トップ > My ページ > レインボー さんのレビュー一覧

レインボー さんのレビュー一覧 

検索結果:3788件中136件から150件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/25

    モーツァルトのピアノ協奏曲第21番とピアノ協奏曲第27番を収録したアルバム。
    演奏はハンス・スワロフスキー指揮、ウィーン国立歌劇場管弦楽団、ピアノはフリードリヒ・グルダである。
    両曲とも数多い同曲の音源の中でもインパクトの強い演奏で、特にインパクトがあるのは21番。
    オーケストラによる序奏部にグルダがアドリブでピアノを弾いており、かなり衝撃がある。
    また結構グルダの即興的な装飾音が入っていてかなり個性的。
    27番はちょっと大人しいが、これも装飾音が入って賑やかになっている。
    また美しくも力強いグルダの打弦も聴きどころ。
    伴奏指揮は名教師として著名なスワロフスキー、オケはウィーン国立歌劇場管弦楽団だが、この録音ではウィーン・フィルの母体のオケというよりフォルクスオーパーのメンバー中心のオケのようだ。
    スワロフスキーの伴奏は立派なものでしっかりサポートしている。
    録音は年代を考えてもあまり良いとは言えない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/25

    このCDはルネ・レイボヴィッツが、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を振ってリーダーズ・ダイジェストに録音したベートーヴェンの交響曲全集をチェスキーがCD化した内容である。
    この盤には第2番と第5番、レオノーレ序曲第3番を収録している。
    星の数ほどあるベートーヴェンの交響曲全集だが、レイボヴィッツの演奏は細部まで明晰で、美しい音色、キビキビとした速めのテンポと聴かせてくれる内容となっている。
    この盤では第5番の第一楽章を6分台で駆け抜けており、また普段目立たないパートを強調したり個性的な演奏となっている。
    また2番も同曲の中では名演と言って良い。
    ロイヤル・フィルもビーチャムとケンペに鍛えあげられたメンバーによるもので、荒々しさはあるが中々上手い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/25

    フレデリック・フェネルと言えば吹奏楽でお馴染みであるが、マーキュリーにはオーケストラを指揮したアルバムもある。
    これもそんな一枚で、コール・ポーターとジョージ・ガーシュインの歌曲をオーケストラで演奏したもの。
    歌はなく、オケ用にアレンジされているが、ポップス調の洒落たアレンジでなかなか面白い。
    オケは録音用の団体のようでただオーケストラとしか書いてないが、これもノリ良く、1950〜1960年代の古き良きアメリカ感満載の演奏である。
    年代の割に録音も良い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/25

    このCDはシャンドス・ムービー・シリーズの一枚で、コンスタント・ランバートと、ロード・バーナーズの作品を集めた物。
    一部の曲は世界初録音との事だ。
    ランバートはこんにちでは指揮者としての活動が知られているが作曲家としてもそこそこの作品が残されている。
    ここでは組曲形式で、商船隊員とアンナ・カレニーナが収録されている。
    指揮者ランバートはバレエ音楽の他、ロシア音楽も得意としたが、アンナ・カレニーナはロシアを舞台をした作品で、曲もロシア風のメロディが出てくる。
    バーナーズは本名を第14代バーナーズ男爵ジェラルド・ヒュー・ティアウィト=ウィルソンと言うそうで、最初は外交官として活躍し、作曲家に転身したユニークな経歴の人物。
    ランバートやウォルトンと交流があり、作品は純音楽が多数を占めるが映画音楽も手がけている。
    ここに収録された作品は晩年に書かれた物。
    両人の作品とも映画と一緒に聴けば良いのかもしれないが、音楽だけだとイマイチ記憶に残らない。
    ラモン・ガンバ指揮、BBCコンサート管弦楽団の演奏で、演奏自体は作品を知るには問題ない。
    録音は良好。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/25

