トップ > My ページ > TKOクラシック さんのレビュー一覧

TKOクラシック さんのレビュー一覧 

検索結果:248件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/02/18

    この70年代のカラヤン盤は、発売以来、愛聴しています。ペーター・シュライヤーをはじめソリスト陣もも気に入っています。フルヴェンのバイロイト盤が好きではないので、年末には、必ずこの盤を聴いています。70年代に来日したカラヤンのコンサートに行けなかったのは、一生悔やまれます。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/11/03

    10の選曲、指揮者など、まとめがいの価格なら、オペラ入門として、最適ですが、字幕に日本語がないようなので、あらすじや台詞を知っていればよいが、字幕を英語にして鑑賞するかどうかですね。と言うことで☆4です。
    とりうえず、欲しいものリストに入れておこうと思います。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/10/23

    モダン楽器の小規模のオケのもので、ベーレンライター新版のもの演奏であれば、私の好みで、ベスト盤になります。N響のヤルヴィさんも面白いですが、ヤルヴィさんの代表盤と言えそうです。ベーレンライターなので、テンポが早くて、かつての指揮者のものと比べ、どこか落ち着きがない感じですが、テンポのコントロールやうたわせどころなど、ヤルヴィさんの指揮は、はんぱではありません。楽しめます。私は4番がつぼにはまりましたが、他の番も楽しめました。現役指揮者で久々に感動した盤でした。昔、カラヤンは速すぎてだめだと言う方がいましたが、もはや、それも昔のこと、往年の指揮者のベトももう別物ですね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/10/23

    美しいジャケットに惹かれ、廉価版なのでつい購入してしまいました。
    チャイコフスキーとメンデルスゾーンのとも、良いヴァイオリンの音が聴けます。ロシア貸与のストラリバリだから、当たり前ですが。どちらかというとチャイコの方が、彼女の持ち味が出ている感じです。ロシアの人だからでしょうかね。思いっきりやっている感じです。オケはどちらも、気になるほど、良いなと思うころはありませなでした。彼女の伴奏と言う感じです。チャイコが☆4メンが☆3です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/09/18

    ボックスを開けると、黄土色の紙ジャケに作曲家の小さい肖像があり、クラシック入門という感じの箱です。選曲については、各曲のベスト盤と言うより、Bクラス(大変失礼ですが)と言う感じ、バーンスタインのマーラーやショスタコも旧盤です。そういうことで、意外とダブリ盤も少なく、楽しんでいます。私は、この箱から、お気に入りを取り出し、車の中に入れっぱなしにしております。かつての名演が1枚100円なのですから、こんな贅沢はありません。コスパもあって☆5とします。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/03/26

    魅力的な箱ですが、これを買おうとする人は、ムラヴィンの交響曲456は持ってないわけないので、プレトニョフで1〜6としてほしかったです。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 39人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/01/18

    マーラー新録音(9番が2種類、大地の歌)、シューマン、ショスタコまでとお買い得、迷録音のチャイコやモツもてんこ盛りですね。古い録音は聴いていませんが、そそられます。これも買ってしまいそうな箱です。それにしてもLP大の箱は収納に困ります。ついでですが、新しいHPになってから、見づらくて仕方ありません。以前の方が見やすくて良かったのですが、戻していただけませんかね。

    39人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/10/27

    カラヤンは「記録(レコード)を残すときは、私は正確なものを追求し残さなければならない、それは作曲者に対する義務だ」のようなことを言っていました。そこで、カラヤンはテクノロジーを駆使して、切り張り録音をしていたのだと思います。それによって、どこかお化粧や整形したような超美人的な録音がリリースされ、人工的だなど言われるのではないでしょうか。このような録音をする指揮者はあまりいませんでしたから。そもそも、演奏は会場で聴かせるもの、録音して売るなどとんでもないと考えていた人もいたのですから。カラヤンはライブと録音は別物と考えていました。皆さんがご指摘するように、あのベルリン・フィルは意外とライブではミスがありました。それはフルヴェン時代はもっと酷かったと思います。『春の』は、これがカラヤンかと思いました。ベルリン・フィルのやり放題、イケイケドンドン、俺たちのテクニックを聴けという感じで快演です。良い演奏かどうかは疑問ですが、とても面白いです。『7番』は、この時期のDGの端正でスリリングなスタジオ録音、お化粧・整形美人的な演奏を聴き慣れているせいか、雑な感じがして、今一でした。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/07/25

