トップ > My ページ > k.k さんのレビュー一覧

k.k さんのレビュー一覧 

検索結果:295件中61件から75件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/10

    カヴァティナがギターのオムニバスCDに収録されることが多くなった。映画ディアハンターのテーマ曲として有名ですが、むしろ映画音楽と云うよりギター作品として認識されている。他の収録曲もほぼギターベスト盤に掲載されている作品である。演奏者は知らなかったが、カヴァティナが収録されていたので購入しました。音色はやや地味ですね。可もなく不可もなくの印象でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/08

    ヴァント程、我が国で晩年に名声を得た指揮者はいないだろう。特に、U氏によるブルックナー賛美は凄まじいかった。まず、このベートーベン、先入観なしに聞いていてもオーソドックスなアプローチである。オケも渋い音色の北ドイツ放送交響楽団なのもベートーベンにはよく合っている。私は、ベートーベンの交響曲全集は、オーソドックスな演奏が好きで今までは、録音は古いですが、コンヴィチュニ盤を愛聴してましたが、ヴァント盤もマイ・チョイスに加えたいと思います。今回、セール品になっていたので真っ先に購入しました。お買い得でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/08

    カラヤン文庫の1枚。カラヤン唯一のベートーベン序曲集です。主要な作品は収録されています。強いて云うならレオノーレ第1,2番がない程度。輸入盤2枚組で発売されていますから、そちらで購入できます。さて、カラヤンと云えば重複録音作品が多いですが、 ベートーベンの序曲集は1960年代の録音のみです。意外な感じがしますが、演奏は堂々たるものです。取り直す必要はなかったのでしょう。ベートーベンの序曲は、時として交響曲作品(全集など)の余白に納められる事があり、1枚にまとめていただくと有難いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/08

    アンダーソンの作品でフィードラーの演奏は定番です。アンダーソンと親交のあったフィードラーですから尚更です。このアルバムは、アイルランド組曲(ライブ音源)が収録されていますし、フィードラーの十八番ジェラシーもありアンダーソンBest Hitsに相応しい内容だと思います。
    ただ、アンダーソンだけに限るとフィードラーの録音作品は少ないので、作曲家自身の指揮でMCAレーベルに録音した2枚組(ステレオ録音)か、ナクソスレーベルから多数発売されているのでそちらが良いでしょう。モノラル録音が交じってもよいのなら、レーベル名を忘れましたが4枚組で発売されていたと記憶しています。HMVの輸入BOX紹介にもあったと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/08

    フィードラーのグランド・キャニオン、パリのアメリカ人、ラプソディー・イン・ブルーは、RCAレッドシリーズのLP廉価盤で購入しました。当時、FM雑誌(週刊FM)で廉価盤で推薦する演奏に、フィードラー盤とオーマンディ盤を掲載していました。懐かしさもあって久しぶりに購入しました。フィードラーは、ライト・クラシックの指揮者のイメージが強いですが、このような本格的な作品も録音しています。新世界も録音していて、アメリカに関連する作品は外せなかったのでしょう。
    グランド・キャニオンはオーマンディ盤にも劣らない出来映え。有名な山道を行くも遊び心があり好きです。ガーシュウィンの2作品は、録音によるものか全般的に音色が硬めに聞こえる。特に打楽器(ティンバニー、小太鼓)。好みの問題かと思うが、少し気になった。それと、思わぬ収録作品がありました。アディンセルのワルソー・コンチェルトです。この作品は、今ではフィギュアスケートで有名になりましたが、私が知ったのは今から50年程前でした。60歳以上のクラシック・ファンならご存知だと思いますが、NHKFMで朝9:00〜10:40まで家庭音楽鑑賞と云う番組がありました。FM番組なのに、モノラル放送でした。当時、FMなのにモノラル放送はありましたね。その番組で偶然耳にしたのがワルソー・コンチェルトでした。演奏もフィードラーのものでした。クラシック作品と思っていましたが映画音楽だったのですね。作曲された背景が後にわかりました。ラフマニノフを思わせる作品を依頼されたのであのような美しい作品になったのですね。この作品は、個人的な思い出がありまして、音楽業界に就職する際、面接でワルソー・コンチェルトの話しをしそれが決めてになり採用された事を面接官から聞かされました。懐かしい思い出です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/08

    ハーリ・ヤーノシュを目当てに購入しました。この作品は好きなので、セル、ケルテス、テンシュテット、ドラティ、フリッチャイ、ショルティと所有しているCDは結構あります。セルの晩年に録音されたCDが私のベスト盤ですが、遊び心に乏しいのがやや不満でした。ドラティ盤は遊び心がありすぎてかえって裏目に出ていました。このフィッシャー盤はその中間かな。むしろ堂々とした演奏に思えた。金管楽器も良く鳴っていますし暖かみも感じます。セルの整然とした響きとは対照的です。ハーリ・ヤーノシュは吹奏楽でもよく取り上げられる作品なのでその効果でしょうか?
    指揮者、オケともに初めて購入しましたが、嬉しい誤算でした。セール品でしたので価格も安くお買い得でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/08

