トップ > My ページ > 晴耕雨読 さんのレビュー一覧

晴耕雨読 さんのレビュー一覧 

検索結果:4件中1件から4件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/12/23

    1979年、オランダのハーグでのLIVEとあるので、
    御年62歳頃の映像だがその歌唱、パフォーマンスは素晴らしい。
    非常に廉価で入手できたことに謝意を表したい。

    Piano:Paul Smith
    Bass :Keter Betts
    Drums:Mickey Roker

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/03/26

    学生の頃にLPで聴き、カセットテープに録音してポンコツのシビックのカーステレオで聴き、
    いまだに買い直したCDや愛車のHDDで聴いている。休日前夜にこれを聴きながら
    車を走らせるだけで気分はリラックスし音楽の愉悦に魂が癒される気がする。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/12

    正直、これはジャケットだけの盤だと思いますが如何でしょうか?
    少なくとも、私は聞くに堪えず発売当時に購入後、すぐ手放しました。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/07/27

    欧州PIANO TRIOも日本のJAZZシーンで市民権を得て久しいが
    ますます様々な国からマイナーでも良質の作品が生まれ、
    それが極東の島国で紹介、愛好されるという状況は
    (玉石混交の感はあるにせよ)Simpleに健全で好ましいと
    感じている。本作もブルース臭とは無縁の流麗なPIANO MUSICで
    ありながら、現代に生きるひとの琴線をそっとハーモニクスする
    ようなSomethingが全編に通底していると思う。昨今の
    日本人女性によるPIANO JAZZが気に入る方々にはお薦め
    できよう。理知的に過ぎて、もしくは塩気と甘みの塩梅で
    好き好みは割れるかも知れないが、一聴の価値はあるので
    機会があればお試し願いたい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示