トップ > My ページ > Hoskins さんのレビュー一覧

Hoskins さんのレビュー一覧 

検索結果:3件中1件から3件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/02/07

    祝!生誕100年。奇跡の声。

    1979年に発売されたLPレコード10枚
    による大全集とあわせて聴いてます。ポピュラーソングの中で
    1975年頃録音されたものだけありませんが、リサイタルLP5枚分
    と未発表の新音源が網羅されています。
    未来永劫、こんな歌手は現れないでしょう。
    歌にフォルテしかない。
    だけど、次の一声がどうなるか
    聴き続けたい。永久に。

    下記曲目ご参照ください。

    『マリオ・デル・モナコ/デッカ・リサイタル1952-69』

    Disc-1
    1 穏やかな夜には
      ヴェルディ 〜 「ルイザ・ミラー」
    2 やがて来る自由な日
      プッチーニ 〜 「西部の娘」
    3 ごらん下さい。私は狂人ではありません
      プッチーニ〜「マノン・レスコー」
    4 泣くなリュー
      プッチーニ〜「トゥーランドット」
    5 妙なる調和
    6 星は光りぬ
      プッチーニ〜「トスカ」
    7 ああ、父の手は
      ヴェルディー〜「マクベス」
    8 燃える心を
      ヴェルディー〜「椿姫」
      1952.8 ローマ聖チェチーリア管弦楽団

    9  ごめん下さい、皆さん方
       レオンカヴァルロ 〜 「道化師」
    10 天使のようなレオノーラ
       ヴェルディー〜「運命の力」
    11 あれかこれか
    12 風の中の羽のように
       ヴェルディー〜「リゴレット」
    13 空と海
       ポンキエルリ 〜 「ラ・ジョコンダ」
    14 主の恵みに
       アレヴィ 〜 「ユダヤの女」
       1953.7 ローマ聖チェチーリア管弦楽団
       アルベルトエレーデ

    15 五月に
       カタラーニ 〜 「ローレライ」
    16 お前の言う通りだ
       プッチーニ〜「外套」
    17 ある日、青空を眺めて
       ジョルダーノ 〜 「アンドレア・シェニエ」
    18 だれも寝てはならぬ
       プッチーニ〜「トゥーランドット」
    19 あれから六か月たった
        プッチーニ 〜 「西部の娘」
    20 冷たい手を
       プッチーニ〜「ラ・ボエーム」
       1954.1 スタジオオーケストラ
       フランコ・ギオーネ

    21 ヴィーナスの祭壇に私と共に
       ベルリーニ 〜 「ノルマ」
       1955.7 スタジオオーケストラ
       フランコ・ギオーネ

    Disc-2
    1 ドリゴのセレナード
      ドリゴ
    2禁じられた音楽
      ガスタルドン
    3 マッティナータ
      レオンカヴァルロ
    4ひどい手紙
      カロッチ
    5さらばナポリよ
      コットラウ
    6ヴェニスの朝
      チンクエ
    7 カタリ・カタリ
      カルディッロ
      1954.10 スタジオオーケストラ
       エルネストニチェリ

    8  永久に君を失えば
      ヴェルディ 〜 「仮面舞踏会」
    9  愛さずにはいられぬこの想い
       ジョルダーノ〜「フェドーラ」
    10 いとしきジュリエッタ
       サンドナイ〜「ジュリエッタとロミオ」
    11 愛の家よ、さようなら
       プッチーニ 〜 「蝶々夫人」
    12 統べたまい、裁きたもう御父よ
       マスネ 〜 「ル・シッド」
    13 お前が投げたこの花は
       ビゼー 〜 「カルメン」
    14 芝生に光る露のごとく
       ヴェルディ 〜 「エルナーニ」
    15 おお、パラダイス
       マイアベーア 〜 「アフリカの女」
    16 おお、いかにこの日を待ち望んだことか
    17 君がゾルデンに現れし時
       カタラーニ 〜 「ワリー」
    18 やがてこの世に別れを告げよう
    19 お前は昇天の翼を広げた
       ドニゼッティ 〜 「ランメルモールのルチア」
    1956.2 ロンドン新交響楽団
        アルベルトエレーデ

    20 遙かなる遠い国に(In fernem Land)
    ワーグナー 〜 「ローエングリン」
    1955.7 ローマ聖チェチーリア管弦楽団
        アルベルトエレーデ


    Disc-3
    1 永久に君愛す
     チンクエ
    2 五月の一夜
        チョッフィ
    3 オーソレミオ
       ディカプア
    4 泣かないお前
       デクルティス
    5 初恋の小舟
       マイナルディ
    6 グラナダ
    ララ 
    1958.8 スタジオオーケストラ
    エルネストニチェリ

