トップ > My ページ > C ビギナー さんのレビュー一覧

C ビギナー さんのレビュー一覧 

検索結果:2件中1件から2件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/07/25

    マイルスバンドの変遷をニューポート・ジャズフェスティバルでのライブ演奏で追うことのできるボックスセット。ブートレグシリーズの第4弾。
    演奏は1955、58、66、67、69、71、73、75。ではあるが、途中から時系列がぐちゃぐちゃで、聞いていて気持ち悪い。加えて音質もバラバラ、特にCD-2はもこもこ状態、演奏(第2期クィンテット)は素晴らしいだけにショックも大きく怒りさえ覚える。トニーの芸術的なシンバルレガートも音が潰されている。CD3で69、73は良いとして、そこに75を1曲(「Mtume」音悪い)のみ収録し、CD4(これは正規盤レベルの音質)で時代を逆行し1枚丸ごと71年収録となっている。1枚のCDに効率よく録音時間を分散した結果のようだ。丁寧なリマスターを施し、CDの枚数増えても時系列順に並べたら、本当に魅力あるドキュメントととしても価値の高いライブボックスになったであろう。残念。
    それではこのボックスセット、買う価値がないかと言えばそうでも無い。
    先ずは冒頭の「マイルスバンドの変遷をたどる」というのは音質と時系列を除けばそこそこ堪能できる。ドラムはジミー、トニー、ジャック、ピアノは(モンク)、エバンス、ハンコック、コリア、サックスはアダレー+コルトレーン、ショーター、69はショーター遅刻でロストクインテットの4人(なのに凄まじく攻撃的なサウンドが会場を呑み込む)。大変なメンバー変遷、マイルスバンド歴代のメンバーがどればけ凄かったのかは十分に伝わってくる。
    白眉は何と言ってもCD1−1から4だろう。デューク・エリントンのバンド紹介、ジェリー・ミリガンの簡単な曲紹介、ミリガンはそのままオールスターズ(マイルス、ズート・シムズ、ミリガン、モンク・・・)に参加。
    3曲とも超レアな演奏で、ジャズ史に残る有名な事件でもある。その瞬間が見事に記録されている。「ラウンド・アバウト・ミッドナイト」モンクが冒頭ブロックコード一発で始める。で、ここで一拍すかしてマイルスが入ってくる。すかされて?何が始まった???ってなことになる。
    そこからマイルスのワンホーンがぐいぐいとつとつ、オープンで吹きまくる。
    バックのピアノもオリジナルに近い感じではありながら、マイルスと絡みつ離れつモンク節であるが、控えめに、曲の半分はマイルスのソロ、後半はモンクのソロ、そしてドラマッチクに二人が融合して曲は終わる。かすかにドラムが聞こえるが殆ど二人の競演。60年前の録音とは思えないリアルな演奏だ。
    これが有名な55年7月17日、あの「コロンビアのプロデューサー」にマイルスが見初められた演奏だ。
    ジャズ界の異端児が、やがてジャズ界の寵児として、けた外れのセールスを楯に帝王と呼ばれるまでに成り上がる。その出発点でもある。
    しかし、このやる気のないジャケットはどうにかならないものか。いかに中身が凄くてもこれでは若者に紹介するのもはばかれる。地元土建屋の若旦那が昼休みに現場視察の来た風の「ワーキン」ジャケットといい競争である。ブックレットのステージマイク越しに見た無人の会場写真や、バックステージの録音機材(オープンリール!)を映した写真の方がよっぽど良いのに。
    最後に思う事はCD2だけでも情報量増やし高音質にして、2枚組でもいいので正規リリースしてほしい。せめて「アット・ニューポート1958」並みの音質に改善されれば、黄金のクインテットのライブが「フォア&モア」(1965)の翌年と翌々年を揃って聞ける。それほど演奏自体は素晴らしく良いのである。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/01/11

    あまりの素晴らしさに圧倒されました。作品群の素晴らしさ、商品としての素晴らしさ、そこには「この破壊的な価格にして」という絶対的な背景がベースにありますが・・・ クラッシク初心者ゆえ作品の内容は皆様のレビューにお縋りするとして、興奮のあまり、商品の素晴らしい内容についてだけでも触れたいと思います。購入したのはEU盤です。200Pのブックレットは対訳が英語・ドイツ語・フランス語の3つ、日本語はありませんが作品毎のトラックリスト、作曲者別索引、若き日のカラヤンの挿入スナップなど、それなりに楽しめます。そして鑑賞時には貴重なデータとなります。オリジナル・セッション・レポートと言うのもA4表裏5枚付いてます。このBOXの目玉はやはりオリジナルジャケットですが、それがとても貧弱なのです。ジャケット表面に光沢はありますが、紙が葉書より薄く、表と裏を背中で折って上下のり代で貼り付けたもの、従ってシングルスリーブの入り口は紙の切断面そのもの。ちょっとがっかり、でも次から次へと聞いていくうち、とても出し入れし易くCDにも傷が付きにくい事が分かり、その使い勝手の良さに段々と愛着がわいてきました。紙ジャケの最大の欠点は出し入れしにくい事ですからね。それにしてもジャケットを眺めながら鑑賞するときの至福たるやありません。やはりオリジナルジャケットは格別です。特に60sはジャケットに絵画が多く、美術館の展示作品カタログを眺めるようでとても楽しい。CDはリマスターされており音質的にも全く問題ありません。音には好みがありますが、私にはとても満足のいくものでした。
    ロックに始まりジャズを経て最近クラッシクと出会い、LP・CDと音楽を聴き続けてきて40年、これほどCPに優れ内容の充実した商品は「マイルス・デイビス/コンプリートBOX」以来ですが、カラヤンには70s、80sと同じ量のBOXセットが続くことを考えると、その偉業が際立ちます。とても心が豊かになれた約60時間でした。きっと続きのBOXにも触手が伸びることでしょう。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:2件中1件から2件まで表示