    このCDはルネ・レイボヴィッツが、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を振って録音したベートーヴェンの交響曲全集より分売された物で、交響曲第6番と交響曲第8番を収録した内容である。
    この全集はベートーヴェンの書いたメトロノーム記号を出来うる限り従った最初の全集として知られている。
    演奏もレイボヴィッツらしく、細部の明晰さ、美しい音色、キビキビとしたテンポ設定とメリハリある演奏は現在でも名演と言えるだろう。
    またロイヤル・フィルも、ビーチャム、ケンペと巨匠が鍛え上げた時代の黄金期の演奏で、特に金管楽器の鳴りが良い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/25

    ハイドンの交響曲第94番と交響曲第104番を収録したアルバム。
    ナクソス活動最初期のアルバムで、ドイツのゲルミダスから音源の提供を受けていた頃のアルバムである。
    この盤ではアルフレート・ショルツ指揮、スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で収録。
    指揮のショルツと言えば買ってきた音源に自分を含む架空の演奏家の名前を付けて売り捌いたとして、悪名高いが、本業は音楽プロデューサーで、スワロフスキーに学んだとかで指揮者でもあるらしい。
    基本的にショルツ名義のアルバムは誰かの変名だが、この盤は1983年、スロヴァキア・フィルハーモニー・コンサートホールでの録音と書いてあることや、録音スタッフもゲルミダスのスタッフの名前があり、ある程度信頼できるので、ショルツ自身の演奏ではないか。
    モダン・オーケストラを使い曲の魅力を丁寧に引き出した演奏は悪くないし、スロヴァキア・フィルの弦楽群はさすが弦の国、スロヴァキアだけある。
    デジタル録音ながら冴えないのは初期ナクソスにありがちですが、まぁ十分聴けるでしょう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/25

    ウィリアム・スタインバーグ指揮、ピッツバーグ交響楽団の演奏で録音されたブラームスの交響曲全集である。
    ウィリアム・スタインバーグはこんにちでは息子ピンカスの父であるとか、誰かの伴奏をしていると言う事で知られているが、単独での録音もキャピトルなどに多数あり、これは米コマンドに録音された物。
    いずれの曲もアメリカのオケらしい明るい音色と、ドイツ的な構築感のしっかりとした正攻法のブラームス。
    音色が明るすぎるとして嫌う人もいるかもしれないが、隠れた名演としておすすめである。
    ただ、録音年代の割に音は良くない。
    また廉価価格帯のCDなので、作りも簡素だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/25

    マーキュリーに録音した、フレデリック・フェネル指揮、イーストマン・ウィンド・アンサンブルの録音は当時としては画期的な吹奏楽のオリジナル曲をたくさん取り上げていましたが、セールス面で不安があったのか、マーキュリーはマーチ・アルバムも幾つか吹き込みました。
    これもその一つで、スーザのマーチを収録したもの。
    スーザならレコード会社も安心という事なんでしょうか、でも選曲面では中々冒険しており、この辺りは指揮者の意見が入っているのかも知れません。
    演奏はメリハリが付いていますが、所々、フェネル独自のためや打楽器の挿入がありこれについて行けるかどうかが、このCDの評価を大きく決定付けます。
    個人的にはあまり好きではないかな。
    録音は年代の割には良好です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/24

    ルネ・レイボヴィッツがリーダーズダイジェストに録音した、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団とのベートーヴェン交響曲全集から、交響曲第4番と、交響曲第7番、トルコ行進曲(これのみロンドン新交響楽団)を収録したものである。
    この全集はベートーヴェンが書いたメトロノーム記号を極力再現した最初の全集として知られる。
    演奏も、細部の明晰さ、メリハリのついたテンポ、綺麗な音色と個性的で聴かせてくれます。
    ロイヤル・フィルもビーチャムとケンペの橋渡し時期の黄金期という事もあり、大変に上手く特に金管の炸裂具合は見事です。
    録音は年代のわりには良い方ではないでしょうか。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/23

