トップ > My ページ > カニさん さんのレビュー一覧

カニさん さんのレビュー一覧 

検索結果:122件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/22

    是非とも、買うべきだ。フルトヴェングラーのファンならとくに!聴いて
    ビックリ。「最初は、完全に、今迄、聞いていた「1944年10月フルトベングラー指揮・ベルリン・フィルのブルックナー:交響曲第9番」と別ものと思った。」ところが、現在までに販売された「フルトベングラー指揮・ベルリン・フィル1949年10月のブルックナー:交響曲第9番」と同じものだ。今迄の録音は、音が
    モノーラル録音らしいデットな響きの重厚な演奏のものだった。ちょうど、「ムラビンスキー指揮レニングラード・フィルのブルックナー:交響曲第9番」を、先取りした感じだった。ところが、新発売されたこのCDを、聴くと今迄に無い優美な、そして、「原典版」らしい簡潔な表現に驚かされる。フルトヴェングラーが、「ブルックナー:交響曲第9番」を、この様に演奏するとは、驚きだ。しかも、一部で、「ライブ録音」と言われていた。しかし、ライナーノーツによると、ナチス肝いりのラジオ放送用の録音で、フルトヴェングラーは、「ベートーヴェン・ザール」で10数日がかりで、「イヤイヤ」録音したという。それでも、この「ブルックナー:交響曲第9番」は、認識を改めさせる素晴らしい録音であります。そして、音も聴き易くなっている。是非とも、買って聴くべきだ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/11

    クーベリック指揮のドボルザークの交響曲第9番「新世界より」の中で、1番いいものだ。特に、「新世界(アメリカ)」と「旧世界(ヨーロッパ)」を意識して対照的に演奏で感じさせている。このバイエルン放送響との演奏は、その比較が明瞭で聞きやすい。クーベリック指揮の他の盤も聞いているが、クーベリック指揮のチェコ・フィルに復帰作を別にして、1番いい。このCDを私は、今、所在不明にしてしまった。そのために、余計に人に勧める自信作と思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/07

    このDVDに、収録されているドキュメンタリーは、NHKでかって放送されたものと、同じものです。大変勉強になりました。それに対して、「1993年 初演100年記念コンサート・ライブ」は、やや、消化不良になると思います。チェコ・フィルが、初演100年を意識して、従来の演奏形態で無くオーソドックスなオーケストラ配置で演奏しています。そのために、チェコ・フィルらしい音が失われた演奏です。きっと、指揮者のノイマンも100年前のアメリカのオーケストラの演奏会の音を再現しようと考えたらしく、非常にオーソドックスな演奏です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/06/06

     1954年晩年のフルトベングラー指揮のルガーノ・コンサートのフルで聴ける貴重な1枚です。既に、市販されているベートーベンの交響曲第6番「田園」のCDとしての音質には、多少の良し悪しがあるが、演奏後の拍手まであり、文句無し。モーツァルトのピアノ協奏曲第20番とリヒャルト・シュトラウスの「ティル...」は、文句無し。名演。楽しめます。是非とも、皆さんも、聴いて欲しい。しかし、1953年の演奏と比べると、1954年と言う晩年の演奏は、随分と違うなと改めて思います。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/22

    お勧めです。特に、「ベートーヴェンの三重協奏曲」は、極めて模範てきです。これぞ、「バロック音楽」と言えるでしょう。ベートーヴェンの作品だからといって、特別な演奏を目指して多くの演奏が失敗している。有名なカラヤンの名盤ですら、リマスター版で編集や加工がばれています。そういう意味で、原点の「バロック音楽」として、適格に演奏した作品です。きっと「ベートーヴェン」も満足すると思います。「ブラームスのヴァイオリン協奏曲」と比べて、「バロック音楽」と「ロマン派音楽」の違いを知ってほしい。そういう意味で、入門書的なアルバムです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/15

    是非とも、聴いて欲しい。「フィンガルの洞窟(1830年版)」は、別の曲のように新鮮でした。交響曲第4番「イタリア」(1834年版)は、若きメンデルスゾーンの姿が表れる新しい感動がある。逆に、交響曲第3番「スコットランド」(1942年版)は、メンデルスゾーンの初稿の形が解る珍しい作品です。ハッキリ言って、交響曲第3番「スコットランド」は、メンデルスゾーンの改訂出版された現行版の方が、スッキリして完成された作品です。でも、最初は、こうだったと解る面白さがありました。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/06