    7  セレナータ(学生王子)
       ロンバーク
    8  禁じられた音楽
       ガスタルドン
    9  マリウ、愛の言葉を
       ビキシオ
    10 世界でただ一人君を愛す
       デクルティス
    11 トウナイト
    バーンスタイン
    12 カタリカタリ
       カルディッロ
    13  ビー・マイ・ラヴ
    ブロドツキー
    14 女性は恋とキスのために
    レハール〜「パガニーニ」
    15 カーラミーア
       トラパニ
    16 ロリータ
       ブッチペッチア
    17 チャオ・チャオ・バンビーナ
    モドゥーニョ
    18 白い鳩
    レハール 〜 「ジプシーの恋」
    1962.9マントバーニ管弦楽団
    マントバーニ


    Disc-4
    1  愛する面影
    レオンカヴァルロ 〜 「ラ・ボエーム」
    2  ありふれた話
    チレア 〜 「アルルの女」
    3  アハ!アハ!私の呼び声を
    マスカーニ 〜 「イザボー」
    4  おお、臆病な人達よ
    マスカーニ 〜 「イザボー」
    5  すみれの冠を
    ザンドナイ 〜 「フランチェスカ・ダ・リミニ」
    6  フィレンツエは花咲く木のように
    プッチーニ 〜 「ジャンニ・スキッキ」
    7  父が約束した一振りの剣
    ワーグナー 〜 「ワルキューレ」
    8  冬の嵐は過ぎ去り
    ワーグナー 〜 「ワルキューレ」
    9  わたしはジークムンントだ
    ワーグナー 〜 「ワルキューレ」
    10 はるかな国に
    ワーグナー 〜「ローエングリン」
    1964.6,7ローマ聖チェチーリア音楽院
    管弦楽団 ルチルラチプリアーノ(5)
    カルロフランチ
    11 我が喜びは満ち
    ヴェルディ 〜 「ロンバルディア人」
    12 もう一度彼女に会える
    「仮面舞踏会」
    13 シリアの焼けつくような太陽の下で
    「アロルド」
    14 さいはての流離の地から
    「二人のフォスカリ」
    15 ああ、父の手は
    「マクベス」
    16 今度の航海は無事だろうか
    「仮面舞踏会」
    17 穏やかな夜には
    「ルイザ・ミラー」
    18 俺は恥辱と逃亡の汚名をになって
    「アルツィラ」
    19 おお、私の父祖の城よ
    20 盗賊達にとりかこまれ
    「群盗」
    21 燃える心を
    「椿姫」

    1969.4 モンテカルロ国立歌劇場管弦楽団 
    ニコラレッシーニョ

    Disc-5
    1 神よ、あわれみたまえ」
      ストラデルラ
    2 ベネディクトス
      ペロージ
    3 ホスティアス・エト・プレセス・ティビ
      ペロージ
    4 この暗い墓の中に
      ベートーベン
    5 クルチフィクスス
      ロッシーニ
    6 ドミネデウス
      ロッシーニ
    7 アヴェヴェルムコルプス
      モーツアルト
    8 アニュスデイ
      ビゼー
    9 ラールゴ
      ヘンデル
    10われ、過ちたれば
      ヴェルディ(レクイエム)
    11パニスアンジェリクス
      フランク
    1965.9 ブライアンラネット
    オルガン伴奏


    12君に告げよ
      ファルボ
    13プレジコの漁師
      タリアフェルリ
    14お前のところに帰りたい
      レンディーネ
    15太陽の土地
      ダンニバーレ
    16秋
      デクルティス
    17帰れソレントへ
      デクルティス
    1960.7 スタジオオーケストラ
    エルネストニチェリ

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/29

    フィッシャーディースカウはポピュラーソングを歌わない大歌手でしたが、三番のクリスマスソングは今や名だたるテノール歌手が、オーケストラをバックに歌う有名なポピュラーソングです。まさかオリジナルの歌曲形式のディースカウの歌で聞けるとは思ってもみませんでした。何やら解説書を読むとLPレコードではディースカウの依頼で、フランス語ゆえカットされていたとか。今年惜しくも亡くなられましたが、歌の神様がクリスマスに帰ってきてくれたのですね。Haben Sie Vielen Dank!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/22

    先の投稿、本当にその通りです。いい時代になりました。同時期に発売となったニコライゲッダやティトゴッビなど1960年代の本当に凄い歌手のCDが安く手に入るのがなんだか申し訳ない思いがします。今の歌手は皆小振りですね。DFDの後、あえて探すとChristian Gerhaerが後任でしょうか?

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:3件中1件から3件まで表示