    ボレロ、新世界はカラヤンの録音の中でも、ベスト録音ではないかと思っています。チャイコもこの録音群を一番聴きます。この時期のカラヤンのEMI録音は、秀作が多いです。グラモフォンと比べて、マイクの設置や録音の方法が異なるのか、音質が異質な感じもしますが、カラヤンの場合、マイクが多いせいで、本来聞こえないはずの音が、妙に聞こえたりする場合があるので、聞こえすぎるのもどうかと思うときがあります。パリ管との録音群も上手くいっており、ベルリン臭さがなく、カラヤン臭さが薄まっていて良いです。一枚一枚集めたものが1800円で全部手にはいるなんて、未購入者はマストバイです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/06/13

    ベームは嫌いではないのですが、晩年のベームの録音には「うーん」と言うところがあります。チャイコなどは、どうも好きになれません。モツの40番41番も期待してLPを買ったら今ひとつだった記憶があります。私の好みかも知れませんが70年代前半までのものをやはり聴いてしまいます。若いときのベームの指揮ぶりはけっこうワイルドなアクションでしたが、最晩年は痛々しかったのを覚えています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/05/02

    やはりオペラ箱がでましたね。グラモフォン、デッカ、フィリップスとまたいだところが素晴らしいですが、『サロメ』『マイスタージンガー』はないですね。録音王のカラヤンの膨大な録音をコンプリートするのは難しいとは思います。これまでの箱のように年代別で出るかと思ったら、そうでもなく、ひょっとすると、オペラUが出るのかなと思っています。カラヤンのオペラの好き嫌いはあるにしても、オケのレベルや当時の代表的な歌手陣を見れば、歴史的な世界遺産といえます。いまさら、カラヤンの『指輪』『カルメン』を購入するのもと思いつつ、これ持っていないなと、購入を考えてしまいます。それにしても週間ランキングの上位が、カラヤン、ベームなんて、現役は何をやっているのだ、きっと、私のようなおじさんが、また大人買いしているんだろうなと思っています。セレクトされているもの内容から☆4としました。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/11/24

    クリュイタンスの名演集がこの価格で、すべて手に入る感じ。ほとんどダブリ買いませんが、未聴の方はこれを買えば、すべて揃ってしまう。羨ましいかぎりです。廉価版LP1枚価格でベト集を買えるなんて考えられない時代ですね。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/11/23

    ショルティ・シカゴ響としいう魅力あるコンビですが、ダブリがありません。何故かと考えたら、当時確かショルティのものは廉価盤は少なくキングのウィーン・フィルとのものくらいだったような、購入に手が出なかったんだと思います。記憶に残っているのは、マーラーを買うとき、クーベリックかバーンスタインかショルティで悩んでいた気がします。惑星、幻想あたりは購入してすり切れるくらい聴いていました。ショルティはこれといった特徴がないのですが、オケのコントロールがすごい。変にデフォルメしないとこが面白みはないのですが、誠実なところでしょうか。作家百田尚樹氏は音楽本も書いていましたが、書斎にショルティシモ2が置いてありました。きっと同じ世代のはず。さて、マーラーあたり目当てで買うか検討です。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 6人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/11/16

    モーツァルトとショパンは購入済みなので、そのダブリでも購入するか迷うところです。モーツァルトとショパンはお薦めですが、他は未聴もあり、どうだろうかと迷うところです。モーツァルトは現役ピアニストではベストと感じています。

    6人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2014/10/05

    名盤ぞろいの箱です。ほとんどダフリです。宣伝のビデオが格好いいじゃないですか、1枚映像ソフトをつけて、往年の指揮者の指揮ぶり、リハーサルぶりが見られたら最高なのに・・・。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:248件中1件から15件まで表示