トップ > My ページ > lightnin さんのレビュー一覧

lightnin さんのレビュー一覧 

検索結果:57件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2018/10/02

    はじめて聴いたラゴスニックさんの演奏は、40年ほど前だったか?。ギターによるバッハのリュート組曲第3番でした。ライブの演奏もレコードのスタジオ録音も正確で粒のそろった美しい音色は変わりなく、妙な誇張や衒いはなく楽曲そのものを1点の曇りもなく伝えてくれるしかも美しい演奏だと思いました。その日のプログラムはバロック時代の楽曲中心でしたが、アンコール曲はヴィラ=ロボスのショーロス第1番でした。これもまた目の覚めるような素晴らしい演奏でした。このCDはいわゆるルネッサンスリュートを使用した演奏ですが、音の粒ぞろいはギターの演奏と変わりなく、ラゴスニックさんらしい感じがします。素晴らしい演奏です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/01/19

    ヨゼフ・スークとヤン・パネンカの演奏を愛聴してきましたが、こちらの演奏のほうがとても自然体で、聴きづかれせず何度でも聞ける美しい演奏だと思いました。カシュカシアンの決して出張ることのない流れるような美しい弾き方、レヴィンの歌うようなきれいな音色、ヴィオラ・ソナタというよりヴィオラ、ピアノ二重奏曲といった感じを受けます。曲も哀愁を帯びた息の長いブラームスらしいメロディーライン、魅了されています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2017/01/03

    ヴェデルニコフ演奏の24の前奏曲を聴いてスクリャービンのピアノ曲に興味を持ち、HMVの試聴を聴いてレットベリのスクリャービン遺作集がいいなと思って注文しました。しかし、2週間ほどして・・・入荷日未定・・・、キャンセルがおすすめでした。あきらめてこちらの全集を買いました。とてもいいです。特に数多くの前奏曲が気に入っています。聞き流していると。いつ始まったのか、いつ終わったのか、どのくらいの長さだったのか・・・空気感とでもいったさわやかさを感じます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2016/12/09

    ピアノの音が輝いていますね。低音から高音まで音の粒がそろっているヤマハのピアノの特徴が十分生かされていますね。とてもいいです。気負わず、奇をてらわずに自然体でおりなす音色が心にしみこんでいきます。癒してくれます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/06/23

     とうとう第3集も買ってしまいましたが、やはり星5つです。3番についてはもっとメリハリの効いた演奏をするグループもあり、そちらもいいなと思いますが、美しさではやはり私はニュージーランド四重奏楽団です。ずーっと聞いていると心がやすまる演奏です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/06/23

     第1集と同様、大変素晴らしい演奏だと思います。このグループはだれがリーダーなのかはわかりませんが、やはり第1バイオリンのエレーヌ・ポールさん(第1集に対するコメントでは名前の読み方を間違えてしまいました。すみません)の細やかな表情付けがとても心にひびく演奏になっています。リズムのある楽章のキレのよさ、緩徐楽章のつややかな響き、どちらもストレートに心に訴えてきます。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/06/23

     いわくつきの6番だけでなく、1番、4番も長調、短調に関係なく哀愁漂う美しいメロディーがちりばめられたメンデルスゾーンらしい四重奏曲集です。そして、演奏もまた非常に美しいと思います。第1バイオリンの人(ヘレン・ポールさんというのでしょうか)のきれいな音色と推進力。それを見事に支える第2バイオリン、ビオラ、チェロとの阿吽の呼吸が生み出すアンサンブル、とても気持ちのいい演奏です。魅了されてしまいました。ニュージーランド弦楽四重奏団、素晴らしいですね。さらに録音も、適度な反響が音の奥行や広がりを醸し出していてとてもいいと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2015/06/23

     愛らしいメロディー、厚いハーモニー、軽快なリズム、どれをとってもメンデルスゾーンらしさを感じることができます。6つの弦楽四重奏曲も大好きですが、この2曲もその延長線上にあります。演奏も素晴らしいと思います。録音も各楽器の音がはっきりしていていいのですが、私の再生装置のせいか、楽器が横並びという感じがします。もう少し全体の音場としての奥行や広がりが感じられればいい演奏がさらに引き立つのかなと思います。この曲のラルキブデリの演奏のCDを聴くと、チェロが低音で支えている音場でビオラとヴァイオリンがアンサンブルを演じているという感じです。どちらかというとそちらのほうが好きです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/07/31

     朝の歌が目玉でしたが,どの曲も聴いていてとても心地よい,心に残る演奏だと思いました。エルガーの叙情的な面がこめられた愛らしい小曲そしてソナタ,加藤さんの感性があふれていると思います。素晴らしいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/26

     これらの演奏は昔LPで聞いていたものです。CDで買いなおしてからは,薄い音になってしまったなーと思ったきり聴かなくなってしまいました。今回のSACDはリマスタリングし直したものということで期待して購入しました。演奏の年代からして,とびっきりの美音になるわけはありませんが,リヒテルの音の重厚感やきびきびした指さばきが蘇った感じがしました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/25

     現在62歳。カムオンからリアルタイムでヒット曲を追いかけてきたファンですからオリジナルのLPを全部買いたいところですが,予算の関係でラジオから流れてきたベストテン入りのヒット曲で我慢することにします。音質も特に気にならないので廉価版を買いましたが,ビートルズの赤版,青版とともに一生ものになると思います。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/25

     バッハの無伴奏のバイオリン曲は,30年ほど前のクレーメルのLPで聴いていましたが,怜悧な感じがする冷たい演奏でした。ところがこの加藤さんの演奏はどうでしょうか。とても温かい感じがします。ただ単に耽美的というのではありません。それぞれの曲,楽章に対してしっかりした曲想をもって取り組まれているようで,余裕のある幅の広い温かい演奏と感じました。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/25

     とてもきれいな音のアンサンブルです。ワンポイント録音のせいだけではないと思います。イタリア合奏団のメンバー一人ひとりの力量によるものと思います。別な合奏団の3枚組のCDを持っていますが,ちょっと白々しく感じる演奏でした。私の好きな曲(1番,2番,7番,10番)が抜粋された感じのCDだったので買いましたが,この合奏団の演奏はとても生き生きしています。大変気に入りました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/25

     録音の年代からして音質の問題はさておきます(悪いということではありません)。演奏は現代楽器による演奏ですが実に端整に演奏されており,指揮者の曲への深い造詣が感じられる演奏です。2番のポロネーズやバディネリーのニコレのソロの温かい感じや3番の耽美的になりすぎることのないさわやかな演奏に心が惹かれました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/25

     1970年代の演奏ですから,音質については最高とは行きませんが,皆さんのレビューにあるとおり,演奏は素晴らしいものだと思います。現代楽器による演奏のよさを全面的に生かした演奏かと思います。バウムガルトナーの小気味のいい指揮がさわやかな感じがします。中でも4番の叙情的な旋律の美しさ,5番のスークとニコレの掛け合いの温かさに心を惹かれました。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:57件中1件から15件まで表示