    今聞くと、朝比奈隆らしいスローテンポで重厚な演奏で、朝比奈隆のファン以外に通じない1枚と思うが、買って損しないものです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/05/02

    前回のマーラー交響曲第8番「千人の交響曲」が、大変、良かったので期待してました。今回も節度ある演奏が各ソロ演奏部分で大変素晴らしい。しかしながら、全体を通して見ると、かえってマイナスの感じる。曲の感動に繋がらない。そういう意味で、残念な気がする。実演では、どうだろうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/30

    マニア向き。ば大江馨のヴァイオリン演奏には、文句無し。しかしながら、伴奏の上岡敏之指揮の新日本フィルは、ドボルザークのヴァイオリン協奏曲に慣れていないらしく音が揃わないなどの多く欠点が散見出来る。ハッキリ言って、ドボルザークのヴァイオリン協奏曲の出だしからコケている。後々盛り返すが、この曲の魅力を十分に引き出すまでに至っていない。大変、残念です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/26

     これは、名盤。是非とも、買うべきだ。デ・ヴィートとフルトベングラー指揮のヴァイオリン協奏曲の評価を、一変させるだろう。フルトベングラー指揮にしては、オーケストラの伴奏が弱いと言う一般論が間違っていたことがよくわかる。フルトベングラーの指揮は、ソリストのデ・ヴィートの演奏に合わせてわざと音を控えている。フルトヴェングラー的に重厚な音を想像するから、間違うのだ。フルトヴェングラーは、デ・ヴィートの演奏に実に上手く合わせています。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/21

    やっぱり、フルトヴェングラーの指揮のベルリン・フィルでシュナイダーハンのヴァイオリン・ソロのベートーベンのヴァイオリン協奏曲は、最高です。しかし、リマスターの弊害か?情報量の多いのは、いいのだが、音の静かでスローテンポでの見せ場は、素晴らしかった。ところが、盛り上りの音の大きな部分は、音が多すぎてモヤモヤした音に聞こえるのが、玉に瑕です。でも、他の収録曲も素晴らしい音になっております。是非とも、買って聞くべきです。価値ある一枚です。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/14

     中川翔子と平野綾の「モスラの歌」は、大注目。是非とも、聞きたい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/01

    音質向上盤が、すごくいい。特に、シューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」の演奏が凄い。1942年のベルリン・フィルに迫る。同じ、音質向上の「伝説のコンサート ウィーン・フィル・ハーモニー」よりも、さらに良く。フルトベングラーらしさが出ている。ただ、これは、フルトベングラーの「白鳥の歌」かもしれない気がします。前出の「伝説のコンサート ウィーン・フィル・ハーモニー」でウィーン・フィル・ハーモニーがフルトベングラーより全面に出ていたので、余計に感じたのだが、1953年1月に有名なベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の途中で倒れる事件があり、このシューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」の時も、何らかの形でもうこれが最後と言う様な心が、ウィーン・フィル・ハーモニーにも、フルトベングラー自身にもあったのではないか?このフルトベングラーらしいこのCDでも、かえって表にでないものがあったのではないか?ウィーン・フィル・ハーモニーが、らしさを犠牲にしても出したいところがある。是非とも、聴いて欲しい。何が、戦後の演奏が、鬼気迫る演奏かわったのか?聞いて推理というか、妄想か、して欲しい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/02/16

    これもまた、実演を生で聴いていた。感動した。カラヤンの指揮によるベートーヴェンの交響曲第4番は、時代の解釈と演奏が解るが珍妙な演奏ばかりCDで聴いていた。そこで、演奏会で聴いていた。ボッセ氏の指揮の演奏は、明解で心地よいものでした。きっとベートーヴェンも満足している。是非とも、多くの人に、聴いて欲しいLPです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/23

     この「ブラームス交響曲第2番」は、新鮮で感動した。お勧めです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:122件中1件から15件まで表示