トップ > My ページ > ラジオあたま さんのレビュー一覧

ラジオあたま さんのレビュー一覧 

検索結果:100件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/04/12

    これで終わったっていいじゃない?それくらい最高の一撃が詰まってる。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/03/11

    HOSTESSはいったいいつになったら国内盤を出してくれるのだろうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2009/02/01

    ミニマルでソウルフル!21世紀型ロックンロール!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/08/09

    今年一番のダークホース!!それはまるで『メロウゴールド』を初めて聴いたようなアノ感じ。のるかそるかはあなた次第。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/08/02

    去年のレディオヘッドに今年のベック。それにプライマルスクリームと。立て続けに新たな最高傑作とも言うべきアルバムを連発する中。オアシスのこのジャケを見てしまったら、ひょっとしたらひょっとするかもしれない。。。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/07/29

    繰り返しの日常。それでも僕らは生きていかなきゃいけない。だから2コードで痛快なほど明るい曲で、そんな僕らの毎日を照らしだす。ほんの一瞬でもそんな現実を忘れさせてくれるように。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/07/27

    当時『ミューテンションズ』に近い作品と言われていて『ミューテンションズ』を買ったばかりだった僕はこれをスルーしていた。あれから6年。ベックは『モダン・ギルト』で戻ってきた。『オディレイ』以来の最高傑作を携えて。これはベックを振り替えるいいチャンスだと思って買ったこのアルバムは、もうひとつの最高傑作だった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/07/20

    リスナーに限りなく近い野郎共が偶然にも曲が作れて、時代の空気を掴むことに優れていた。それがこのバンドの本質で、きっとロックンロールを開拓していこうなんて思っちゃいない。ロックンロールを突き詰めていったら時代の音を掴んでた。それだけだ。享楽的でドラッギーな音楽にブラックユーモアたっぷりの歌詞。それがプライマルスクリームで、今作はそんなプライマルスクリームの魅力を最も突き詰めた。最高のロックンロール・ミュージックじゃないか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/07/15

    1曲40分って意外と短いんだね。つまりこれが驚くほどポップに出来いているってことでもあるんだけど。いったい髭はこの次はどんな景色を魅せてくれるんだろうか。今から楽しみで仕方ない。傑作!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/07/15

    新たな物語を始めよう。今年最高のデビューアルバム!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/07/14

    「大人が嫌がる音楽を作りたい」いやー大嫌いだね。ピコピコいってて耳障り。最低最悪だよ!音楽の何たるかを全く分かっちゃいないね!でもそれこそがロックの本来あるべき姿じゃないか?馬鹿っぽいジャケに、馬鹿っぽい蛍光色ファッション。それに馬鹿っぽい音楽。しかしそこで歌われるのは冷静な観察力が産む自らの世代認識だ。ただストリーツやアークティックが好きなだけでは描けない。大いなる可能性がここにはある。うまくいけばストリーツやディジーラスカルでよーやくHIPHOPを手にしたこの国は、自分たちのビースティーボーイズをこのバンドで手に入れることが出来るかもしれない。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/07/08

    残念ながら90年代の『オディレイ』『OKコンピュータ』『ネヴァーマインド』に引き続き、ニルヴァーナこそいないが、00年代の代表作もこの『モダン・ギルト』に『イン・レインボウズ』それに『イズ・ディス・イット』になるのは間違いないだろう。まさか10年以上の時を経て90年代に匹敵するどころか、凌駕するような作品を作ってくれるとは思わなかった。ゼロ世代には悪いが、このベックもレディオヘッドもまだまだやる気のようだ。この時代に音楽をやろうなんて思ったことを後悔するしかないだろうな。ま、君たちは何も悪くない。だってだからこそこの男は『モダンギルト』なんてタイトルつけたんだろ?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/07/06

    アルバートがジュリアンに遠慮しなけりゃきっと『IS THIS IT』を越えるアルバムが作れるはず。そう感じさせてくれるくらいこのアルバムはいい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/07/06

    鉄板!!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2008/07/01

    今年最高傑作!!ひょっとしたらあの『IN RAINBOWS』に匹敵するアルバムになるかもしれない。。。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:100件中1件から15件まで表示