トップ > My ページ > ニックネームか? さんのレビュー一覧

ニックネームか? さんのレビュー一覧 

検索結果:28件中16件から28件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/11

    前前作、前作が整合感と緻密性に貫かれた意欲作であることに異論はない。異形と闇(延々と使い古されている)をアーティスティックに展開する戦略はポップミュージックにおける常套手段だが、彼らもうまくやってのけたのだ。自分たちのばら撒いたイメージは増殖し増幅されて「孤高のカリスマ」というありがたくもない陳腐な称号として帰って来た。これはマズイな、居心地が悪いな、軌道修正だ!とおもったかどうだかは知らないが、聞き手に中指を突き立てて、薄ら笑いをうかべているのが今作だとしたら痛快だ!前2作にあった得体の知れない何か(そう思わせるイメージ)は、同時にいまひとつ吹っ切れない、突き抜けないもどかしさでもあった。
    「もっとダイナミックでレアでライブでなければダメだ!」というのが今作製作当時のTOOLの時代認識だったのだろう。開き直ったかのようなフレッシュでハイエナジーな傑作!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/08

    一応ファンなので持ってる(LP)けど下の人と全く同意見。ジョンケイルのせいなのかバンドがこんなもんだったのか解らないが、カッタルイ。冬眠中のストゥージどもはセカンドで目覚め、サードで沸騰蒸発する。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/08

    地味だけど名作です。ルーが最後まで関わっていればローデェッドはこんな肌触りの音になったのだろうか?プロデュース失敗作とか言われる作品だが決してそんなイメージはない。日の目を見なかったのはプロモーション不足だったからだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/05

    ポップでコマーシャルでわざとらしくて素っ気なくて俗っぽい最高にクールな傑作!こりゃあカッコイイよ。コレ聞かなくてどうするの?と言いたいルーの決定盤。必聴!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/11/03

    間違いなくソロ最高作。気力充実がガンガン伝わってくるエネルギィッシュなロックンロールアルバム!ミックロンソンもイアンハンターとのコラボ史上ベストプレイを披露している。高揚感に満たされる事間違いなしの傑作です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/31

    リリース後、年を経るごとに無かった事にしてしまおう的扱いを受けているティンマシーン。でも当時、日本においては「あの切迫感のあるボウイが帰って来た!」的評価もかなり多かったのだ。確かに相変わらず「今回もダメ!」と切り捨てる意見も同じぐらいあったのも事実だが、個人的には情無用の爆裂アバンギャルドハードロック・ボウイにニヤリとしたのだ。思い入れの強いファンやしたり顔の批評家共に思い切りけたぐりをかますボウイを久々に見た気がして痛快だった。ソロ名義で36分ぐらいの長さでコレ一枚(セカンド出したのが大失敗)きりで次にぱっと行けば復活はもっと速かったはず。それが出来なかったボウイの苦闘は続く事になる。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/25

    60年台後半から70年台前半は本当に凄い作品が次々と生まれた訳だけれどこれも名作です。曲、音(録音 マスタリング)、共に豊かで美しい出来です。トテモ良いアルバムです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/23

    これも2枚ともリマスター盤です。内容は...素晴らしい。だけでいいでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/23

    2枚とも1996年リマスター盤です。5318212と5318252が入ってました。この手の製品は情報がすくないので困りますがせめてリマスターの有無ぐらいは知りたいですね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/21

    1976年から1977年にかけて製作されたraw power ,lust for lifeと並ぶ傑作。薬でボロボロだったイギーを病院に見舞ったボウイ(同じく薬中)がサポートを申し出て二人で作り上げたカムバック作であり、当時既に形骸化していたパンクロックに対する強烈なアンチテーゼである。そこにあるのは冷徹にコントロールされたサウンドと圧倒的な違和感を放つイギーのディープなボーカルの鬩ぎ合いである。決してraw powerの焼き直しなどしなかったイギーとボウイは、はるか彼方を見ていたのだろう。イギーは破天荒なパンクロッカーなどでは決してないのだ!だからこそ今なおサバイブし続けているのだ。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/21

    人が自分の事をパンクの元祖とか言うのは勝手だしリスペクトしてくれるのは悪い気はしないがそこに括られるのは迷惑だ!とかつてイギーは言っていた。パンクは1976年だけにしか存在しない。このfan houseはそれより何年も前に現れた凶暴、硬質なロック(岩石)である。イギーをパンクという文脈で語る奴は信じない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/20

    イギーのリマスター、つまらないです。これじゃーただのB級グランジだ!オリジナルミックスのかさぶたを引っ剥がしながら暴走しまくるバリバリな音はどこに行ってしまったのだろう?イギーはボトムがないのでやり直したと言っているが、ただくぐもった音になっただけだ。i need somebody のベースライン遠くに行っちゃてるし。オリジナル(ボウイmix)のリマスター切に望みます。これは偽物です。イギーのおっさん、しっかりしろ!

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/10/20

    ボウイはイギーを越えられない?イギーファンのジェラシー丸出しレビューには笑えるが、そんなことはどーでもいいイギーの最高傑作!天才ボウイのプロデュースが光る天才パフォーマーイギーによる奇跡の一枚!これぞロック。ぶっ飛びます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:28件中16件から28件まで表示