トップ > My ページ > シャイニー さんのレビュー一覧

シャイニー さんのレビュー一覧 

検索結果:217件中61件から75件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    アニメ最高でした!!
    そして歌も最高でした!!
    「Clover wish」はまさしくChamJamらしい楽曲で、透明感があって爽やかで、OPの絵が自然と思い出されて、気持ちが高揚します!
    「桃色片思い」は、ファイルーズあいさんの圧倒的歌唱力に、すごいの一言です。歌詞が舞菜をひたすらに愛するえりぴよの思いと合致しています。ただ、私としては、せっかくならオリジナルな楽曲を歌って欲しかったのですが…。
    そしてこのCDで何が良いって、ジャケットのイラスト!メンバーの個性がちゃんといかされていて、ファッションが一人一人「それっぽい!」のです。制作者の愛を感じます。優佳推しなのですが、イラストの優佳がまさしく優佳で、服も可愛くて似合っていて、もう…尊い。
    この作品が好きなら、迷わず買いましょう!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    素晴らしい。間違いなく日本のトップシンガー。曲によってその内容を表現するのに最適な声質、声量、感情込め方に変化し、何人もの島津亜矢が出てくる。もの真似でなく完全に自分の曲として表現されており、全ての曲でオリジナルを超えていると思う。
    曲を聞いているというより、島津亜矢の歌声に乗って自分が歌詞と曲を一緒に味わっていくという感じ。走っている車を見ている(曲を聞いている)のと車に乗っている(一緒に歌っている)のとの違いといったらいいだろうか。初めてそういう感覚を味わった。島津亜矢によって初めて、歌詞の本当の意味と曲の歌心を知った。特に「マドンナたちのララバイ」は岩崎宏美の歌唱が元気が良過ぎて、傷ついた男を優しく包み込む母性の歌というテーマが伝わってこなかったが、島津亜矢の歌唱で初めて曲が伝えたかったメッセージがわかった。演歌の世界を飛び出し、メガヒットに出会って、世界的な日本のソウルシンガーとして羽ばたいて欲しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    「Singer」が発売されたのが2010年10月。大半が演歌のカヴァー曲アルバムは続々と発売されている中、一向に続編が発売される気配がなく、やはり彼女のファンには演歌のアルバムしか売れないのかとも思っていたのだが、ようやく3年振りに、待望の続編が発売された。 

    早速聴いてみたが、いやはや、このアルバムも、本当に大絶賛に値する素晴らしい出来だった。まず、ポップスからフォーク・歌謡曲に至るまで、このアルバムのバラエティに富んだ選曲を見てほしい。あらゆるジャンル・曲調に及ぶ曲たちを、彼女は、原曲を歌う歌手に全く引けを取らないどころか、それを凌ぐような歌唱力で、見事に歌いこなしているのだ。 

    冒頭の「MY HEART WILL GO ON」では、力を溜め気味にして、ラストのサビで、圧倒的な迫力で一気に解放してみせる。続く「かもめが翔んだ日」では、パワーだけで押し切る渡辺真知子とは一味違う歌唱を聴かせている。そして、3曲目の「SWEET MEMORIES」。どこか若かりし頃の松田聖子を髣髴とさせるような艶のある甘い清純な歌声で、しっとりと情感豊かに歌ってみせている。4曲目の「シルエット・ロマンス」も、しっとりとした情感と、得意の高音を駆使したサビのコントラストが絶妙であり、これらの曲を聴いていると、彼女が、単に人並外れたパワーだけで押し切るような歌手ではないことが、実によくわかるのだ。 

    そうかと思えば、続く「ヒーロー」では、乗りの良い抜群のリズム感で、アップテンポのポップスも、見事に歌いこなしてみせている。歌っている歌手が誰かを知らないままこの歌唱を聴いて、これが演歌歌手の歌唱だと分かる人が、果たして一人でもいるだろうか。これ以上は同じ絶賛の繰り返しになるので、詳細に触れるのはもう止めておくが、「マイ・ウェイ」の歌唱は凄いの一言であり、ぜひ、自分の耳で確認してほしい。「WHEN A MAN LOVES A WOMAN」、「逢いたくていま」、「酒と泪と男と女」、「わかって下さい」、「メリー・ジェーン」も、もう貫録の名唱だ。 

    島津亜矢という歌手は、圧倒的な声量と音域に繊細な歌唱力を兼ね備え、曲によって、歌い方はもちろんのこと声質まで変えて、あらゆるジャンル・曲調の曲を自在に歌いこなして、聴く者にさまざまな島津亜矢の姿を見せられる人だ。私は、そんな彼女は、もはや現役の女性歌手の中では(いや、男性歌手も含めてもいい)、トップの位置にいる歌手だと思っている。私は、そんな彼女を、演歌という限られた枠の中で、限られたファンだけを相手に歌わせていてはいけないと思う。彼女の素晴らしい歌を、もっともっと多くの人に聴いてもらうためにも、ぜひ、第3弾、第4弾と、続編を発売していってもらいたい。実際、大半が演歌の「BS日本のうた」は、7枚も発売しているのだから。 

