、トメさんは知覧基地跡に「特攻平和観音堂」が建立されると、観音堂への参詣をライフワークとしていたという。しかし僕にはトメさんこそ観音菩薩の化身のように思える。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/01/29

    モーニング娘。’14リーダー道重さゆみ(さゆ)が生徒役となって、後輩メンバーから特技を教えてもらうという連載企画が単行本化。雑誌に連載されていたページ(縮小版)、撮りおろしグラビア、後輩メンによる「道重さゆみ論」などが収録されていて、ボリュームたっぷりの構成。さゆが後輩から教わった特技は以下の通り。

    小田さくら・・・自撮り、工藤遥・・・バタ足、佐藤優樹・・・乗馬、石田亜佑美・・・ヘアアレンジ、飯窪春菜・・・マンガ、鈴木香音・・・モノマネ、鞘師里保・・・書道、生田衣梨奈・・・ゴルフ、譜久村聖・・・似顔絵。

    乗馬服姿のまーちゃんはいつもの印象とは違ってりりしくてかっこいい。自撮りテクでは定評のあるさゆをさらに上回るおださくの抜群の自撮りテクの奥深さ、最近バラエティに挑戦中のズッキのやり切りぶり、プロゴルファーを目指していたこともあったえりぽんの美しいフォロースルーなどがそれぞれに印象的。「先生」である後輩メンバーの教え方に対する「生徒」さゆからの評価が5つ星形式で表示されている。メンバーの制服姿の生写真がランダムで本に封入されており、僕が購入した本に入っていたのはズッキの写真だった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/01/27

    Berryz工房が2004年1月にデビューした時、メンバー全員が10代前半の幼い少女たちで、最年少の菅谷梨沙子にいたってはまだ9歳だった。その後石村舞波の卒業により8人から7人になったが、それからは一人も欠けることなく走り続け、2015年3月の日本武道館公演をもって一応の区切りを付ける。9歳だった梨沙子も20歳となり、少女たちは身も心も大きく成長した。そんな少女たちの11年間の成長の軌跡を高画質、高音質のブルーレイ盤でたどることができるのはありがたい。CDにも歴代シングル曲が網羅されていて、11年の歴史の厚みを実感させてくれる。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/01/24

    1995年5月&10月、モントリオール、サントゥスタッシュ教会でのセッション録音。リスト、ドヴォルザーク、アルヴェーン、エネスコ、グラズノフら主に東欧・北欧の作曲家たちによる狂詩曲(ラプソディー)集。狂詩曲は自由奔放な形式で民族的または叙事的な内容を表現した楽曲であり、当然のことながらローカル色豊かな内容である。デュトワとモントリオール響はこれらの楽曲をすっきりとスマートに、聴き易く表現しており、無理なく安心して聴ける。ローカル色はそれほどでもなく、むしろ万人に受け入れやすいようにブラッシュアップしたような印象。音質はまずまずといったところ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/01/11

    この本を読んで強く印象に残ったのは「事件」の主役の小保方氏ではなく笹井教授・丹羽教授・若山教授といった周囲のオジサン達である。彼らの際立った個性と
    能力に比べると小保方氏の存在感はいかにも薄い。しかしそれこそが彼女の実質なのかもしれない。美貌と若さに恵まれているが経験と能力はいまだ未熟、しかし上昇志向は旺盛で目立ちたがり屋、科学界の新たなスターを生み出したいと考えていた周囲のオジサン達のお膳立てに安易に乗っかってしまった研究者のタマゴ。彼女の実像はそんなところだろう。

    実験質で割烹着を着てポーズをとり、マスコミのカメラに撮影されている小保方氏
    を見て、須田記者は「さながらアイドルの撮影会のようだったが」(29ページ)と感じたという。彼女は最初”プロデュースされたアイドル”だったのかもしれないが、小保方氏本人や周囲のオジサン達の意図を遥に超えて、恐ろしく巨大な怪物に
    成長してしまった、ということなのか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/01/11

    ハーズネルという人のことはよく知らなかったのでとりあえずググってみたら何か評判のあまり良くない人みたいで聴く前はちょっと不安だった。聴いてみた印象と
    しては言われるほどには悪くないな、といったところ。ただ、ちょっと地味だ。もっと「歌って」くれてもいいのになぁ。かつてのモーリス・アンドレ、現在のセルゲイ・ナカリャコフと比べて「華」が足りないように感じた。オケはさすがにチェコのオケらしくいぶし銀の充実した響き。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/31

