トップ > My ページ > hijidon さんのレビュー一覧

hijidon さんのレビュー一覧 

検索結果:62件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/11/11

    非常に完成度の高い演奏で、一つ一つの繊細なフレーズ感やそしてきちんと先の展開を見据えた構築力の高さは素晴らしいと思う。まさに名演と呼ぶべき内容であり、もっと多くのリスナーに聴いて欲しいと切に願うばかりです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/09

    これは大変すばらしい企画である。感謝を申し上げたいと思います。自分がメンデルスゾーンへの知識の薄さを改めて感じた。どの曲も目を見張る名作揃いであるとともに、これまた合唱の見事さも相まって大いに感動した。一気に聴いてしまうくらい楽しく、また感心させられる内容であったと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/09

    この録音集は、実に見事な演奏ばかりである。いささか古いと感じる音質や演奏に対するとらえかたは、時代が時代なだけに仕方がないが、それを差し引いても十分聴き応えがある出来栄え。どの演奏も良かったが、バッハへのソフトなアプローチ、ヴィヴァルディの新しい解釈の驚きが特に印象的。このセットを購入しても全く損はないと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/02

    ライブ録音であるが、高度な緊張感が心地よくなるような演奏。あまりにりも純粋な曲であるから、オケの音程や精度を高くしておかないと雑音としか思えない個所も見受けられる。演奏するには非常に難しい曲。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/22

    全体の印象としてはまずまずといったところだが、気になるのは全体的にテンポがいささか速めで、それに追いつこうと合唱が単調に聴こえてしまうのは残念である。時々、ポイントとなるパートも消えかかってハラハラしてしまった。ソロや控えめなオケもなかなか良かったのに惜しい・・・。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/19

    ウィーンフィルの美しさを引き出していることについては、当盤が筆頭に挙がるでしょう。しかし、個人の感想を言えば、溌剌さや新鮮さは少々薄いと思った。そして、カンタービレも綺麗だがどうもインパクトが欲しいところだ。大好きな曲だけに自分が前につんのめり過ぎてしまってそう思うのかも?!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/13

    これは素晴らしい演奏。全体としてはあまりクセのない聴き易い演奏となっているが、最後まで調和することに重点を置いている。もちろん、合唱もこの曲の重要なポイントであるが、発声のバランスと音程の正確さは見事である。オケに関しても過不足なく自然な流れを壊さないところは感心する。ラハバリもクセのない標準的な解釈のなかにこの曲に対する慈愛の心が満ちている。一つ残念だったのが、録音がかなり遠くてかなりボリュームを上げざるを得ない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/07/28

    非常に独創的な演奏で大変見事であった。ケネディの演奏は、確固たる解釈と自分の個性や自由さを盛り込んでいるため、非常に表情は豊かである。ライブ録音であるため、多少のキズはないわけでないが、それを吹き飛ばす威力が十分に兼ね具わっている。そして、テンシュテットの分厚く豪快にオケを鳴らしているのは、ファンとしてはとても気持ちいい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/07/17

    期待した割には何とも盛り上がらない演奏で、オーマンディらしいオケの鳴らし方は垣間見れるものの、この曲の躍動感や大地から湧き上がる興奮はあまり感じられなかった。合唱とオケのテンポが大きくずれていたり、合唱の歌い方が粗かったり、改めて購入するほどの内容ではない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/06/28

    これほど見事で魅力的で感動的なメサイアはないであろう!古楽器的な演奏も確かに素晴らしいが、この演奏は過去の名演奏を一掃する。ゆったりした演奏の何と美しいことか。強いところは何と堂々と何の迷いのない展開の安定感が、まさしく”対比”として明快に表現されていてとてもわかりやすい。細かい部分は抜きにして、ただただ感動的な名演奏である。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/06/24

    とても自然な流れが好感が持てる。歌唱についても同曲トップクラスの出来栄えで大変見事だった。ただ、曲が持っている雰囲気である 沈痛・悲観・嘆き・混沌・不安の要素は若干弱いかもしれない。そのバランスを考慮するともっと深い演奏になったはずである。しかし、演奏自体の出来栄えはとてもいいので一聴に値すると思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/06/16

    近年演奏されている形態とは全く異なり、ある意味一つ一つの旋律をたっぷり丁寧にかつ心豊かに表現していて、見事な名演奏と言って良い。最近のテクニック偏重の内容とは遠く離れた位置に鎮座している。ソリスト達も見事な歌唱であり、安定感があった。私はこういう演奏を大事に聴いていきたいと思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/06/12

    最近バッハの演奏は、すっかりコンパクト化してドラマというのはその曲の中に存在しているドラマの表現に留まっていて、いささか小さく感じてしまう演奏が多くなってしまったが、この演奏は非常にドラマティックで目の前にそびえ立つ偉大なバッハを見たようで大いに感動してしまった。確かに演奏自体の正確さが欠ける点や、抑制気味であるがオペラティックな歌唱にうんざりするリスナーもいるであろう。しかし、見事な点は演奏者全員がいかにこのセッションに完全昇華しているかで、誰にも真似の出来ない素晴らしい演奏の一つであり、最近の演奏と比較れば最右翼に位置している。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/06/10

    これは見事な第九である。堂々とした表現や展開や安定感は、聴く者を説得させられる優秀な演奏であると思う。しかし、ライブなので演奏によるキズは多少致し方がないものの、それを差っ引いても見事な演奏であった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/05/28

    非常に的確でコンパクトで完成度の高い演奏。木管や金管のマイルドさは素晴らしい。その中で、「田園」は特に秀逸な演奏であろう。ただ、ベートーヴェンはやはり厳しさというか、時には力強さのような男性的な部分はどうしても求めてしまう。いい演奏なのは認めるが、何か物足りない演奏と感じざるを得ない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:62件中1件から15件まで表示