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    NHKの番組『ごごなま』で亜矢さんの歌声を聴いた時、なんだか涙が出ました。
    優しく力強い歌い方が、彼女の正直な生き方を思わせてくれました。

    このアルバムのお薦めは、最初の曲「Saving All My Love For You」・・・素敵です。
    「レイニーブルー」「あなたに逢いたくて」「ワインレッドの心」などです。
    彼女が歌うと、歌詞の持つ情景がリアルの広がります。
    それは、彼女がきっと歌詞を大切に咀嚼し、そこに宿る心情を理解し表現できる人
    だからだと思います。
    彼女はこれからも、どんどん伸びていく人。楽しみな人です。
    私は艶歌はご縁がないと思っていましたが、庭の松の木を剪定する時、彼女の「大器晩成」と
    「海鳴りの詩」が頭の中でクルクル回っていました。
    まいったな・・・と思いました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    亜矢さんの綺麗な歌声が心に染み入ります。
    吉田弥生さんピアノ伴奏の『難破船』
    可憐な声の『YELL』
    最後の高音が素敵な『見上げてごらん夜の星を』
    大迫力の『ジュピター』
    どの曲も素晴らしく聞き惚れています。
    亜矢中毒に陥って抜け出せません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    買って損はありません。
    とにかく歌がうまい!
    曲調毎に変わる歌声は、本当に圧巻です。
    曲のチョイスも良いし、40〜50歳代の方は
    特に心に響くと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    個人的には明治150周年に「16.時代」が絶妙です。田原坂から全国そして世界へと臨む、孤高の王道演歌歌手に魅了されっぱなしです。今回は特に、他の多くの方が注目したと思われる「11.つばさ」、1984年第8回長崎歌謡祭で顔を合わせていた2人の歌姫の物語を背景に…原曲での驚異のロングトーン部分はどうカバーされているのか。亜矢さんから美奈子さんへのリスペクト、私には2人のロングトーンハーモニーが聞こえました、聴き終えて感慨にふけました。
    残念ながらオペラシティ3年目は叶いませんでしたが、コンサート終盤でどのように歌唱されたのか来春発売されるであろうDVDを鑑賞するまで、楽しみに待ちたいと思います。
    その他、聖子さんの「03.瑠璃色の地球」、竹内さんの「06.駅」、玉置さんの「08.行かないで」、どれも歌怪獣の魂(エッセンス)が冴えわたっていてます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    singer1〜7を購入して、親子でCDを交換しながら聴いています。今回の7はこれまでと比べると割と新しい曲が多いですね。私はトータルでこのアルバムが一番好きです。特にStoryと歌うたいのバラッドとTo Love You Moreと白日は、心に染みて感動しました。70代の母は初めて聴く歌ばかりだけどいいね〜と言ってとても気に入った様子でした。カバーアルバムをきっかけに亜矢さんの演歌もたくさん聴かせて頂いています。演歌とカバーアルバムの両方を聴くと、どんなジャンルでも歌いこなせる稀有な歌手の方だなと改めて思います。買って良かったです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    とてもシンプルな歌詞ですが、主題歌ドラマの雰囲気やストーリーとぴったり合っています。
    とても暖かくなるバラードです。
    普段は照れ臭くて言葉にはなかなかできないけれど。
    「大好きだよ」「ありがとう」
    とても大切な思いを歌った歌です。
    母から子へ、子から母へ。
    夫から妻へ、妻から夫へ。
    こんな気持ちをずっと大切にできたら、幸せがずっと続いていけるのかな。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    MISIAの今回のアルバム、めっちゃ良いです! Blu-ray Disc付がおすすめです!!!
    特に「キスして抱きしめて」のJazzアレンジや歌声が最高に良くて…、心にグッときました。So CooL !!!!!!!!
    この曲のボーカルを前に出したMixも個人的にツボでした。 Blu-ray Disc製造技術の全てを投入して
    開発したという高品質CD “Blu-spec CD2” ということもあり、なかなかの良い音で楽しめました!!!
    やはり24bit192kHz程度のハイレゾ音源で聴きたくなってしまいますが…。ハイレゾ音源でのLP発売も願います!
    「つつみ込むように…」も凄い思い出のある曲で、Jazzyに生まれ変わって新たな魅力が加わっています!
    初回特典Blu-rayは、2019年9月18日 大阪 Namba Zeppにて開催された「MISIA SOUL JAZZ SWEET & TENDER」ファイナル公演がまるまる収録されていて、凄い楽しめました。 トランペッター黒田さんのMCも最高でした!!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    心の鎧、何と心に染みる歌詞だろう
    長く生き、人生を悟りきったつもりだった
    いつのまにかすべてを諦め、投げやりになったいたことに気づかず
    この人の歌は、何の変哲もなくありのままに生きることの難しさと大切さをおしえてくれる
    どこかなつかしさを感じるロックサウンドと心震わすバラード
    生きづらさを感じている全ての人に聴いて欲しい極上の音楽である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    @筒美京平の名曲を現在活躍中のシンガーが熱唱する。アーティストと選曲が大変ユニークである。トリビュートアルバムの成否はそこにある。
    A斉藤由貴の「卒業」を乃木坂46の生田絵梨花が熱唱する。さすが音大卒だけあって、正確で丁寧な歌唱である。しかも、斉藤由貴の少し抜いた歌声の味わいまで再現している。欲を言えば、サビはもう少し力強く歌っても良かったのではないか。メリハリの効いた歌唱になったはずだ。
    B少しがっかりしたのは、太田裕美の「木綿のハンカチーフ」を歌う橋本愛である。ピアノの弾き語りで語りかけるように歌うが、アップテンポで伸びやかに歌う方が良い。
    C大健闘はジュディ・オングの「魅せられて」を歌うリトル・グリー・モンスターの芹奈・かれんの歌唱である。曲の誘惑的な雰囲気を美事に醸し出している。
    D堺正章の「さらば恋人」を歌う前田亘輝の歌唱は堺正章そのものに成りきっている。
    E稲垣潤一の「ドラマティック・レイン」を歌うJUJUの歌唱も素晴らしい。女性が歌うのもよく似合う曲であることがわかった。
    Fラストはシブがき隊の「君だけに」を歌う西川貴教の歌唱である。曲の素晴らしさもさることながら、西川の歌唱は声量たっぷりで、力強く愛を歌い上げる。思わず感動して涙が出た。
    Gアルバムジャケットのイラストが面白い。筒美京平、ピアノ、レコードがたのしく描かれ、昭和歌謡・ポップスを現代に甦らせている。
    面白さ抜群の必聴アルバムである。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    ミスチルやスピッツのような邦楽の素晴らしいロック、ポップスミュージシャン達の正当な路線をゆく現代のシンガーだと思ってます。
    詞も素晴らしい。
    上手く説明できないんですが、簡単に言うと綺麗事だけじゃなくちょっとトゲというか毒があるところが好き。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    君の名は。を見て映像とRADWINPSの音楽があっていてとても美しく、どうしても欲しくなり購入しました。RADWINPSの以前のアルバムは何枚か聴いた事がありましたが、彼らにまた違った才能があったことに驚かされました。最後のなんでもないやの出だしは、どこか切なく伸びやかで包まれるよう歌声がまたラストのあの映像を蘇らせてくれます。本当映画も音楽も出会えて良かった作品です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/29

