トップ > My ページ > くり さんのレビュー一覧

くり さんのレビュー一覧 

検索結果:4件中1件から4件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/01/15

    ジャッキー・マクリ―ン最高のアルバムだと思います。
    黒魔術または東洋の神秘を彷彿させるジャケットとは裏腹に、マクリ―ンの哀愁あるサックスを楽しめる1枚です。

    アルバム名の「デモンズ・ダンス」もいいが「スウィート・ラブ・オブ・マイン」も非常に良かったです。

    「泣きのアルト」・「怒りのアルト」と称されているマクリ―ンですが、このアルバムでは聴く者の胸に響く切ない演奏を楽しめます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/01/13

    オリジナル曲の「グレイヴィー・トレイン」から「国境の南」や「キャンディ」等のスタンダード曲まで、ドナルドソンの温かい人柄を彷彿できるサックスプレイを楽しめます。

    コカ・コーラのスタンド前でホットドックを食べるドナルドソン(?)の異国情緒あふれるジャケットが、このアルバムの楽しい中身を物語っており、
    晴れた暖かい日のドライブに最適な一枚だと思います。

    「JAZZって難しい」と思ってましたが、この一枚に限ってはそんな私の先入観を打ち破ってくれました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/30

    タイトル曲の「ザ・サイドワインダー」をはじめ、リー・モーガンの攻撃的でカッコイイトランペット演奏を堪能できる一枚だと思います。

    6曲目の別テイク「トーテム・ポール」は少々蛇足だと個人的には思いますが、それを考慮してもJAZZの名盤に取り上げる1枚のアルバムであると思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/10/26

    「これが約半世紀前の音楽!?凄い!!」
    このアルバムを聴き終えた時の率直な感想です。


    ふとしたきっかけで、「JAZZでも聴いてみようか・・・」と思い立ったものの、何を聴いたらいいのかさっぱり解らないまま、JAZZ関連の書籍を何冊か捲ってみると、このアルバム名とリーダーであるドラムスのアート・ブレイキーの名前をよく目にしたので購入してみました。

    特に、アルバム名でもある「モーニン」は皆さまもおそらく何処かで聴いたことのある曲だと思います。アート・ブレイキーのドラム捌きはもとより、トランペットのリー・モーガンをはじめとするサイドメンの各演奏も素晴らしいです。

    下手な文書で、上手くまとめることができませんが、私があと半世紀生き続けたとしても、このアルバムの素晴らしさは色褪せることなくずっと聴き続けていると思います。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示