トップ > My ページ > R35sT さんのレビュー一覧

R35sT さんのレビュー一覧 

検索結果:36件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/16

    まさに、ベルリン・フィルが主役のマーラー全集。買って満足のセット。一見、高価ではあるものの、ベルリン・フィルの演奏会のチケットと比べれば安いもの。しかも対象がマーラーだけに、その基本性能の高さに惚れ惚れしました。
    個人的な趣味としては、ラトルがベルリン・フィルと築き上げたブラームスやシベリウスのように、常任指揮者との練り込まれた一貫性のある全集の方が好ましいと思いますが、これから更に輝く指揮者達との貴重なポートレートとしても楽しむことが出来ました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/21

    これはもっとクラシック好きに知って欲しい本。私自身は未だにこの中で紹介されている取り組みの二ヶ所(福岡のかんまーむじーく直方と京都のカフェ・モンタージュ)にしか行けていないものの、両方共に通常のコンサートホールでは味わいようのない感動を得ることが出来ました。
    このような素晴らしい取り組みをしている主催者達にスポット・ライトを当てた著者の方々、出版社にブラボー!を贈りたい一冊です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/21

    故チック・コリア特集が読みたくて購入したが、ヴィーナス・レコードやたまたま聴いた新作がとても良かったSoilの記事等もあり、楽しく読むことが出来た一冊。いずれにせよ、チック・コリアのリーダー・アルバム一覧はとても有難かったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/21

    カルロス・クライバーの指揮する姿に魅了されている人間なら買って損はない写真集。但し、値段なりの本のサイズなので、値段をもう少し上げてもいいので、もう少し大きかったらもっと良かったのに、と個人的には思います。
    尚、中に掲載されているモーストリークラシック編集長の文章が興味深く読めたことも併せて書き留めておきます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/21

    実演を聴くことが出来なかったにも関わらず、チェリビダッケの音楽に魅了されている者にとっては、欲しくなる一冊。
    写真はEMIのCDのジャケットに採用されたカッコいいカットが収められており、満足感が高い。また読み物としても、チェリビダッケの評伝や語録が掲載されており、実に興味深い。
    ただ問題はこの価格と見合ったものと考えられるか否か。この一冊を買うか、同じお金で新しく出続けるチェリビダッケのCDを2、3枚買うか。これはその人の価値観によるので、一概には語れないが、私は買って良かったと考えている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/21

    モモで有名なミヒャエル・エンデの大人も読めるファンタジー。映画「ネバーエンディング・ストーリー」の原作でもありますが、内容はこちらの方が圧倒的に深く(風の谷のナウシカの映画と漫画の違いに近いかも?)、数年単位で定点観測的に読むと自分の心情の移り変わりや成長度合いも測れる傑作です。
    ちなみに、私の座右の銘はこの本の主題とも言うべき、「汝が欲するがままをなせ」。自分の為すことで何が起きても「反省はしても後悔はしない」と腹さえくくれれば、そこまで一生懸命考えて決断したことならば、後は内なる心の声のままにやりたいようにやればいい。「自分の人生」とはそういうもの、といった解釈をしていますが、この本は読んだ人の数だけ、得られる物があるのだと思います。何せ、本当にはてしなく広がり続けている物語なので。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/21

    今さら私が書くまでもない名演。ブラームスの交響曲2番が好きな方には是非聴いていただきたいし、それを機会にモントゥーさんの格調高い芸術にも触れていただきたい。ということで、モントゥーさん入門にはいい一枚だと思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/21

    フルネさんのラスト・コンサートを実際に聴いて感動したのは、その何とも言えない柔らかい間。それを感じることが出来る一枚であり、私にとってはかけがえのないアルバム。
    既にそのラスト・コンサートのアルバムが発売終了となってしまった今となっては、ジャン・フルネ=都響という素晴らしいコンビが存在したことを示す最良の作品の一つだと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/21

