トップ > My ページ > 座頭 さんのレビュー一覧

座頭 さんのレビュー一覧 

検索結果:92件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/20

    戦争が人間の心に残す傷がどんなものかを、ノンフィクション以上にリアルに伝える、凄みに満ちた短編集。戦場での生死を分ける運命から、戦場から帰還するタイミングによって歓迎されたり、無視されたりという微妙な問題に至るまで、体験者にしか書けないものばかり。戦争体験と向き合うという苦難を乗り越えた著者の、偉大な業績。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/20

    全裸での家事や空中浮遊の夢など、どうでもいいことを深掘りして意外な面白さに突き当たる、という展開のユニークなエッセイ集。苦情手紙のエピソードでは、兵庫育ちの村上春樹も京都人的なキャラを持ってるんだなと思ってしまった。リラックスして読めるものを求める人には、お薦めです

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/06/19

    走ることとのかかわりを語ることを通じて、村上春樹が自身の人生や創作、日々の生活の詳細などを率直に明かした貴重な書。走っているときの自分や、マラソン競技とのかかわりかたなどを振り返りながら、自身の性格分析を巧みに進めていくところが実に面白い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/05/13

    日本のロックを聴くことは少ないのだが、このアルバムがリリースされたころ、音楽雑誌で絶賛されているのを読んで購入。期待通りの中身だった。インドや、沖縄、ハワイの要素を取り入れつつ、毒の効いた風刺、明るく伸びやかな世界など、多彩な表現がどれも魅力的で、やみつきになる。あまりにも早い他界が惜しまれる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/30

    アイドルには珍しく、力強い歌声を持っていた本田美奈子。バラード系もロック系もかわいい歌も全部うまく、オリジナルアルバムが手に入らないのは惜しまれる。他の方のレビューにもある通り、ファンんは物足りない選曲だが、彼女の実力を伝える貴重なアルバムではある。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/28

    アイドル時代の明菜のかわいさ満載の名アルバム!「瑠璃色の夜へ」では陰リのある表現も聞かせ、他のアイドルとは一味ちがうキャラクターの片りんを見せています。シングルヒット以外にも、いい曲、いっぱいあったんだと、あらためて感じる一枚。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/28

    ファン以外にはなじみのない曲ばかりかもしれないが、デビュー曲「スローモーション」はもちろん、「銀河伝説」などは、なかなかの佳曲。「少女A」以降の中森明菜と比べ、声の透明感が高い気もする。聴きごたえ十分なアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/28

    87歳を迎えても衰えない歌唱力に驚く。大部分の収録曲をコンサートでも聞いたが、CDと同様、立派だった。昭和歌謡の第一人者、生きる伝説ともいえる菅原洋一の傑作アルバム。フルート、チェロ、ピアノという渋いアコースティックのバンドが共演し、味わい深く聞かせる。自身のヒット曲もカバーも素晴らしい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/26

    中森明菜自身の最高傑作アルバムにとどまらず、80年代のアイドルポップスを代表する傑作だと思います。ジャズ・フュージョン的なしゃれたアレンジのものが多く、各曲のつながり、流れも考え抜かれている。何よりも、気合に満ち満ちた明菜の歌唱がたまらない!!これほどの作品を、自身がプロデュースしたというのが、またすごい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/26

    有名な連載なのでご存じの方も多いでしょうが、男性なら爆笑必至です。今のように刺激的な画像や動画に接することができなかった昭和の若者が、エロを楽しむため、いかに涙ぐましい努力をしたのか―。数々の面白エピソードに既視感があり、読んでるうちに懐かしささえこみ上げてきます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/23

     思想史・音楽評論の片山杜秀、演奏史に詳しい山崎浩太郎が、「平成のクラシック音楽」を熱く語り合った。元号で区切ってはいるものの、話題は世界を見据える。「帝王」カラヤンの死去、古楽運動など代表的な現象をカバー。教養や権威の象徴だったクラシック音楽がサブカルチャー化し、スタンダードとは一線を画した「オレの巨匠」「オレの名盤」が出現するまでの流れは、興味が尽きない物語となっている。
     注目すべき話題の一つは「朝比奈隆のブルックナー」現象。長大な交響曲で知られる作曲家が昭和の終わりに人気を博したのには、指揮者・朝比奈の貢献が大。本書は平成に入ってからの大ブームを「信者の広がり」と捉え、東京から大勢のファンが関西公演に足を運んだ平成前期の様子を紹介。朝比奈によるブルックナー演奏の価値をいち早く説いた評論家・宇野功芳氏を「預言者」と呼ぶなど、さえわたる表現で笑いを誘うとともに、鋭く本質を突く。
     佐村河内守のゴーストライター騒動を巡る記述も興味深い。創造的な作曲が難しくなっている音楽界の状況、東日本大震災後の重いムード、佐村河内氏の天才的とも言えるプロデュース能力など、騒ぎが大きくなった背景を、新鮮な視点も交えつつ解説。クラシック音楽がサブカルチャー化した流れの総決算的な出来事と位置付ける。
     音楽ジャーナリズムの多様化についても言及される。音楽関連の書籍などを出版する「音楽之友社」が権威であった時代から、その後の批評家批判へ。ここでも、サブカルチャー化が事象を読み解く鍵となっている。
     このほか、神戸出身で戦前から1950年代初頭に活躍した名作曲家・大澤壽人(おおさわ・ひさと)の復活劇など、縦横無尽の音楽談議が続く。2氏の音楽への愛の深さが、本書を格段に面白くしている。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/22

    大切な女性の喪失は、村上春樹文学に繰り返し(欠かさず?)登場する、物語の重要な構成要素。この短編集では、他の要素をできるだけ排除して「女性の喪失」に純化させた、ユニークな試み。抑えた表現で、時にはユーモアも交え、男の悲しみを描く手腕は見事。ヘミングウェイやフィッツジェラルドの短編を思わせる、わかりにくいオチも、村上春樹の真骨頂!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/22

    「羊をめぐる冒険」も面白かったが、その続編が、これほど力強い内容で書かれたのは、本当に素晴らしい。
    トラウマからの再生、邪悪な存在、不思議な女性たちなど、村上作品にお決まりのパターンを踏まえつつ、物語は「羊〜」より大きく発展し、スリリングに展開する。重要な登場人物「五反田君」が、私の中では谷原章介のイメージと重なって仕方がない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/22

    妻の誕生日に、購入しました。とても素敵な短編で、イラストも上品です。
    村上春樹の短編は、長編とは違ったユーモラスなものが多いのが特徴ですが、この作品は長編同様、謎めいたストーリーなのが魅力的。読んだ人同士で、主人公の「願い事」は何だったのか、語り合うと楽しいですよ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/04/22

    この作品の影響で、ヤナーチェク「シンフォニエッタ」のCDがよく売れました。例によって音楽に関するうんちくがたっぷりなのに、にやりとさせられます。青豆は映画「ニキータ」のヒロインを思わせる腕利きの殺し屋で、村上春樹作品に登場する女性では、ユニークな存在。物語はほぼいつも通り、邪悪な存在との戦いですが、最後は微妙な含みを残しつつも力強いハッピエンドで痛快な読後感を得られます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:92件中1件から15件まで表示