トップ > My ページ > 蒼詩 さんのレビュー一覧

蒼詩 さんのレビュー一覧 

検索結果:406件中91件から105件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/24

    80年代末期に登場したレディース.バンドのデビュー作!活動自体は81年頃から(g)のジャンを中心に幾多のメンバーチェンジを経て、(Vo)のジャネット、(b)のシェア、(Dr)のロキシーのラインナップで本作を発表!
    これが、なかなかの凄腕揃いで(b)のシェアなんかは後に、マイケル.シェンカー(M.S.G)トレイシー.ガンズ(L.Aガンズ)ボビー.ブロッツァ(ラット)リチャード.ブラック(シャークアイランド)の名だたる凄腕と「コントラバンド」なるプロジェクト.バンドにメンバーとして参加しアルバムも1枚発表している!(余談だが当方はシェアのファンでした!)楽曲はスレートなロックからポップな曲までレディースバンドならではの違ったロックが楽しめる好盤!!#1はあのリチャード.マークスが楽曲提供した1stシングルでリチャード自身もP.Vにチラリと出演していたり#3のセカンド.シングルはチャートを上昇したパワーバラードと佳曲が詰まった素晴らしい作品です!!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/24

    本作は85年発表だが活動スタートは「モトリー」や「ラット」と同期の「L.Aメタル」全盛期に発表された裏名盤!!ファンの方にはお叱りを受けるのを覚悟で「裏名盤」と記載したのはハッキリ言って「売れなかった」バンドだから!ここ日本では、「ジェイク.E.リー」が昔、在籍していたバンドくらいの認知度しか無く、本国アメリカでも、なぜだか当時のブームの追い風に乗る事が出来ないでいた!しかし、本作の最大の魅力は(Vo)のポール.ショーティノのパワフルかつソウルフルな歌声にあると思う!当方、個人的にこの人、すっごく歌の上手い人っていう印象が強くあり、後にクワイエット.ライオットに加入後も素晴らしい歌声を披露したアルバムを発表しているし、ソロ.アルバムも当方のお気に入りです!#2のジャニス.ジョップリンのカヴァーも秀逸!中盤#5〜#7の流れなんて最高だし#6はミドル.テンポの楽曲の魅力を教えてくれた本作のハイライトチューンです!!後に発表された2ndもポップ色が強まったが味のある好盤で、一人でも多くの方に「ポール.ショーティノ」の魅力に触れて頂きたい!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/24

    81年「エスケープ」、83年「フロンティアーズ」の発表により80年代初頭はアメリカン.メロディアス.ロックの頂点を極めたいたのがジャーニー!!本作は元.エンジェルの(Key)グレッグ.ジェフリアにより結成されたメロディアス.ロックバンドのデビュー作で高いクオリティーがあるのに、いかんせん、このバンドはある意味(Vo)に泣かされた悲運のバンドである!デヴィッド.グレン.アイズレー(Vo)の声質と歌唱法がスティーブ.ペリーに似すぎていた偽に「ジャーニー」の二番煎じ的な扱いを受け正当に評価されなかった!確かに本作は全米でそれなりの売り上げを記録しシングル.カットした#2もチャートを駆け上がるなど健闘を見せるものの86年に発表されたセカンドアルバム「SILK AND STEEL」はこれまた高品質ながら本国アメリカでは失敗作のレッテルを貼られ時代の波に乗ることは出来なかった!きらびやかなキーボード.サウンドに魅力を感じる方は買って損無しの名盤だと太鼓判を押させて頂きたい!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/24

    「渡り鳥」の名で知られるドラマー界最高のカリスマ(故)コージーパウエルに勝るとも劣らない、「ジェフ.ベック」「ロッド.スチュアート」等、名だたるトップ.ミュージシャン達とセッションを繰り広げてきた敏腕ドラマー「カーマイン.アピス」が「L.Aメタル」全盛期の85年に若手4人を従えて殴りこみをかけたハード.ロックバンドのデビュー作!ビジュアル面でもこだわりを見せ、自身以外のメンバーは全てブロンド.ヘアーで統一し希代の名シンガー「マーク.フリー」のメジャーデビューバンドでもある!「L.Aメタル」に代表される明るいパーティーソングを中心としたサウンドとは一転して様式美全開のヨーロピアン.スタイルを持ち込み、最高、最強のキラーチューン#1を筆頭にツインリードのギターと心地よいコーラスが楽曲全編を支配している!他の楽曲も完成度が高い佳曲が並びこの手のサウンドが好きなリスナーには手放せない名盤である!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/22

