トップ > My ページ > ハリー さんのレビュー一覧

ハリー さんのレビュー一覧 

検索結果:58件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/28

    このツアーのライヴを日本で、生で観たかった!聴きたかった!!マイク・シノダの慟哭が聴こえるようなアルバムだと思った。チェスターの声が聴こえてくると涙がこみあげてくるような、胸の奥(心臓?!)がつかまれてるような不思議な感覚が起きる。切なくなる。気持ちを動かしてくれるアルバムとしては、星5つだが、聴くとまだ辛い気持ちになるので、1つ減して申し訳ない。常には聴けないけど、とても観たかったツアーのライヴ盤を出してくれたマイク始めとする、大変だったリンキンの皆さんに感謝です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/28

    発売当時、賛否両論が出たアルバムだったと記憶してるが、自分はこのアルバムを聴いて、ツアーが来日したら、久しぶりに参加しようと思った。ワンオクとの対バン・ツアーのような企画も楽しみだった。 チェスターの生の歌声を聴きたいと思わせてくれ、バンド(リンキン・パーク)もバージョンアップして、大人も楽しめそうだと、本当に本当に、ライヴを観たくさせてくれた素敵なアルバム。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/26

    再レコーディング盤として、”フィアレス(テイラーズ・バージョン)”は最高峰の1つと思われた!期待を裏切らず、オリジナルの良さを残しつつ、若さによる青臭さが抜けて、経験を積んだ包容力もあるような歌声に、このアルバムの良さが倍増したように感じた。ボーナス・トラックとして既発の曲に、当時の未発表曲6曲も追加して、別の1枚とした事で、まるで新たな1枚のアルバムのよう。改めて純粋な”フィアレス”のアルバム選曲が見事と思った。初回限定のデラックス盤は、7インチで保管に困るけど、女神的な雰囲気の美しいテイラーも良いし、コラージュのポスターも大きいので良いかも。何より、ギター・ピックが特典で、最高に嬉しかった♪

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/26

    鬼会議で複数の上弦の鬼が刀鍛冶の里へ来るタイミングに、刃こぼれした刀の件で炭治郎も里へ。恋柱の隊服の話や、超合理的かつクールな霞柱、気難しい同期との再会など、鬼との本格的な戦い前の、気になる面白エピソード満載の巻。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/24

    前巻で鬼化が加速した禰豆子の表紙だが、本編では子どものように可愛い禰豆子に戻っているも、血鬼術は磨きがかかってて良かった。 気づけば大負傷の仲間たち。炭治郎自身も決して軽くない負傷と思われるも、鬼の兄妹ゲンカの仲裁までするなんて、本当に良い人と思う。無限列車編で見せた美しい光景の無意識領域をもつ炭治郎のような人が、現代にも必要な気がする。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/24

    サブタイトルの「人間と鬼」を、表紙カバーの炭治郎とカバー下の絵が表現してるのかな? 前巻に続き、遊郭での戦いが激しさを増す中、音柱の過去や、煉獄家との その後の関わりが明らかになったり、炭治郎達の剣技や鬼としての禰豆子も成長していく巻。息をするのも忘れ、一気に読み進んでいくような感覚で、気がつけば、番外編に突入していた。伊之助が猪に育てられた割に、言葉を話せる理由がわかった巻でもある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/24

    天元様のカッコイイ表紙のカバー下の、本体の表紙はセリフ入りの、ひとコマ漫画風で楽しい♪冒頭の出発シーンは、善逸の心の声に共感! 綺麗さとバイオレンス(?)と、コミカルと怪しさが交互にリズミカルに現れ、いつの間にか話は進んでいくが、天元様から始まって戻っていくような、忍の幻惑術にかかっているかのようだ。 忍獣とかカッコ可愛いキャラがいい仕事してるけど、何となくホッとするのは、上弦の鬼と本格的に戦う始まりの巻だからか。。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/24

    無限列車編の映画で感動した煉獄さんフィーチャーの巻。カバー下の絵は、ゆかりのアノ方。映画を先に観て内容を知ってても涙する。この熱量は何だろう。心が燃えてくるような、すがすがしい生き様に清められるような、まさに煉獄の力?! 気になる映画の後の話も載っている。鬼世界の話や、煉獄父上との初対面。そして、次の任務が始まっていく巻。最後にこの巻の、煉獄さんの言葉はモチロン良いが、弱気な竈戸少年を鼓舞する猪頭少年の言葉に、尊敬する人物の大きさに圧倒され弱気になった時の対処の核心を教えてもらった気がする。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/24

    無限列車編の映画を観てから読んでも楽しめる。下弦の鬼が最初に見せた幸せな夢は、煉獄さんは2本立てだったのかな? いずれにしても立派な剣士を育てたかったようで、”兄貴!”と呼ばれる彼がとても嬉しそうだ。目覚めた後は、柱と隊士の実力差が描かれつつ、前巻のお館様のミッションたる十二鬼月を倒させる為か、隊士たちに鬼の首を切る指示を出す有能な上司(先輩?)を思わせた。炭治郎が自らの未熟さを承知して、成長していこうとする姿も好ましく思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/22

