トップ > My ページ > hikari さんのレビュー一覧

hikari さんのレビュー一覧 

検索結果:210件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/29

    君だけを僕は愛し続ける  
    と言った感じの闇的なラブソングが多いアルバムです  
    でも引くほど病的ではなくて90年代JPOP的にメロディーも聴きやすいので意外にとっつきやすいアルバムだと思います  
    女の人の高い声で、君の他に誰もいない歪んだ王国を夢見る「僕」の歪んだ愛がつづられるのが倒錯的でいいです  
    全般的に「禁忌」のイメージが浮かぶ、夜中に1人で聴きたい1枚です  

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/26

    このアルバムはニットキャップマンですね
    アッコちゃんのカバーは日本の宝!  
    原曲をリスペクトしつつ矢野ワールドに引き込んでしまう      
    特に男性目線の曲が女性目線の曲に変わるのは楽しい  
    ニットキャップマンは僕の話がそれを天で見守る大きな存在の話になってるなーと思います  
    ちょっと出来すぎな僕とフジオさんの物語  
    ムーンライダーズも矢野さんも「そんな童話みたいな話が本当にあったらいいのに」という私たちの願望に、もしかしたらあるかもよ?という不思議なリアリティを与えてくれるのです 

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/26

    物は壊れる、人は死ぬ  
    って歌詞を初めて聴いてから今まで折に触れて思い出します  
    物は壊れるし人は死ぬのだという諦念が必要な時が人生にはある   
    そういう訳  
    ムーンライダーズ基準で売れ線を狙ったアルバムなので曲はポップで聴きやすく歌詞はひねくれてて面白い  
    ぜひ聴いてみて  

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/26

    これで、いいのだー  
    という究極の肯定アルバム  
    釣りに行こうも「君」はうそばかりつくけど、いいんだ  
    離れていても、いいんだ愛する事はできるから  
    そんな風にすべてを受け入れて肯定していくという今聴いたほうが響きそうなアルバムです  
    そう、これで、いいのだ! 

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/24

    90年代の矢野顕子さんはJPOP的に聴いてもOKなとっつきやすさがあって好きです
      
    愛があれば問答は人生で折に触れて思い出したい鮮やかさ  
    よろこびとかなしみへの対応方法の力強さ、正解です!  
    夢のヒヨコは歌詞を読んでからの方が、これがこうなるんだという感動があると思います  
    すばらしき日々は本当に矢野さんのカバーはすごい  
    元曲を知ってる方が感動が深いのではないでしょうか  
    聴く前と聴いた後で人生の豊かさが変わるような1枚です 

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/23

    このアルバムはやっぱSHENANDOAHだな  
    矢野さんのカバーは本当に素晴らしい  
    歌っているのは離れていく側なんだけど、大河のような包容力に満ち溢れている
     
    泣きたくなるような名曲になっています    
    CHILDREN IN THE SUMMERのきらきらした子供時代とか湖のふもととのこんな人生を送ってみたいきもちとか  
    浮世離れした時間が流れる1枚 
      
      

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/23

    このアルバムはふりむけばカエルかな  
    歌詞は糸井重里さんなんですね  
      
    カエルに言われちゃしょうがない  
    カエルに言われちゃ笑っちゃう  

    というのが人生に必要なことだなーと  
    しょうがないし、笑っちゃったほうがいい  
    とりあえず今はカエルのせいにして  
    そういうことが必要な時ってあるよね  

    あとは自転車でおいでもいいな  
    ぼくとは一体誰なのか  
    いっしょうけんめいでかわいい  
    あとは矢野さんのカバーはいつもすてき  
    そんな感じで気楽に聴きたい1枚です 

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/22

    「東京は夜の7時」のインパクトは今も色あせない  
    YMOがバックで山下達郎吉田美奈子がコーラスと言う豪華な布陣  
    東京は夜の7時でリオデジャネイロは朝の12時と各国との時差を歌い  

    聴こえるよ 見えるよ 行ったこともないとこだけど    
    会った事もない人達 手をのばしてご覧 届いた!    

    という歌詞って今の方が響くんじゃないかと思います    
    よくこんな歌詞思いついたなという「行け柳田」も、今だとむしろ昭和風味がレトロ趣味っぽくオシャレですね      
    今聴いた方が楽しい1枚です    
    ぜひ!  