    フレデリック・フェネルがマーキュリーに録音した音源でも異色なのがこのアルバム。
    アメリカ陸軍とアメリカ国軍の戦場の音楽を集めたという内容です。
    これらは手取り早く言うなら、鼓笛隊と信号ラッパ隊による軍楽曲を集めた内容。
    アメリカの軍楽隊による録音は幾つかアルバムがありましたが、このCDはイーストマン・ウィンド・アンサンブルのメンバーによる物で民間の団体では珍しいでしょう。
    最初から最後まで、数十秒から、2〜5分の曲が並び、鑑賞には不向きですが、資料としては一流です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/22

    ヤッシャ・ホーレンシュタインがVOXに残した録音の一つで、ブラームスの交響曲第3番を収録したアルバム。
    オケは、南西ドイツ・バーデン=バーデン放送交響楽団。
    同団体とは他に1番とハイドン変奏曲の録音がある。
    この3番は1番とともに充実した内容の演奏で、個人的に名演の一つだと思っている。
    併せて収録されているのが、ワーグナーのニュルンベルクのマイスタージンガーと、タンホイザーからの序曲。
    演奏はバンベルク交響楽団。
    これもなかなかのもので、普段あまり聴く機会の少ないパートがクローズアップされていたりと面白い。
    録音は年代相応。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/21

    フレデリック・フェネル指揮、イーストマン・ウィンド・アンサンブルがマーキュリーに録音した一連のアルバムの一枚。
    イタリア、ルネッサンス期に活躍したガブリエリの作品を収録したもの。
    昨今、バロック期の音楽を吹奏楽で演奏される機会は増えたがルネッサンス期の作品は珍しい。
    フェネルの演奏は意外と力が入っており、アメリカの団体らしい輝かしいブラスと繊細なサウンドが見事だ。
    曲がシンプルな作りなので、聴かせるのは難しいのではないかと思うが、この水準なら十分合格点だろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/20

    ルネ・レイボヴィッツが、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を振って、リーダーズダイジェストに録音したベートーヴェン交響曲全集。
    これはそれから第1番と第3番を収録したもの。
    このレイボヴィッツによる全集はベートーヴェンの書いたメトロノーム記号に出来うる限り従った初めての全集として知られる。
    全体的にテンポは速めだが、細部の明晰さと綺麗な音色、無駄のないメリハリのついた進行と、両曲とも聴かせてくれる。
    またロイヤル・フィルも大変に上手く、特に金管楽器に上手い奏者が揃っている。
    チェスキーによる復刻はオリジナルのウィルキンソンのキラキラした録音をしっかり伝えてくれる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/19

    クレメンス・クラウス指揮、バイエルン放送交響楽団と録音したリヒャルト・シュトラウスの歌劇『カプリッチョ』の全曲盤。
    この歌劇はシュトラウスの最後の作品であると同時に、台本をシュトラウスとクラウスが手がけたというもので、初演もクラウス自身による物。
    初演間もない時期の録音もあるが、これは最晩年の1953年に録音された物である。
    歌手には当時のスター級が揃っており、R.シュトラウスやワーグナー歌いで知られた歌手が揃っているのも特徴だ。
    オペラだから、聴きどころは歌なのだろうが、1番良いなと思ったのは、月光の音楽で、旋律の美しさはもちろんだが、オケの音色の美しさは見事である。
    年代の割に音もまずまず良い方。
    カプリッチョの録音は幾つかあるがこれは名盤の1つだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/02/18

    このCDはノルウェーのソプラノ、キルステン・フラグスタートがキューバのハバナでの南米ツアーでのライヴ録音で、ウィーンの巨匠、クレメンス・クラウスと当地のオケ、ハバナ・フィルハーモニー管弦楽団、スウェーデン出身のセット・スヴァンホルムと共演したものである。
    ベートーヴェンが一曲ある以外はワーグナーの作品ばかりで、ワーグナー歌手としても知られた両歌手に相応しい選曲です。
    ハバナ・フィルも意外というと失礼かもしれないがまずまずレベルは高い。
    しかし何分音質は悪く、基本的歌手のファンでも無ければおすすめはしないアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:3788件中136件から150件まで表示