トップ > My ページ > 30ラロッカ さんのレビュー一覧

30ラロッカ さんのレビュー一覧 

検索結果:199件中136件から150件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/22

    ビートルズにおいては存在感が薄かったことは否めないジョージ。そのジョージがビートルズ解散後は一番華々しいスタート・ダッシュを見せたと思います。
    その活躍の最たるものがこのバングラデシュ・コンサート。後年のチャリティ・コンサートの先駆けでもある。
    実質の一曲めはWah-Wah。「この曲から来たか」という意外な選曲。
    当時ライブ盤がなかったビートルズにとって、ビートルズメンバーのライブは貴重でした。クラプトンよりもディランよりもジョージの生演奏が聞けるのがうれしかった。
    しかしこのライブ中で最も優れているのはボブ・ディランのところ。空気が違います。
    オリジナルのLPでは3枚組でカートンボックス入り。ブックレット付きでした。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/22

    発売当時のふれこみは「合成ビートルズ」。ばらばらではあるがジョン、ジョージ、ポールが数曲に参加しています。ザ・バンドのメンバーも参加しており当時としてはまさに絢爛豪華な顔ぶれによる作品。確かにデキはよく、よく聞いたものでした。
    ジョージの貢献が大きいのもジョージファンとしてはうれしかった。
    他のビートルズメンバーのソロにひけをとらない傑作です。よくやってくれた。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/22

    発売当時はLP3枚組で6000円。中学生の私に手が出る額ではなく、高校生になってためた小遣いでやや安かった輸入盤を買いました。
    カートンボッックス入りで折込のポスターが付いていました。ボリュームたっぷりでよい曲も多く、「ビートルズとして出して欲しかったな」「ジョージ・マーチンにプロデュースして欲しかったな」と思わせる曲もありました。
    25年後くらいにLPよりも安くなっている輸入CDを購入。
    残念ながら、ジョージはこの作品を超えるものはその後作れなかったと思います。最初にして最後の大傑作です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/22

    タイトル曲が平和を歌うものであるため、アルバム全体もそんな感じで受け取られがちですが、さまざまな曲が含まれています。
    おまけに豚と戯れる写真が付いているように、ポール(RAM)へのあてつけのアルバムともいえます。「ハウ・ドゥー・ユー・スリープ」はあてつけソングであり、ジョージがギターを弾いているので正当なあてつけという趣。「真実が欲しい」でのジョージのギターは名演といえます。
    これらの重い曲に混じって「ジェラス・ガイ」などの美しいラブソングもちりばめられている。
    「オー・ヨーコ」は好き嫌いは分かれるかもしれませんが、ハッピー・エンドで締めくくる感じで、ラストを飾るにふさわしい曲と言えます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    チックコリア率いるリターントゥーフォーエバーに似ていますな。が、ブランドXの方が英国っぽい湿気というかどんよりしたものを感じますな。
    チックコリアやスタンリークラークの手癖ワンパターンフレーズもなく、メロディ的にもきれいな感じがします。
    こういうテクニック重視の作品も私は好きです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    クリムゾンメンバーがサポートしているとはっきりわかるのは一曲目だけ。これだけでもフリップファンは買いでしょう。
    しかし、そのほかはクリムゾンファンはもとよりロックファンでも耐えられないか?素朴すぎて物足りないです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    ピンク・フロイドの雰囲気をパクッているといえばそうだが、ギルモアのギターは本物だし、フロイドの雰囲気だけでも味わい人にはお薦め。
    リック・ライトの遺作という意味でも価値があると思う。
    ステージ上の写真を見るとどこかで見たことあるギタリストが写っており、それがフィル・マンザネラとわかったときはやや意外に感じた。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    初期のマンザネラの作品は独特の雰囲気を持っています。プログレなのでしょうが、できそこないのポップロックのようでもある。演奏はしっかりしています。
    プログレファンがマンザネラの作品に飛びつくのは、プログレ総会のようなサポートメンバーの豊富さと思う。
    ロキシー、クリムゾン、マシーンに加えて、モンクマン、Sフィリップス、ゴドレー&クレームなどなど。
    なんとなく雰囲気を持っているだけでよいのです。
    Kスコープはダイアモンドヘッド、リッスン・ナウよりも地味な感じがしますが、ウェットンが歌うNumbersが不思議な魅力で好きです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    初期のマンザネラの作品は独特の雰囲気を持っています。プログレなのでしょうが、できそこないのポップロックのようでもある。演奏はしっかりしています。
    プログレファンがマンザネラの作品に飛びつくのは、プログレ総会のようなサポートメンバーの豊富さと思う。ロキシー、クリムゾン、マシーンに加えて、モンクマン、Sフィリップス、ゴドレー&クレームなどなど。
    なんとなく雰囲気を持っているだけでよいのです。
    アイランドでのギターソロ、イニシャル・スピードでのメル・コリンズのアルトサックス ソロがよい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    初期のマンザネラの作品は独特の雰囲気を持っています。プログレなのでしょうが、できそこないのポップロックのようでもある。演奏はしっかりしています。
    プログレファンがマンザネラの作品に飛びつくのは、プログレ総会のようなサポートメンバーの豊富さと思う。ロキシー、クリムゾン、マシーンに加えて、モンクマン、Sフィリップスなどなど。
    なんとなく雰囲気を持っているだけでよいのです。
    リッスン・ナウ、Kスコープよりもこのダイアモンドヘッドはよいデキと思います。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    あまりお金をかけず、未完成っぽい感じの仕上がりですが、発表当時はこれでもポールの初ソロということで大満足。
    Junk、Man We Was Lonely、Every Night、Teddy Boyなど佳曲ぞろい。じっくり作って欲しかったが、発表時期のタイミングも当時は大事だったのでしょう。
    Maybe I’m Amazedはいい曲だなと思っていましたが、後年、ライブバージョンがシングルカットされ、納得。
    現代人には物足りないかもしれませんが、1970年はこれで大満足。それくらいビートルズは偉大でした。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    選曲に不満はあるが渋くてよい。確か、Land of Freedomというテンポのいい曲もあったと思いますが。
    ピンク・フロイドっぽい曲もあります。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    この人の歌声はいいです。マイクオールドフィールドとの共演で一躍日本で有名になったのではと思います。
    楽曲も良く、ちょっと歌謡曲っぽいところが日本人には受け入れられやすい。
    もっといろんなところに顔を出して欲しかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    キワもの的なイメージが強いZappaですが、優秀なミュージシャンを従え、インスト部においてはきれいなメロディ、卓越した演奏を聴かせてくれるが、ボーカルが入ると聞き苦しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/06/21

    G Harrison参加もギター音聞き取れず。長尺物も無く、全体として軽快で聞きやすいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:199件中136件から150件まで表示