    『タメルラーノ』はヘンデルが1724年に発表したオペラ・セリアで、全3幕で演奏時間は3時間半を超えるという大作である。タイトルになっているタメルラーノというのは14世紀後半に中央アジアに一代で大帝国を築いた英雄ティムールのイタリア語読みである。ティムールは天才的な武将で宿敵オスマン・トルコを撃破し皇帝バヤジット1世を捕虜とするなど赫々たる武勲を挙げた。オスマン・トルコを不倶戴天の大敵として怖れていたヨーロッパ諸国はティムールを賞賛し同盟者とみなす君主も現れた。ティムールは別にヨーロッパ諸国の為にではなく、あくまでも自己の領土的野心の為にトルコと戦ったのであり、結果的にヨーロッパ諸国を助けた形になったのは彼にとっては何の関係のない話である。ともあれ、ティムールの名前と存在はヨーロッパ人の中に深く刻み込まれ、彼を主人公にした戯曲や小説などが多く作られた。ヘンデルの『タメルラーノ』もそうした作品の一つである。

    【あらすじ】タタールの皇帝タメルラーノはトルコの太守バヤジットとその娘アステリア姫を捕虜とする。アステリア姫の美貌に魅せられたタメルラーノは彼女との結婚を希望し、同盟者であるギリシャ王子アンドロニコを驚愕させる。実はアンドロニコとアステリア姫は秘かに愛し合う関係であった。タメルラーノは許嫁イレーネとの婚約を破棄してでもアステリア姫との結婚を強行しようとし、アンドロニコにアステリアと引き会わせてくれた褒美として、イレーネとギリシャの統治権を与えると言い、アンドロニコはさらに苦悩し困惑する。一方バヤジットは当然のようにタメルラーノの要求に激怒するが、アンドロニコに見捨てられたと思ったのかアステリア姫はタメルラーノの求婚を受け入れるかのような態度を取り、アンドロニコとバヤジットの苦悩はつのるばかり。そうこうするうちにタメルラーノの許嫁イレーネが登場、タメルラーノの変心に驚くが、彼女はあくまでもタメルラーノとの結婚を希望する。アステリア姫への愛を捨てきれないアンドロニコはイレーネと手を結ぶこととする。だが、アステリア姫には隠された別の思惑があった。その思惑は・・・・・・・

    太守バヤジット役のプラシド・ドミンゴの存在感がやはり圧倒的。貫禄たっぷりの立ち居振る舞いで、愛国者であると同時に娘を愛する父親役を重厚に演じている。タメルラーノとアンドロニコは本来はカストラートが担当する役だったようだが、この公演ではともにメゾソプラノ歌手が担当している。アステリア役のインゲラ・ボーゲンの輝くような美貌も見どころ。グレアム・ヴィックの演出はモダンながらシンプルかつスマートで、近頃よく見られる奇をてらったような珍妙な演出でないのが好印象。指揮のポール・マクリーシュは古楽器派の中堅で、ヘンデルの壮麗な音楽をすっきりとまとめている。2008年4月1&4日、マドリード、マドリード王立歌劇場でのライブ収録。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/27

    フランス出身のヴァイオリニスト・作曲家・音楽教育家であったアンリ・マルトー(1874~1934)の伝記。商品説明欄の内容紹介にもある通り、偉大な巨匠たちと親交を持ち、欧米を股に掛ける活躍をした天才ヴァイオリニストであり、室内楽を中心に少なからぬ作品を残した作曲家でもあった。教育者としてはジュネーヴ音楽院やベルリン高等音楽学校のヴァイオリン科主任教授として教鞭を執り多くの後進を育成した。レーガー、バルトークといった未来の巨匠になりうると見込んだ作曲家が世に出る手助けもした。またフランス陸軍中尉の階級を持つ軍人でもあるという、非常に多面的な才能の持ち主であった。スウェーデン国王オスカー2世・グスタフ5世の庇護を受け、後にスウェーデンに帰化、スカンジナビア楽壇の育成に貢献した。1934年に60歳で急逝するまで生涯を現役で通し、晩年にはレコード録音も行った。

