トップ > My ページ > KAZ さんのレビュー一覧

KAZ さんのレビュー一覧 

検索結果:17件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/16

    1969年にソロ・デビューして5作目になる本作は、1974年に発表されました。次作品からは、AORの流行に乗ってヒット街道まっしぐら。スーパースターに駆け上っていくのです。そんなスーパースターになる前の本作ですが、この後のAOR路線を予感させる作品に仕上がっています。聴く価値のある作品です。是非聴いてみて下さい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/16

    昔からGary Mooreのボーカルが苦手だったので、ずっと聴かず嫌いだった。でもなんとなく聴きたくなったので、値段の安いベスト盤を購入してみた。聴いてみて思った事は、ボーカル上手いじゃないか。ギターが上手い事は知っていたが、ボーカルがこんなに上手いとは知らなかった。ロックを聴き始めて50年程になるが、こんなに後悔したのは久し振りだ。今日からGary Mooreのファンになる事にした。なので他のアルバムも購入するとしょう。ちなみに私はGary Mooreがどんな曲を演奏してるか知りませんが、このアルバムは、2枚組の28曲入りで私が購入した金額が1300円位でした。これからGary Mooreを聴いたみようと言う方には良いベスト盤ではないでしょうか。音質もなかなか良いですよ。お勧めです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/16

    Bachman Turner Overdrive初の全米1位に輝いた1974年発表の3作目のアルバムの40周年記念盤。Disc2に当時のライブ8曲収録している。このライブを目当てに購入したが、8曲で33分の演奏時間。おまけに1曲目がいきなりランディー・バックマンのギター・ソロの部分から始まったので驚いた。でも聴き当してみると、なかなか良い演奏をしているではないか。33分の演奏時間は短いが、彼らのライブ盤は無いに等しいので、聴けるだけましだと思った。録音状態も悪くないので、気になる方は聴いてみたら。輸入盤だと国内盤の1枚物のアルバムより安いので、損した気分にはならないと思いますよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/16

    1998年からアメリカのテレビ局VH1が開催しているチャリティー・イベントのデイビス・ライブ。2001年4月10日にニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールで行われたライブをCD+DVDで発表したもの。途中バックストリート・ボーイズやメアリーJ・ブライジなどゲストを迎えてのデュエットを交えての12曲。最後の曲はスティービー・ワンダーとの共演。感動以外なしの53分です。是非観て聴いてみて下さい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/15

    STEVIE NICKSの未発表曲集ですが、ただの寄せ集め的な作品ではないです。完璧に良いアルバムに仕上がっています。お薦めの一枚です。是非聴いてみて下さい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/15

    BLONDIEのベスト盤は沢山ありますが、このベスト盤は曲数も多いいのでお薦めの一枚です。このベスト盤を聴くと、デビュー当初ニューヨークのパンク・バンドだった感じはせず、むしろ洗練されたロック・バンドの様に聞こえるのは私だけでしょうか。良い曲を沢山持っている最高のロック・バンドですね。また、このベスト盤にはDVDが付いていますが、商品説明の所に明記されている様に、PAL仕様なので一般の日本製DVDでは観れないので気を付けて下さい。内容は、口パクの演奏シーンが殆どですが、若いデボラ・ハリーが堪能出来るのでお薦めです。値段が安かったら購入してみたらいかがですか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/15

    1974〜1976年頃ラジオで結構BTOの曲が流れていた。特に人気はなく、マニアックなバンドだった。それでもけっこう良い曲があった事をこのベスト盤を聴いて思いだした。Disc2の最初で最後の来日公演。それも日本武道館公演。私も観に行きましたが、1万人入場のところ5〜6割の人しか入らず、2階席は殆ど空席でした。その為、2階席の人は1階席の空席に移動させられて、2階席には黒い大きな布をかぶせてコンサートを開催したのでした。そんな私も1階席のチケット持っていましたが、アリーナ席に移動して観る事ができました。この様な人が入らず、中止になってもおかしくない状況の中開催されたコンサートですが、このアルバムで聴ける様に最高の演奏を最後まで聞かしてくれました。ライブ・バンドの彼らのライブ盤、それも日本公演。買って損はないと思います。是非聴いてみて下さい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    デュアン・オールマン最期のライブです。オフィシャル・サイトからの発売との事でしたので、もう少し音質が良いと思っていましたが、ブートレッグの様な音質です。でもデュアン・オールマンが演奏している貴重な音源、聴けるだけでありがたいです。よくブートレッグを聴いている方は普通に聴けると思いますが、聴いた事のない方はちょっときついかもしれません。購入時はよく検討してください。ちなみに私はお薦めの一枚です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/12