    ザンデルリングさんの色んなライブ録音が発売され、新たにご興味を持たれた方にはファースト・チョイスのオススメ作品。まずこの映像を観て、きっと驚かれることが多いはず。また、その映像作品は他にもありますが、ベルリン・フィルとのチャイコフスキーの交響曲第4番が聴けること、ブロンフマンさんとのサン=サーンスという他ではなかなか聴けない曲が楽しめること、そして、そのアンコールが実に素晴らしいこと、一夜のコンサートを丸ごと味わった気分にしてもらえる等、その実演に接し得なかった身としては、本当に有難い一枚でもあります。尚、これが気にいった方はシューマンの4番へどうぞ。引退演奏会とはまた少し違った趣きの演奏でご覧になられる価値はあると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/21

    クライバーさんのコンサート・プログラムのDVDがほとんどお取り寄せ注文、入荷日未定になっている現実に唖然としました。。。この一枚もクライバーさんの魅力を存分に味わえる素晴らしいものには違いありませんが、やはりそのモーツァルトであり、ベートーヴェンであり、ブラームスの交響曲も多くの方に視聴してほしい。あの映像作品ほど、クラシックを好きになった方にもっとのめり込んでもらいやすい作品はないと信じているので。是非ともクライバーさんの全映像作品の再販をお願いいたします。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/21

    爆演指揮者として、変な名前の売れ方をしてしまったスヴェトラーノフさんの実演を視聴出来る貴重なアルバム。確かに決めポーズの面白さとか実演映えする演奏とか色々気づく点はあると思いますが、誰かが書いていたことをそのまま鵜呑みにするのではなく、遺された映像で確かめる楽しさがここにはあると思います。またスヴェトラーノフご夫妻に対するインタビューが秀逸で、どこまでが本音なんだろう?という疑念(笑)も含め、知らなかった情報も盛り沢山。せっかく、スヴェトラーノフさんの演奏にご興味を持たれたのでしたら、是非ご覧ください。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/21

    私は30年以上前のことになりますが、NHK-FMでドラミングのライブを聴いて以来のファン。その後、ライヒさんに魅了されている音楽ファンが多いことに気づき驚いたのですが、そんな方には是非観ていただきたい一枚。どうしてこんな不思議な音楽を思いつかれたのか?から始まり、ライヒさんの人間性も垣間見ることが出来る貴重な作品ですので。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/21

    我々世代にとって、ブーレーズさんはストラヴィンスキーの演奏における神様のような方。そんな方の火の鳥全曲が視聴出来るなんて夢のような作品でした(更には、アンコールが花火!)。映像で観ることによって初めてわかることも多いので、火の鳥が好きな方には、是非ご覧いただきたい一枚です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/21

    一時代を築いたバーンスタインさんのマーラー全集。最後の全集に比べると荒々しい部分が目立つとは言え、その全身全霊を込めて指揮する姿を観れるだけで幸せなこと。しかも、この荒々しさがいい表現になっている部分や映像に魅せられ感動してしまう部分もあり、本作品の価値は高い。今時、もう聴けなくなった表現ではあるものの、だからこそ、若いマーラー好きには一度触れてほしい演奏でもあります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/21

    数多く遺されたラトル=ベルリン・フィルの作品の中でも最良の一つ。ラトルさんのブラームスがこんなオーソドックスだとは思っておらず、最初聴いた時にはびっくり!その感想はラトルさんのいい演奏を聴いたなぁでもなく、ベルリン・フィルのいい演奏を聴いたなぁですらなく、ブラームス、やっぱりいいなぁ。1番こそ、もう少し芝居っ気があっても、と思いながら聴いたものの、2番からはブラームスの世界にどんどん魅せられ、4番まで聴いて大満足。この後、大枚を叩いて(注)ラトル=ベルリン・フィルの作品を大人買いするキッカケになった作品でもあります。ちなみに、この作品ほど作曲家だけの良さを感じた演奏は今のところありません。 (注)この後、EMIからベルリン・フィル・ブランド(?)に変わって高額になり、購入するのに根性がいるようになったため。苦笑

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:36件中1件から15件まで表示