トップ > My ページ > カニさん さんのレビュー一覧

カニさん さんのレビュー一覧 

検索結果:110件中1件から15件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/04/01

    音質向上盤が、すごくいい。特に、シューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」の演奏が凄い。1942年のベルリン・フィルに迫る。同じ、音質向上の「伝説のコンサート ウィーン・フィル・ハーモニー」よりも、さらに良く。フルトベングラーらしさが出ている。ただ、これは、フルトベングラーの「白鳥の歌」かもしれない気がします。前出の「伝説のコンサート ウィーン・フィル・ハーモニー」でウィーン・フィル・ハーモニーがフルトベングラーより全面に出ていたので、余計に感じたのだが、1953年1月に有名なベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」の途中で倒れる事件があり、このシューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」の時も、何らかの形でもうこれが最後と言う様な心が、ウィーン・フィル・ハーモニーにも、フルトベングラー自身にもあったのではないか?このフルトベングラーらしいこのCDでも、かえって表にでないものがあったのではないか?ウィーン・フィル・ハーモニーが、らしさを犠牲にしても出したいところがある。是非とも、聴いて欲しい。何が、戦後の演奏が、鬼気迫る演奏かわったのか?聞いて推理というか、妄想か、して欲しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/02/16

    これもまた、実演を生で聴いていた。感動した。カラヤンの指揮によるベートーヴェンの交響曲第4番は、時代の解釈と演奏が解るが珍妙な演奏ばかりCDで聴いていた。そこで、演奏会で聴いていた。ボッセ氏の指揮の演奏は、明解で心地よいものでした。きっとベートーヴェンも満足している。是非とも、多くの人に、聴いて欲しいLPです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/23

     この「ブラームス交響曲第2番」は、新鮮で感動した。お勧めです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/23

    私にとって、このレコーディングされたコンサートに行けなかったのが悔いが残っています。今は、このCDを聞きながら、あの頃を思い出してます。この名演を多くの人に聴いて欲しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/21

    ともすれば、聞き飽きた「ブルックナーの交響曲第8番」だが、さすが、ボッセ氏の指揮の演奏です。素晴らしく、かつ、聴きやすかった。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/21

    どの演奏も、ベスト集らしく素晴らしい。ボッセ氏と神戸室内合奏団の「ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲」も、神戸のコンサートで聴いているモノより、普遍的な演奏で素晴らしい。是非とも、欲しい一枚だと思う。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/19

    このCDに、収められた演奏を、私は、その場で聴いていた。あの懐かしい演奏会の思い出。かけがいのない思い出。そのことを、忘れない。名演です。特に、ベートーヴェンの交響曲第4番は、ボッセ氏の十八番だった。去年の神戸室内合奏団で、今年のベートーヴェン・チクルスに「ベートーヴェンの交響曲第4番」を、「あまり、聞いたことが無い。」と言ったおばさんは、「もっと勉強しろ!」と言ってやりたかった。兎に角、名演です。是非とも、買って聴いてください。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/18

     ボッセ氏の指揮での協奏曲の演奏は、ソリストを立てる演奏をする。これは、どちらの要求か「ブラームスのヴァイオリン協奏曲」は、ロマン派で無く「絶対音楽」と言うベートーヴェン的解釈と演奏である。故に、聞きなれない「ブラームスのヴァイオリン協奏曲」となっています。それが、新鮮な感動に繋がらない。そこに、少々難ありの録音です。ですが、珍しいので、こう言う「ブラームスのヴァイオリン協奏曲」があることが、持って見るべき一枚です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2020/01/18

    神戸市内合奏団との演奏に、比べてベートーヴェンの交響曲第5番「運命」は、やや迫力が劣るが、モーッアルト交響曲39番は、十分に迫力がありフルトヴェングラーの指揮のベルリン・フィルのモーッアルト交響曲39番が、ステレオ録音ならば「こんなところうか?」と思わせるような名演です。クラッシック・ファンならば、是非とも、持っていて欲しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/12/25

    大変な1枚が、出た。レコードの第2版からの復刻版との事で、ずいぶん迷った。宇野大先生のレコード評も1951年のウィーン・フィル・ハーモニーのライブながら、音質に難ありだった。ところが、聴いてビックリ!の素晴らしクリアーな音質の1951年のフルトヴェングラーの指揮のウィーン・フィル・ハーモニーのベートーヴェンの交響曲第9番「合唱」だった。頭からバイロイト盤を思わす演奏に、頭をハンマーに殴られるような快感だった。ただ、シューベルト交響曲第9番「ザ・グレート」の1951年盤の様に、欠点が無いのが欠点と言える。ライブ録音なのに、音楽にのめり込んで気が狂ったような爆発が無い。第1版では、第4楽章をバイロイト盤で補修したと言うのも、フルトヴェングラーの指揮のライブ録音特徴の狂ったような音楽の爆発が欲しいと言うメーカーの要求によるのだろう。そこで、宇野大先生なら、素晴らしい第1、第3楽章を除くと、「生煮え」とか言いそうな演奏です。でも、私は、是非とも、持っているべき一枚だ。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/12/23

    フルトヴェングラーの指揮らしい演奏だが、好みによるが、私としては、モーッアルト交響曲第40番は、スローテンポで落ち着いた味が、逆に物足りない。ブラームス交響曲第3番は、各楽器の音がよく聞こえて素晴らしい味わいがあるが、やはり迫力に欠けるように感じる。好き嫌いが出るだろう。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/12/20

     「太陽の王子 ホルスの大冒険」が、その歌詞等にアイヌ文化の一端を見るなら、この「わんぱく王子の大蛇退治」は、作曲者・伊福部昭の「アイヌ文化」のリズムや音感に表現されている貴重な1枚。日本神話をベースにしているので、本編のストーリーなどが排除された音楽だからこそ楽しめる1枚。その後、数々の東映作品に音楽が流用された点でも、「サイボーグ009」や「ちびっ子レミと名犬カピ」と並んでお馴染みで忘れたくない音楽集だ。同年代の人間で欲しい人が、多いのではないでしょうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/12/20

    「アイヌ神謡集」より、取られた歌詞の唄が聴ける貴重な1枚。北欧神話風に変えてあるが、随所にアイヌ文化の痕跡のある作品でけに、映像が無い分面白い。是非とも、お勧めです。「もののけ姫」が、奇妙な日本の各地の民俗との折衷を行っている分、純粋にアイヌ文化の一端を聴ける。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/12/13

    「大塚康夫著の「作画汗まみれ」」を、読むと「なっぞら」は、絵空事の所詮ドラマと白けてしまう。でも、この「漫画映画漂流記」を読むと、リアルに希望を持つ。女性アニメーターのパイオニア「奥山玲子」がいて、今日があると思う。そう思うと、「なっぞら」は、許せるし、懐かしくリラクスして楽しめる。色のんな意味で多くの人に読んで欲しい。私の様に、リアルタイムで「空飛ぶ幽霊船」や「アンデルセン童話 にんぎょ姫」を劇場で見た世代からすると、「奥山玲子」さんの存在が如何に大きかったからすると、改めて思う。是非とも、多くの人に読んで欲しい。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2019/11/17

    これは、絶対にもっべき1枚だ。ブルクナー交響曲第5番は、この「シャルク版」は、聴きやすい。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:110件中1件から15件まで表示