トップ > My ページ > MR.EYES さんのレビュー一覧

MR.EYES さんのレビュー一覧 

検索結果:6件中1件から6件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/01/27

    これは実に素晴らしい!
    ショパンの2つのピアノ協奏曲は,青年時代の甘くてほろ苦い恋が思い出されて,同曲異演盤を30枚くらい持っています。
    ピアノとオケがぴったり寄り添うタイプのものから,丁々発止とまるでピアニストがオケに喧嘩を売っているような演奏まで,様々な演奏を聴いてきました。

    でもこれば別格ですね。
    オーケストレーションの部分を全てピアノ演奏に置き換え,ピアノも歴史的名器である1838年製のErardと1848年製のPleyelを使用しています。
    特に,第2番は編曲,演奏共に素晴らしいの一言です。

    ただ,第1番の方はオーケストレーション自体に難があると言われているせいか,ピアノに編曲した場合もやや物足りなさを感じます。

    第2番の方が☆5つ,第1番の方が☆4つで,トータル☆4.5としたいところですが,第2番を先に聴いてから,期待を持たせての第1番の演奏の落胆ぶりを考え併せて,☆4つの評価といたします。

    とは申せ,最近は一度聴いたらもう二度目はいいかな…という演奏が多くなってきた中で,もう一度最初から聴き直したい第2番の魅力を考えるとかなりのおススメ盤です!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 11人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/01/08

    バッハの演奏みたいに装飾音のような指使いのところもあって、久しぶりに融通無碍なベートーベンのピアノソナタ演奏を聴きました。
    はっきり言って個性派の演奏です。
    カッチリしたベートーベンを好む方には向かないかも知れません。
    しかし、私は個人的にシフのこういう演奏が大好きです。
    バッハもモーツァルトもシューベルトもシフのディスクは愛聴盤になっています。
    近年のCDのボックス価格としては高めではありますが、それだけの価値のセットだと思います。
    ただし、作品番号にこだわり過ぎたのか、盛りの悪い編集になっていることだけは不満です。
    CD1枚にソナタ4番1曲のみというのは余りにも不経済だと思います。

    11人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/10/11

    1999年に廉価版で発売されたときに購入しました。
    それまで,単品で発売されていたものが,一気に安価で手に入ったため,とても嬉しかったのを思い出します。
    中古品だと今でも3千円くらいで手に入ります。
    その商品を敢えてこの値段(通常価格(税込)¥22,777/セール価格(税込)¥16,286)で再発売することにとても疑問を感じます。
    リマスターとかSACDとかでもなさそうです。
    ミスプリかと思い問い合わせましたが,そうではないという返事でした。
    もっと多くの人に聴いてもらいたい名盤揃いなのに残念です。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/11/25

    一聴してショパンのようなベートーヴェンですが,美音とテクニックを駆使して,1番から32番まで飽きずに一気に聴くことができました。
    いま2周目を聴いています。
    ベートーヴェンのピアノソナタ全集は25年前から集め始め,発売されているものはほぼ全て購入していますが,1番から聴きはじめて32番まで一気に聴きとおせたものは数セットしかありませんでした。
    「ベートーヴェン」はかくあるべきという固定観念にとらわれ過ぎているものが多く,型にはまりすぎて途中で飽きちゃうんですよ。
    そういう意味では,この全集は飽きが来なかった。
    10代の瑞々しい感性で一気に弾き切ったって感じですね。
    ベートーヴェンのピアノソナタってこんなに聴いてて楽しかったっけ?っていう印象です。
    恐らく弾いていて彼女は楽しかったんだろうと思います。
    ただ,昔ながらのベートーヴェン像を追いかけていらっしゃる方にはお薦めできません。
    軽快で若々しいベートーヴェンが聴きたい……と感じていらっしゃる方には超おススメです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/14

    内容については,遅い演奏が好きかどうかで評価が分かれますよね。
    私は遅い演奏が好きなので,ジュリーニの演奏は大好きです。

    問題は,装丁です。
    いまどき4枚入りのプラスチックケース4個で,CD16枚を入れたドデカイ箱の商品なんてあり得ないっしょ!
    邪魔で仕方がないです。
    もともとバラで持ってるCDばかりを集めたベストものだから,てっきり薄い箱に入った商品だと思って購入してしまいました。
    実際シャイーのベストは16枚がスリップケースに入ってました。

    演奏家としても一時代前のジュリーニのデカ箱は邪魔くさく時代遅れ。
    演奏まで時代遅れのものに聞こえてしまいました。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/20

    バッハのシャコンヌのギター演奏は数多くありますが,結構力が入ったものが多く,ギター特有の優雅な雰囲気をもった演奏は余り見かけませんでした。
    正直あまり期待しないで買ったこのCDは,意外にも過去数十枚聞いたギター・シャコンヌでベストを争うものとなりました。
    年齢も増して,あまり脂ぎった演奏は食傷気味になっているせいもありますが,何も考えずにBGMとしてゆったりと聞ける演奏です。

    また,最後のトラックに収められたヘンデルのシャコンヌ。
    これはまた心にグッと来るものがあります。
    ヘンデルのシャコンヌは,バッハのシャコンヌの完全なパクリ(逆かもしれません……)ですが,それでも甘美なメロディは何度も聞きたくなる魅力を持っています。

    他の曲の演奏は平凡かも知れませんが,奇を衒うことなく,ひたむきに演奏する姿勢は大変好感が持てます。

    録音レベルがやや小さく,かなり音量を上げて聞くようですが,ノイズはほとんど気になりません。

    ギラギラした演奏に飽きた方は是非ご一聴ください。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:6件中1件から6件まで表示