    今からおよそ120年前に実在した斧で家族を惨殺した女性殺人鬼の名を冠した彼等のデビューアルバム!そのルックスや衣装から「L.Aメタル」の仲間かと思われがちだが、サウンドの方はブリティッシュ.メタル(主にアイアン.メイデン)からの影響が色濃くでており、80年代のメタルバンドとしてはあまり見られなかったヨーロピアンテイストの楽曲がアルバム全体を支配している!ツインリードのギターも楽曲の魅力の1つで、ファストなチューンからミドルテンポのチューンまで楽曲の出来を損なわないギターサウンドが堪能出来る!本作に先立ち発表されたミニ.EPでは確か「RAINBOW」の「LONG LIVE ROCK’N’ROLL」をカヴァーするなどセンスの良さも感じる、見た目じゃ判断出来ない面白い存在のアメリカン.バンドである!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/22

    80年代、アメリカの音楽シーンは「L.Aメタル」なる勢力が席巻していた時代でこの「W.A.S.P」もロスから登場したバンドの1つだった。デビューシングル「ANIMAL(FUCK LIKE A BEAST)」を初めて聞いた時は、衝撃的なアルバム.カヴァーも含め大人になった今でも中学生だった当時の記憶を鮮明に覚えている!「人と違う何か」を模索しないと生き残っていけないシビアな世界で、このバンドが見せるサタニックなライヴでの演出は他のバンドには無いある種の輝きを放っていた。個人的にバンドの創設者でリーダーのブラッキー.ローレンスは同じ時代を共に闘いぬいてきた「モトリークルー」のリーダー「ニッキー.シックス」同様、頭のきれる才人だと思っている!
    歌詞の内容はともかく楽曲が非常に耳に残りやすくビジュアル的な容姿もあいまってこのバンドは当方にとって違った意味で印象深いバンドである!
    ブラッキーは後に「THE CRIMSON IDOL」というコンセプトアルバムもこのバンドで発表しており才能の豊かさを見事なまでに証明して見せたのである!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/21

    彼等のアルバムはやっぱこのアルバムが一番!!リーダーで(Vo)のディー.スナイダーのド派手なメイクは彼の心に宿る反骨心や童心をビジュアル化したもので、本作発売、当時の彼等は低年齢層のティーンエイジャーを含むキッズから絶大な支持を得ておりシングル.チャートにおいても#2が21位、#5が68位と健闘し本作もヒット作の仲間入りを果たしている!!
    難しい事を考えず、ただロックを楽しみたい時は必ずターン.テーブルに乗る作品!ジャケを見て色眼鏡で判断せず、とにかく一度、聞いて頂きたい!
    ウチのチビ(小学2年生)の最近のお気に入り!!(笑)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/21

    一連のソロ関連の作品の中では本作が一番かな?!前作は気心のしれた
    GUNS時代の仲間と雇われシンガーによる実験的要素が見え隠れする作品だったが本作ではソロ.バンドとしてのカラーを全面に強く打ち出しており、前作と比較しても作風がガラリと変わってスラッシュの才能の豊かさを垣間見る事が出来る!!#1、#6、#11、などは特にお気に入りナンバーかな!
    あえて例えるなら、レニー.クラヴィッツなんかが好きな人に結構、ハマるかも!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/20

    ニッキー.シックス、D.J アシュバ、ジェイムズ.マイケル、この三人の知性が見事な形で結実した傑作である!このアルバムから繰り出されるメロディー(静)とヘヴィネス(動)はモトリークルーでは再現不可能な領域の音楽であり、それだからこそ、ニッキーシックスがこだわり抜き選ばれた2人による、もう一つのニッキーなりの音楽の表現方法(楽曲)だと個人的に推測している!前作も素晴らしい仕上がりを見せた作品だったが、本作は全てにおいてグレードアップしておりサイド.プロジェクトにしておくのは勿体無いバンドとしてのまとまりも感じる。本作品の内容には全く関係ないのだが唯一の不満が「紙ジャケ」のみでの発売とゆう点である!!百歩譲って「初回限定盤のみ紙ジャケ」と言うのなら、まだ我慢できる!通常使用の物まで「紙ジャケ」は勘弁して頂きたい!! *ケースから出すのが扱いずらい
    *盤面が傷つきやすい(音飛びの原因)*ジャケがすぐ破れる 全くもって利点が何も無い!!  