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/22

    あの時代にしか作れなかったタイムレスな傑作アルバム  
    電話線が好きです  
    90年代になって高校生で初めて聴いたときは衝撃でしたね  
    これが時代を超える名曲なんだなと  
    歌詞も当時よりも今の方が納得できる内容だと思います  
    細い声をのせた電話線は夢中で空をかけていく  
    今や世界中に細い声が広がっている 

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/21

    男もつらいけど 女もつらいのよ  
    友達になれたらいいのに  
    って今の時代に一番必要な言葉じゃないでしょうか  
    音楽的にはYMOとがっぷり4つに組んでテクノサウンドと矢野ワールドが合体した傑作ですが、心に残るうたが多いです  

    いい人の上にも 悪い人の上にも  
    静かに夜は来る みんなの上に来る    

    聖書の言葉をベースにした歌詞ですけど、
    「悪い人の上にも」同じように夜が来ると  
     
    人生で自分が悪い人だと思った時に、この歌を思い出して少し救われます  

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/21

    音楽的にはまだジョンがいる時代なので、それを懐かしみながら見るのがいいと思います  
    ぎこちないというか、ていねいに演奏してる感じで私は割と好きです  
    それとは別に、このヴェガスライブの顛末を描いたミニドキュメンタリーみたいな映像がついているのですが、割と衝撃的なので見た方がいいです  
    私はびっくりしました    
    そんなことがありうるなんてアメリカってすごいね  
    (注:ザ・フーのメンバーとは全く無関係な案件ですのでそれはご安心を)

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/21

    ザフーの歴史を今の視点で振り返る1作  
    デラックスエディションはここだけの話が多くて楽しいのでお値段以上でした! 
           
    ロジャーとピートがきゃっきゃと仲良かったりU2のエッジが珍しく色々語ってたりで盛沢山で買ってよかったです  
    映画に関しては、キッズアーオールライトがファンからみたザフーだとしたらこちらはバンド側から見た内情と言った感じです   
    キースムーンの奇行やジョンエントウィッスルの借金など、メンバーの暗黒面も淡々と語っていきます  
    君たちは変人メンバーもエンターテイメントとして楽しんできたんだろうけど、こっちは大変だったんだよ的な…    
    ザフーというのは愚痴っぽくて流されやすい常識人のピートが、常に前向きなロジャーにひきずられて文句を言いながらも結局ここまでやってきてしまったみたいなバンドなんだなと思いました  
    死んで伝説になるのもいいですが、やっぱり生きてこそなのです    
    他人が何を言ってもね    
    この映画を見てそういうことを思いました 

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/21

    U2のアメリカと音楽放浪記  
    U2と一緒にアメリカの音楽探究を追体験していきましょう  
    当時アメリカでは結構反感も買ったそうなのですが、今日本でこの作品を見るとまだ若かった彼らが試行錯誤してる過程をこうやって記録してもらえてよかったなと思います  
    きゃっきゃと音楽と格闘する彼らが愛おしい感じ  
    音楽部分は結構ぶつ切りでいいところで終わってしまったりするのでサントラCDは必須アイテムです  

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/21

    90年代に小沢健二さんが推して再評価された時に聴きました  
    ディレクターが細野晴臣でバッキングにも参加しています    
    ジョニ・ミッチェルの影響というのは判るのですが、良くも悪くもコピーしきれなかったところにオリジナリティが  
    すべてがみずみずしい  
    ちょっと金子みすずを思わせるような歌詞をとつとつと歌うのがとても胸に来るのです  
    こんな埋もれた名曲が確かに当時存在していたことを知らずにすますのはもったいない!  
    再評価当時も予備知識なしで聴いた人達が飛びついたのは伊達じゃないです

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2021/07/20

    グッドタイムミュージックは日本の音楽史に残る名曲    
    小田和正さんが好きなのも納得の、オフコース的?なハーモニーサウンドなのです      
    悩み多き者よとグッドタイムミュージックの2曲で元が取れるので安心して買って下さい!  
    悩み多き者よは人生で折に触れて歌ってしまう名曲です  
    フレーズが重なっていくのが本当に流れていく人生を思わせます    
    聴かないのは人生の損!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:210件中1件から15件まで表示