トップ > My ページ > Hanna さんのレビュー一覧

Hanna さんのレビュー一覧 

検索結果:34件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/20

    谷口崇さんの二枚目のアルバムです。
    東京事変としてもソロでも有名な椎名林檎さんとお互いデビュー前にバンドをされていたこともあってか、椎名林檎さんの記念ライブに共演されたり、アルバムに参加されている実力派シンガーソングライターの谷口さん。
    このアルバムのbecomingとRock & hammerは椎名林檎さんの記念アルバムにも入っているから聞いたことある方も多いと思います。
    アルバム収録曲のなかで圧倒的な名曲はヨランダでしょうか。ささやきかけるようなメロディーで自分のふがいなさを並べつつ壮大な愛の告白のようなとても聞きごたえある名曲です。
    私が一番好きなのは苦々しいです。うまくいかず別れを決意したカップルの胸のうちといいますか、愛しさはまだあれどいろいろな出来事で疲弊した心でもう戻れない現実に強く打ちひしがれる中選んだ別れ。「きれいごと」では済まない、けして軽く乗り越えていけるものではない、思い出すと感じる胸にぎゅーっと押し込むような感覚を歌詞とメロディーで見事に表現されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/20

    谷口崇さんのシングル曲の中で一番好きかも。
    タイトルのイナミは造語でしょうか。歌詞に出てくる光の矢を意味しているのではと想像。結婚式で曲を使わせていただきました。

    はじめの港の風景を思わせるメロディからのスタートで谷口さんのやさしいささやきのような歌声からサビには魅力的なハイトーンボイス。そしてその歌詞の実直さがまさに相乗効果をもたらして素晴らしい一曲になっています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/20

    松たか子さんは女優としてとても有名ですが、歌手としてもとても魅力的な方で、たくさんCD出されていてそのベスト盤です。
    一番好きなのは「桜の雨、いつか」で、この一曲だけでも手元にCDを持つ価値があると思います。
    歌詞から察するにこの別れは死別なのでしょうか。とても悲しいことなのにメロディの温かさはその別れた方との日々の濃さを物語っているようで、泣かせようとか感動させようとかいった上っ面の「別れの歌」になっていないところがいいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/20

    星野源さんの出演ドラマの主題歌で大ヒットして、子供たちが踊りまくっていました。
    明るくて温かくて聞いていると恋ダンスまでいかなくとも体をリズムに合わせて動かしたくなる曲です。
    ガッキーとのご結婚発表をみて久しぶりにCD出してきたのですが、やはり名曲は何度聞いてもいいですね。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/19

    かっこいい曲がもともと多い銀魂で、しっかり「アニメの主題歌感」を出しまくっているのがこの曲。パッとみダサいなって思ってしまうんだけど、何度もきくとかっこつけないことで結果かっこいいってなるところが、銀魂の魅力と同じで、何度も聞きたくなってしまって購入しました。カラオケでもよく歌うし、なんなら家だとインスト聞きながら家族も歌っている状態がよくある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/19

    家族で銀魂を見ていた時にすごく脳に残った曲で、ついつい歌詞を調べてみました。
    歌詞が、それこそかっこつけに普段使わない単語や英語を多用したりする安易なかっこよそさではなく、言葉の組み合わせで世界を幾重にも広げていく感じです。
    物悲しさとパワフルさというなかなか相容れないものを自然に体現されているようにも感じます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/19

    同世代の歌手で圧倒的な存在感を放っていた宇多田ヒカルさんの初のシングルベストだったと思います。デビュー曲の衝撃もすごかったですが、それ以上に10年以上たっても色あせない、古く感じさせないところに音楽の普遍性すら感じてしまう曲ばかりです。とくにcolorが気に入っています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/19

    鬼滅の刃の映画を子供と見に行くまで、あまり詳しくなく街で流れていても「人気のアニメの曲だ〜」というくらいだったのですが、映画で話を知ってからアニメやコミックスも読んだりしてから聞くと、すごくその世界観に入り込めて何度も聞きたくなる曲になりCDを遅くなりましたが購入しました。じっくり聞いていると、Lisaさんのボーカルの重めに声を変える部分の表現がかっこよくて、素敵だなぁとほれぼれしてしまいます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/26

    ずっと読んでいる漫画で、なんだかとうとう話をたたみだしているのかなと思う描写が増えてきています。
    これまでムッタの夢がかなったり、それと同時に進行形で起きている不測の事態など、ここに至るまでに波乱万丈続きですが、だからこそ、この巻のヒビトがすごく愛しい!
    ヒビトがロシアでも仲間に恵まれていることにすごく胸が温かくなります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/26

    超がつくほどの胸キュン連続のかわいいラブコメです。
    大学生で居酒屋アルバイトの主人公が常連さんに恋をして、なんとかお友達に!
    そっから二人のお出かけ〜などともう胸キュン場面だらけで、もうにやけ顔したまま読んでしまいます。特に主人公も常連さんもあたふたした時のかわいさが半端なく愛しいので、いろいろな人に読んでほしい作品です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/22

    たかぎなおこさんといえばエッセイ漫画のパイオニアのお一人だと思いますが、その中でも独身時代に読んだおひとり様系のエッセイや低身長あるあるエッセイが「わかるー」「私だけじゃないんだ〜」と楽しく読んでいたので、ご出産をされてからのお話に、なんだか友達の話を聞いているようにうれしく、たのしく読ませていただきました。40代でお母さんになられたとのことで、心身ともに大変な時を面白おかしくエッセイにできる才能に感動しました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/21

    いろいろなタイプの男前なキャラクターがそろっているのですが、共通するのは「意外にドジっ子」なところ。忘れ物や勘違いなどは当たり前レベルなんだけど、お互いがドジっ子のイケメンたちの会話が面白いしほっこりしてしまいます。特にカフェの人間関係の部分大好きなので、この巻もかなり面白いです。
    人間関係さえわかればそれほど話の順番とか気にならないショート的な話で読みやすいのもいいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/21

    ドラマ化もした人気漫画です。ドラマとはストーリーも一部異なりますが、全体の雰囲気はとても似ているように感じます。
    さえない主人公が30歳の誕生日から触れた人の心が読めるようになり、その流れでまさかのイケメン同僚に思いを寄せられていることに気づきます。
    pixivコミックで連載されていますが、たいてい「いい展開・大きな展開」部分はコミックス購入だけでしか読めなくなっていて、毎回そのページ見たさに購入しています。その分だけでも価値あります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/21

    子供のころ大好きだった漫画の外伝的な短編集です。当時と変わらない絵柄で新しいお話を大人になってから読めるなんてとても贅沢な夢をかなえてくださる水沢先生の才能とサービス精神に感謝しかありません。
    さすが姫ちゃんのリボンの前から現在も第一線で活躍されている水沢先生、懐かしいだけの中身でなくお話自体の面白さがあって、とても素敵です。子供も「昔連載されていて、ママ持ってたの?読みたい!」と本編を読みたがり、実家から送ってもらって本編も読み直してしまいました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/21

    子供の学校指定で購入。
    国語辞典といったら定番の金田一春彦さん、自分の子供の時にも使っていた辞書に見たお名前が30年近くたって子供の学校用で拝見するとは正直びっくりしました。
    子供のころに辞典をひいて知らない言葉の説明から知らない言葉を見つけて永遠と辞典を引き続ける遊びをしていましたが、まさに子供がそれをしていました。とても分かりやすい短文での説明書きが大人になった今みると丁寧な言葉選びのセンスに脱帽です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:34件中1件から15件まで表示