トップ > My ページ > 人嫌い さんのレビュー一覧

人嫌い さんのレビュー一覧 

検索結果:54件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/08/26

    興奮するなあ。新たな発見が多くて、全く別の作品を聴いているみたい。若き日のアルゲリッチを聴いたときを思い出す。4枚で2500円!これはお徳。いい時代になったもんだ。どれも必聴盤だと思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/07/05

    巨人と九番聴くだけでも価値ありますよ。
    CD出始めの頃、分売を大枚叩いて買ったことを思えば、いい時代になったもんだ。
    DSDマスタリングの効果も絶大。
    いつ買うの?今でしょ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/06/26

    1枚70円弱!気に入らないディスクは花瓶敷きやカラス避けにしても納得の価格(笑)。入門用はもとより、マジ聴き用にも充分使えるものもある。先のレビュアーがディスクNo.26のベト5の演奏がイマイチと書いておられるが、第1楽章のデュミニエンド処理やチェロバスの伴奏部のクローズアップ処理など、ユニークに感じた私は面白く聴けた。録音もフツウに良いし、何か文句ある?って感じかな。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/05/16

    期待はずれ。録音レベルが低くモコモコしていてストレスを感じる。演奏もダルくイマイチ。安かろう悪かろうっていう感じの一枚でした。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2013/04/20

    20番のカデンツァを聴くだけでも価値のある逸品。
    リヒテルやケンプ、ヨッフムが激賞するのも当然。
    これを聴かずに20番は語れまい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/15

    何だろ?心に残らない?練られていない、軽く合わせましたって感じ。超薄味。ガベッタはエルガー盤とは全く違う。どちらも彼女なんだな。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/12/15

    ジャケット写真だけでなく、演奏も色気のあるというか、なんともエロティックなショパンである。冒頭のワルツからして、濡れそぼった湿り気のある音色が魅力的。ハマると戻れなくなる妖しい不健康さがたまらない。こういうショパンも良い。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 4人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/09/04

    ボレロ!数多あるの同曲異演の中で、カラヤン/ベルリンフィルのこの録音が最高。
    魔法のようなピチカート、クライマックスの弦楽の総奏の強調!
    カラヤンには他の指揮者に見えない音譜が見える、なんてことを、ある評論家が書いていたけど、正にこの演奏はそれ!
    ぜひともご一聴されたし。

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/08/14

    ティンパニがテンッテンッと鳴っていて好きです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2012/06/13

    カラヤンとベルリンフィルの美の追求の到達点。酔いしれます。巧い!ゴージャス!エレガント!これでいいのだ!

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/09/03

    メランコリックなロシア的な暗くて重い演奏とは対極の、軽く弾き飛ばすかの如くスイスイ進む。
    今風のラフ2か。
    個人的には、冒頭から個性的なランランの演奏の方が全然好き。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/16

    隠れた名盤。時には情熱的に、時には叙情的に、甘く切なく、気持ち良いくらいに歌い上げる荒庸子のチェロが良い。他の二人も、類い稀な美音で惜しみ無く歌い上げる積極的な「攻め」の演奏。勿論、エスプリの効いたアレンジがあるからだろう。たかが映画音楽、小品と侮るなかれ。とにかく一聴をお薦めしたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/10

    トリスタンとイゾルデにおける官能美たるや筆舌に尽くしがたい。カラヤンとベルリンフィルの美の追求の到達点とも言えるか。素晴らしい録音が華を添え、美音の洪水に酔える。無論、他の曲も他の追随を許さない名演。美しすぎる。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/06

    我が国で最も歌の上手い女性歌手は?との質問に、山本潤子さんだと答えるリスナーは私だけではないでしょう。スカイレストラン、海を見ていた午後、土曜の夜は羽田に来るの・・・、絶品です。霧雨で見えない、ひときれの恋・・・素晴らしい。ラストナンバーのリトル・メイ・シックも洒落ていてキュート。このアルバムには良質の音楽がいっぱい。♪忘れようと思うほど、忘れられるはずもない(ひときれの恋)粋だなぁー。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2011/07/04

    一曲目のフランクの曲が何とも素晴らしい。心に沁みる名曲。センスの良い選曲、随所に歌心を感じさせる演奏。録音も良く、フランス音楽を楽しめる良質のアルバム。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:54件中1件から15件まで表示