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/20

    確かに他のレヴューの感想にも見られるバックバンドはアマチュアに毛が生えた程度(言い過ぎか?)とは言わないが逆にガレージバンドっぽさがイイ味出してんじゃないかなぁ?パンク.フィーリングが強いので楽曲のイメージが偏りがちだが、それはそれで俺的にはO.K!個人的にジョシュに本気のパンクロックのアルバムを作って欲しいな!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/20

    今、思えばジョシュ(Vo)とキース(g)がヴェルヴェット.リヴォルヴァーが構想段階だった頃、スラッシュとダフより誘いを受けマット.ソーラム(Dr)を含めバンドとして形作られる直前に話は立ち消えとなり、自らのバンドを再始動させ、わずか「15日間」で作られたので「Fifteen」!!
    そんな短期間で製作された本作には「俺たちだけでやってやる!!」って言う意気込みがアルバム全体に満ち溢れたBAD BOYS ROCKの最高傑作に仕上がっている!!ハード.ドライヴィンかつパンキッシュな#1はオープニングを飾るに相応しいロック.チューン!!その他、ライヴ映えする#2、#7、スマッシュ.ヒットした#6と彼等の魅力全開で近年稀に見るクールなアルバムである!!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/19

    個人的に「ギルビー.クラーク」や「マット.ソーラム」の加入した時点までかな?「GUNS N’ ROSES」として見れるのは?今の状態で満足されているファンのお叱りを承知で書かせて頂くと、「あれはGUNSであってGUNSでない」
    やっぱデビュー当時から知る者として「アペタイト...」と本作を発表した頃が一番、彼等を象徴していた時期じゃないかな?俺は#1から#4までのライヴに本作の魅力を感じている。まだ、エアロスミスとかの前座をやってた頃、キャパの小さな会場で暴れまくっていた彼等の姿が目に浮かぶ!!
    #8は確か歌詞の内容が人種差別問題に引っ掛かったんじゃなかったっけ?
    でも、この当時の奴等はそんな事「屁」とも思って無かったんだろうな!!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/19

    アルバム発表から半年近くたってようやく購入(前作があまりピンと来る出来ではなかったもので)アルバムカヴァーは恐ろしくカッコ悪いが、今回、中身はかなり充実しています!!特に#2の様なメロディックなパワーメタル.ソングはバズの声質にジャスト.フィット!!(去年買ってりゃ間違いなくベストチューン候補だったな!!)下記レヴューでも触れられていますが、「セバスチャン.バック」と言う名の「バンド」でいいので信頼のおけるメンバーを揃えて「バンド」のフロントマンとして活躍して欲しいな!!
    メタル界、最高のカリスマには是非、日本に戻って来てライヴで大暴れして頂きたい(祈)

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/19

    パンチの効いたストレートなロックン.ロールがギッシリ詰まった好盤!!
    マイケルのソロの名作「ノット.ファッキン.イット」とアルバム1枚と短命に終わったけど最高のパンク.プロジェクトだった「デモリッション23」の同名タイトルのアルバムの美味しい所を足した様なアルバムかな?なんと言っても(g)にワイルドハーツのジンジャーってのが最高に贅沢じゃん!!
    盟友サミ.ヤッファもしっかりメンバーとしてサポートしているし、ジンジャーが手を加えた曲をマイケルが歌うってのはファンとしてホント感動もんです!!ライヴ見逃したの今更ながら後悔してます(反省)

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/03/18

    早くも第二弾シングルですか!前作「ぐるぐるカーテン」も出だし好調の様だし、このままの勢いを保ってガンバッて欲しいもんです!当方、このグループでは「若月 佑美ちゃん」推しで行きたいと思ってます(カワイイし、誕生日が一緒ってとこがイイよね!)でも、こんなレヴュー書いてるとウチの相方の冷めた視線が気になる悲しい四十路男ですけど、チビと一緒に応援したいと思ってます!!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:406件中91件から105件まで表示