    著者の戸張通子氏は本職は声楽家であるせいか、伝記といっても学者が書いたような堅苦しさはなく、伝記小説とでも言えるテイストでとても読みやすい。マルトーの長女、長男、孫を始め関係者たちに丹念に取材して20年の歳月をかけて完成させた力作。巻末にはマルトーのCD(作曲した作品の演奏、マルトー本人の録音)一覧も掲載されている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/27

    20世紀前半に活躍した音楽学者・評論家の兼常清佐(1885~1957)の伝記。”音楽格闘家”とは、よく名付けたものだと思う。奇抜にして反骨精神に満ちた過激な論説で日本の音楽界に旋風を巻き起こした人物である。『音楽界の迷信』という論文で「パデレウスキー(ポーランドのピアノの巨匠)が叩いても、猫が上を歩いても、同じ鍵盤からは同じ音しか出ない」と言い切り、「ピアニスト無用論」と呼ばれ大論争の発端となった。著書『日本音楽』では「正しい意味での日本音楽史といふものはあり得ない」と邦楽の歴史を全否定するかのような文章を書いた。そのため彼は”奇人”とか”爆弾男”などと呼ばれ異端視された。源氏物語やアララギ派を批判したり、戦時体制下での音楽教育に苦言を呈したりと、あちこちに噛み付いていた人である。当然敵も多く、それが為に現在に至るまで正等な評価をされているとは言い難い。

    その一方で兼常は自分の妻を「女神」と呼ぶ愛妻家であり、自殺した悲運の天才女流ピアニスト久野久子への追悼文を2日連続で新聞に発表するような人物でもあった。反戦主義者であり、日本の音楽教育の充実のために奔走するという面もあり、奇人には違いないが他人への思いやりもちゃんと持っていた人物であった。兼常のあまり知られていない側面を知ることが出来る本である。

    著者蒲生氏の文章は平易で読みやすく、内容も充実している。ただ、定価7560円という価格設定はいかにも高く、兼常清佐という一般には余り馴染みのない人物の伝記を読むためにこの値段で購入する人がどれだけ居るのかな、と率直に感じた。たまたま図書館にあったので借りて読んだが、そうでなかったら多分読むことはなかったように思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/27

    オリコンウィークリーチャート第7位、ついにここまできたか。着実に力を蓄えてきたのは明らかだったが、それが数字として出たのがこの結果であろう。売り方を見ても事務所もアプガを売り出すことに本腰を入れたようで、アプガが「実力を認めさせた」ということだろう。『Beautiful Dreamer』は熱烈なハロヲタとしても知られるBase Ball Bear の小出祐介氏の楽曲提供で、初めて聴いたときは「アプガもこういう曲を歌えるようになったか」と感じた。本格的なラブソングで、それだけ表現力も向上してきたのだ。一方『全力!Pump Up!!-ULTRA Mix-』と『イタダキを目指せ!』はアプガお馴染みの「上へ上へ」ナンバー。ここまで来た以上、あとはメジャーデビュー待ったなし!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/12/27

    1985年6月29日、ヴァチカン、サン・ピエトロ寺院で行われたローマ法王ヨハネ・パウロ2世主催の大ミサでのライブ収録。オーケストラはウィーン・フィル、ソリストはキャスリーン・バトル(S)、トゥルデリーゼ・シュミット(M)、イェスタ・ヴィンベルイ(T)、フェルッチョ・フルラネット(B)。合唱はお馴染みウィーン楽友協会合唱団。「一生に一度、神の御前で演奏したい」というカラヤンの希望を好楽家であった法王が快諾したことで実現したもの。演奏は、法王自らが執りおこなったミサの一部として組み込まれており、拍手もなく開始され、ミサの式次第に従って演奏されていく。主役はあくまでもヨハネ・パウロ2世で、カラヤンはミサの参加者の一人という扱いである。演奏自体は晩年のカラヤンらしく風格ある響きで重厚かつ叙情的な演奏といえる。ウィーン・フィルは普段よりやや規模を縮小した編成だが、気合の入った表情で団員たちが演奏しており、彼らにとってもこの大ミサに参加することは晴れの舞台だったに違いない。ソリストでは当時絶好調だったバトルの透明感ある歌唱が感動的である。演奏が終了しても拍手はない。あくまでもミサの一部分なのだ。画質は当時のものとしてはまずまずで、音質は良好。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:293件中181件から195件まで表示