    5人編成でのライブなので、多少不安に感じていましたが、全然問題なしです。いつもの通りのオールマン・ブラザース・バンドの音であり演奏です。安心して聴くことが出来ます。音質は完璧なオフィシャルの音質とはいきませんが、特にノイズなど入る事もなく安定しています。ただ、完璧を求める方は避けられた方が良いかもしれません。輸入盤だと値段がサイトによって違いますが、あまり高くない様でしたら、是非購入して聴いてみて下さい。お薦めの一枚です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/06

    1960年代のMARVIN GAYEの代表する傑作作品。デビュー後初めて全米1位のヒットとなった「I HEARD IT THROUGH THE GRAPEVINE」は、モータウンが好きな人は一度は聴いた事のあるナンバー。それ以外の曲もまるでジャケットの写真の様な力強い感じで歌いあげていま。国内盤1000円(税込1100円)廃盤になる前に聴いてみて下さい。大推薦の1枚です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/03/03

    1981年に2ndアルバムの「パイレーツ」を発表。それに伴う短期全米ツアーが1982年に行われ、8月23日のKansas City公演がラジオ収録・放送された。その収録したオーディオ・マスターからのCD化したとの事です。内容は、コンプリート収録で、低音が効いた迫力のある音質で収録されています。ただ少し気になるのが、歓声が少々小さい感じがするところと、静かなところで若干ヒスノイズがする事です。それでもRICKIEのボーカルを聴いていたら全然気にならない程度です。音質重視の方、完璧を求める方以外には、お薦めの1枚です。是非聴いてみて下さい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/25

    1998年にデビュー当初のオリジナル・メンバーのボーカリスト、ボビー・キンボールが復帰し、TOTOの10作目として制作された「マインド・フィールズ」。そのアルバム発表にともなう久々のワールドツアーの一環として、1999年4月に来日しました。その来日公演のなかから、4月24日 パシフィコ横浜公演がBSで収録され、世界中に放送されたのです。当時その放送を録画・録音したマスターから幾多のBOOTLEG CD/DVDが発売されました。今回発売されたこのCDですが、音質はあまり良くありません。当日の演奏曲は全曲収録されていますが、曲間にいくつかのカットもあります。なので、コアなファンの方以外は手を出さない方が良いかと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/24

    75年12月発売のQUEENの4枚目にあたるアルバムです。このアルバムからシングル・カットされた誰もが知っている「Bohemian Rhapsody」。当時は、毎日ラジオで流れる位の大ヒット曲でした。このアルバムのヒットにより米国での人気も上がり、前座バンドからメジャー・バンドになっていったのです。76年の3月〜4月のちょど春休みに時期に、前年に続いての再来日。チケット争奪戦で凄かった事を覚えています。武道館公演は四回だったかな。私は二回観に行きました。日本での人気は頂点まで行っていたのでしょう。QUEENのアルバムを1枚と言われれば、このアルバムを挙げる人が一番でしょう。コンセプト・アルバムであるけど、親しみやすい曲が並びとても聴きやすいと思います。まだ聴いた事のない方は、是非聴いてみて下さい。お薦めです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/24

    CDを検索していたら、たまたま在庫ありのこのCDを見つけ、懐かしさのあまり、すぐ注文しました。到着したCDをすぐ開封して聴いたところ、リマスターされているらしく、音質は大満足です。内容は、SUZI QUATROのの3枚目と4枚目のアルバムを1枚に収録したCDです。オリジナル発表年度は、75年と77年です。デビュー当初と比べると多少ポップな感じの曲が加わり、とても聴きやすい感じに仕上がっています。昔のアルバムはほぼすべて廃盤になっているので、このアルバムを大事に聴いていきます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    コモドアーズ〜ソロの曲まで BEST OF HITS のオンパレードなので、あっという間に聴き終えてしまいます。下手なベスト盤を購入するよりはこのCDの方が良いと思います。ただ、一つだけ気になったのですが、Lionel Richieの声がいつもより低く感じるのです。でも歌の上手い方なので、全然悪いと言う訳ではないので、全ての方にお薦め出来るCDです。是非聴いてみて下さい。

    *一人で歌う「We Are The World」はとても感動的です。
    この一曲の為に購入しても損はないと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:17件中1件から15件まで表示