    以前、breadのベスト盤をセールCDで購入した時、収録曲が少なく収録分数も短いと書きましたが、このアメリカも同じスタンスで収録されたベスト盤でした。主なヒット曲は収録されているので良いのですが、収録分数が30分台はあまりにも短いと思いますが?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/04

    発売時は大変話題になりました。日本人指揮者がニューイヤーコンサートを振ることなど想像も出来ませんでした。このアルバムは、完全盤ですが全般的に小澤もウィーン・フィルハーモニーもニューイヤーは初顔合わせで探り探りのような演奏に聞こえる。小澤征爾もウインナーワルツをボストンや日本で取り上げていたとも思えずどこかぎこちない。そこは、百戦錬磨のウィーン・フィルだから上手くまとめてはいるけど。回を重ねると要領もわかるのだが、結局のところ小澤自身の健康問題もあり1回きりの登場で終わったのが残念です。他の方も書かれているように、小澤征爾やニューイヤーコンサートファンならコレクターズアイテムですが、演奏内容やクオリティを求めるならあえて購入する必要もないかなあと思います。雰囲気だけなら完全盤でなくても抜粋盤があります。
    小澤征爾は、得意不得意な作曲家の作品が顕著に出る指揮者だと思います。ヨハン・シュトラウスは、小澤には向いてません。評価は、甘めの3点にしました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/03

    語り尽くされた名盤。夜、お酒を飲みながら子守唄のように聞いていました。レトロっぽいジャケットも好きでした。リアルタイムで知らない若い方に聞いてもらいたいアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/01

    最近、昔の空耳アワーにはまってまして、その頃の空耳アワー貢献アーティストのCDを購入しています。このジプシー・キングスも数々の名作があります。中でも、第1回空耳アワード作品、ベン、ベン、マリアの「あんたがた、ほれみよや、車ないか、こりゃまずいよ」は傑作中の傑作で最高です。また、鬼平犯科帳のエンディングテーマも収録されていて良かったです。今回は中古CDにしましたが、状態がよければLPと違いCDは再生には何ら影響も感じられない。また、HMVさんは中古の盤質や中身の状態を掲載しているので購入の際とても参考になるので安心して購入できます。価格も安くすむので嬉しい限りです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/01

    ストラッタとロイヤル・フィルハーモニーとのアルバムは、このボサノバの他タンゴ、ボレロ、ロイド・ウェッバー、映画音楽、プレスリーなど多種多彩。今から20年以上前のリリースなのでなかなか入手は困難でした。私は、ボレロを以前購入しアレンジのゴージャスなのが気に入りストラッタのアルバムを集めてきました。ボサノバは中古CDでしたが入手できラッキーでした。参加アーティストも豪華でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/01/29

    はっきり言って、好き嫌いの別れる演奏だと思います。エルガーは、所謂お国ものと言えるイギリスのオーケストラの演奏が定評もあり好きである。特に、イギリスの作品(ディーリアス、ホルスト、ヴォーン・ウィリアムスなど)は、やはりイギリスのオーケストラの演奏は、演奏慣れしているのか安心して聞ける。ノリントンは、奇をてらった解釈をたまにするのでそれがはまれば良いが、外すと悲惨である。エルガーはまだましだが、ワーグナーはその外れである。紹介文にドイツ風に演奏するなと書いてありましたが、所詮ドイツのオーケストラにドイツ色を出すなとは無理な注文だと思うけどなあ。もう2度と再生することはないでしょう。また、ノリントンのCDは、セレクトして購入を考えます。今回はセール品で良かったが失敗であった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/01/28

    世界の恋人を目当てに購入しました。関西在住の方なら今から50年近く前の朝日放送ラジオの番組、ポップ対歌謡曲のテーマ曲でした。ネットから偶然この曲だとわかりました。公開番組で、場所は朝日放送1Fの日産ギャラリーからでした。さて、この曲は、芥川也寸志さんの作曲、大野雄二の編曲バージョンもあったのですね。思わぬ発見でした。あと、残念ながら他の収録曲は2,3曲のみしか知りませんでした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/01/28

    最近、アンセルメの録音を聞いていますが、このラヴェルはなかなか良い。録音は古いですが定評あるDECCAですから大丈夫。やはり、ロシアやフランス物に定評のあったアンセルメです安心して聞けます。クリュイタンスやミュンシュ盤と共に、マイフェイバリットアルバムになりそうです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/01/25

    デュシャーブルは、名前は知っていましたがCDを購入するのは初めてです。作品は、ショパンのエチュード全曲です。まず、作品10の1曲目を聞いてさめた出だしに感じた。良い意味では落ち着いた演奏か。この曲を聞くとだいだい曲目全体の感じがわかる。有名な別れの曲、黒鍵、革命なども感情的になることもなく淡々と進行する。ショパンのエチュードでこのような躍動感のない演奏は初めてだった。これは、好き嫌いの問題で演奏の良し悪しではない。よって、評価は可もなく不可もなくで3点としました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:295件中61件から75件まで表示