トップ > My ページ > 金さん さんのレビュー一覧

金さん さんのレビュー一覧 

検索結果:136件中16件から30件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/01/26

    元々音の良い正規録音なだけに買わずにいましたが、どうしてどうしてこんなにも素晴らしい復刻とは思いませんでした。
    奥行きや音の艶やかさ素晴らしいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/01/26

    トスカニーニの録音はたいがい残響がデッドでそれが聴きにくくて仕方なかったが、これは大変聴きやすく仕上がっている。
    トスカニーニに嫌いの人にも聴いてもらいたい一枚である。
    オマケのアイーダも嬉しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/01/24

    デッカ盤に比べて偶数楽章が格段に優れている。ただしパツァークの方がパッとしない部分があるので両方持つべきか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/01/24

    3人の指揮者が聴けて面白い。モントゥーのエルガーがよかった。
    指揮者なしのステレオはもしトスカニーニがいたらどんなにか素晴らしいだろうと思う。
    このレーベルは残響をいじってるような気がするが…。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/01/16

    トランペットがあまり上手くない。
    第2楽章のオーケストレーションの変更もやや下品に感じる。
    4楽章で落ち着いて聴ける感じである。
    宇野氏が力むわりにはどうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/01/03

    メンゲルベルクの録音ではテープ系のためか音が期待していた以上にいい。
    アンドロメダレーベルには裏切られることが多かったがこれは素晴らしい。
    第9のラストのためはメンゲルベルクならではの演奏。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/01/03

    疾風怒濤のごとく駆け抜けるよう。
    古城の終わりは無理に切らないのは好きだ。
    バーバヤーガとキエフの大門の間は間をあける、このような演奏が好きだ。
    皇帝円舞曲では楽しそうである。
    教育者としての面が強調されがちだが、演奏家としての斎藤秀雄もなかなかである。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/01/03

    まるでドイツ人指揮者のような解釈。
    流れるような演奏素晴らしい。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/12/31

    40年とかなり古い録音なのだが、それを全く感じない。
    今はこういう演奏をする指揮者はいないからかなり貴重。
    アンドロメダレーベルには裏切られっぱなしで心配したが、よかった。
    全集でこの価格は安い。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/12/30

    針音がしないのはとてもいい。
    しかしながら、1楽章の強い音でのビリつきは元のレコードのせいなのか。
    4楽章がややこもり気味に聴こえた。そのため迫力に欠ける。
    よく言えばマイルドな響きだが。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/12/29

    板起こし系では一番ではないかと思う。 デルタのように針音がしなくていい。
    1楽章のフォルテの音のビリつきは最小限という話だが、メロディアのディスクの音を聴いてしまうと気になってしまった。
    後の楽章になればなるほど、ビリつきがなくなるのでよいが。
    音質をいじってないという話だが、2楽章から音質が急に変わったように聴こえたのは元のレコードがそうなのか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/12/29

    M&A盤でずっと満足していたが、どうもこの盤を聴くとM&Aは余計な残響を付加しているように感じた。
    レビューの通り音質などをいじっていないように感じる。
    残響がない分ややデッドな響きに感じるが慣れてきたら問題ないように思えた。
    演奏は素晴らしいし、録音もフルトヴェングラーの第9ではピカ1なのでいいと思う。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/12/29

    合唱がとてもはっきり聴こえます。そのかわり低音弦楽器が弱く聴こえ残念。
    この点ではOTAKEN盤の方が上か。
    SACD再生環境にないのでSACDモードで聴いてみたい。
    演奏は素晴らしいし、録音はバイロイトよりはるかに素晴らしい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/12/28

    まだ第1番しか聴いていないが引き込まれた。
    大阪フィルの明るいサウンドがよく曲に合っていたし、巨匠晩年とはいえ統率力が素晴らしい。
    SACDの再生環境にないが、音が良くて充分楽しめる。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/12/28

    ライブ録音のせいか音質はもう少しという感じだが、7番8番は本当に素晴らしい。フルトヴェングラーのベートーヴェン全集にはこの録音を加えてもらいたいくらいだ。
    持っていて損のないボックスであると思う。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:136件中16件から30件まで表示