    天気の子歌曲5曲の全曲フルバージョンと愛にできることはまだあるかいの英語バージョンの計6曲のCDに、グランドエスケープ・大丈夫・愛にできることはまだあるかいのミュージックビデオDVD、RADWIMPSフォトブックの三点セットがこのBOXの中身。
    フォトブックは天気の子の登場人物は一切登場せず、RADWIMPSのグラビアや天気の子の背景の抜粋を絵ハガキのように綴じており、後半部は5曲の歌詞。ただし愛にできることはまだあるかいの英語歌詞はない。
    CDブックレットには5曲のフルバージョンに加え愛にできることはまだあるかいの英語版の歌詞もきちんと収載されている。RADWIMPSのコメントやインタビューはなく、純粋に歌詞のみのブックレット。天気の子の登場人物の印刷もない(映画の背景の抜粋が若干挿入)非常にシンプルなもの。
    DVDは、大丈夫と愛にできることはまだあるかいはRADWIMPS(野田洋次郎)の歌うシーンの動画であるが、グランドエスケープは映画のハイライトをグランドエスケープフルバージョンの5分半程度に圧縮した内容。グランドエスケープのフルバージョンの歌詞と映画のシーンを見事に融合させており、グランドエスケープは帆高と陽菜がくっつきそうでくっつけない・でも離れそうで最後に結ばれるボーイミーツガールのポエムのための曲だと改めて実感させられる。
    グランドエスケープはCDもDVDも、映画サウンドトラックよりも「音響がいい」ように聞こえる。フルバージョンの方が低音部から高音部、そして歌手やバックコーラスの歌詞まで、サウンドトラックよりも重層的にmixされている「上質な」レコーディングに聞こえてくる。映画でもサウンドトラックでも一味も二味も異なる、一度聴いたら絶対に印象に残り忘れられない曲であり、自分にとっては天気の子において愛にできることはまだあるかいよりももっと重要で大好きな曲になった。CD・DVD・フォトブックの三点セットで少々値が張るが、音質の良さと通常盤にはない愛にできることはまだあるかいの英語バージョンがあることで、天気の子の良さが改めて実感できれば納得できる内容・コレクターズアイテムだと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:217件中61件から75件まで表示