    表紙は、ヒビトとロシア側チームだが、帯の有無で絵柄を変える仕掛も面白い。何故そうなのかは、本編を読めば分かるのもイイ。最初から1/3は、前巻の続きで月にいるムッタ側。徐々に成長する(?)ブギーの喜ぶ姿が何だか可愛い。続いての2/3からはヒビト側で、ロシアでの出発準備の様子やNASA時代の懐かしい面々も登場し、来し方を一緒に振り返り、清々しさが残る。一方、人のあら探しする現実世界での対処エピソードもあり、大人の対応とは?!と、まだまだ学べる事も多い。そして、いよいよムッタのいる月で兄弟がそろう姿を…と期待しつつも、どうかご無事でと思わずにいられない巻。 特装版のミニ画集は、コミックと同サイズなのが保管しやすくて良い気がします。表紙を飾ってきた絵(自分は、雑誌の方は初見で新鮮!)なので既視感もあるが、画質が違うので、新鮮な懐かしさという感じがした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/22

    画面では分かりづらいけど、本の表紙のキラキラ加工が、とても宇宙の青さも感じられ、美しい!久しぶりに表紙の二人が大活躍で(真面目な救出作戦に終始するかと思ったが)、その合間に、サプライズも入ってきて面白かった!(特に紫さん!意外な正体も分かった☆) 本編は、困難を乗り越える為の地道な検証が続くが、リスクの最小限をめざしての果敢な挑戦の姿と、自主練習に裏づけされた確かな技術が、困難突破の大事な要素と気づかされる。肩ひじ張らずに、大事なポイントを教えてくれるのも嬉しい。ワクチン普及前の世界的パンデミックの頃に読んだからか、特に最後の寄書きに感動した!「心のノート2」欲しさに特装版にしたが、本編のみでも充分、感動した巻だった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/21

    3曲も載ってるのに、片手用なので16頁ほどで、とてもコンパクトなのが嬉しい。本格的なピアノは弾けないが、簡単めの音符なので、少し何か奏でたい時に良さそうと思った。また、歌詞も譜面に載せてくださっているので、実際にミニピアノを弾かなくても、歌の練習用にも良いかもしれない。最後のページに、3曲分の詞もきちんと載せてくださっていて、恐らく手元に長く保管していけるような楽譜で有難いです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/20

    想像してたものより厚さが薄いものだったが、一曲分だから普通なのかもしれない。弾き語りできるように譜面に歌詞も載っていたり、TAB譜の他に、コードダイアグラムもあって分かりやすい感じなのも良かった。最後の頁に、詞のみ書かれているのも、歌の世界観がイメージしやすくて良い気がする。久しぶりにギターの譜面を見て、忘れてる事の多さを実感し、いつかまた弾く時のモチベーション用に、保管にも良い厚みと思った。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/15

    隊律違反扱いで柱合裁判をうける事になった炭治郎と禰豆子。個性的な柱の面々に囲まれ、泣きっ面に蜂だ。鬼殺隊では、上司であるお館様の言葉であっても部下の柱達は各々自分の意見を言えるのに対し、鬼の組織では…と比較もできる巻。また(一読めには気づかなかったが)、柱合会議前の炭治郎の処遇を擁護した、お館様の話の途中で、前のめりした音柱に押されコケたらしい恋柱を、隣の炎柱でなく、水柱が地味に助けてあげていて、義勇さんは本当に優しいんだね~と思った。そして、お館様への炭治郎の決意を聞いて、吹き出さずに「いい心掛けだ」と思ってる炎柱もいて、それぞれの柱の個性の描き方が素晴らしいと思った。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/04

    ザ・ダークネスの名が表紙の左下に久しぶりに出てるだけで嬉しかった号。珍しくギターのダンのインタビューも良かった。特にQueenのドラマーの父親と来日公演してたルーファス君の話もチラッと出て興味深かった。パンデミックが終息したら来日ツアーを切望する。 モチロン当時、翌月に「最後の日本ツアー」予定のKISSの特集も良かった! また、ロブ・ハルフォードのインタビュー時に贈られたらしい黒いサンタ帽子姿の写真も、白い縁が髪の毛のようで一瞬、別人に見えて新鮮?! ナイト・レンジャー等のライヴ・リポートも良かったが、マイケル・モンローのポスターがin Tokyoバージョンで、スナップ写真のアルバムのように、見開きで20枚以上の大きさの異なる写真のコラージュになっている。ライヴ・シーンのみならず、街歩きもあり、ファンには嬉しいであろうと思われる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:58件中1件から15件まで表示