トップ > My ページ > 山葵 さんのレビュー一覧

山葵 さんのレビュー一覧 

検索結果:58件中46件から58件まで表示

%%header%%

%%message%%

  • 3人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/06

    ワルキューレの伝説的名盤のCD版
    1966年の録音とは思えないくらい高品質な録音。デジタル録音にありがちな無機質な音ではなく、アナログ的なふくよかな音質にも好感。
    演奏も超一級、この迫力あるワルキューレを聴いてしまうと、他の演奏が軟弱に聞こえてしまう。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 9人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/04

    モーツァルトのレクイェムといえば、カール・ベーム以外にありえないくらい最高の演奏です。(CDのウィーンフィル版共に)
    この映像はかなり昔、NHKで放送されていました。あの時以来これを上回る演奏に出逢えませんでした。心の奥底に染み渡る真の名演。カールベームの録音の中でも最高部類に値する名演。

    9人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/04

    1980年録音のカラヤン・ウィーンフィルのファルスタッフCDとほぼ同じメンバー。スタジオ収録であるCDの方が当然完成度や音質は優れているが、2年後に収録されたこのDVDも同じような素晴らしい演奏。
    純音楽よりもオペラが本職のカラヤンだと思い知らされるファルスタッフです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/04

    さすがパリオペラ座と思わせる舞台です。ダンサーもほぼ完璧。
    ロイヤルコヴェントガーデンの狭い舞台に比べて迫力あります。
    ところが、オーケストラがイマイチのうえ、最近の録音とは思えない音質の悪さ。
    オケはロイヤルコヴェントガーデンの方が良いのは、オケ単独でのCD等の録音の多さからも歴然。オケの音質が残念。
     作品はチャイコフスキーの三大バレエの中では、踊りは見せ場が一番多く、見がいがあるのですが、音楽は伴奏的で平凡なのが残念。
    よってこのDVDはバレエ音楽芸術を楽しむよりも、パリオペラ座のバレエダンスを鑑賞するような作品。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/04

    好事家好みの名作品DVD。
    音声画質とも大変良好。
    しかしながら、ドニゼッティのこの作品は好事家向き作品の域を抜け出ることは出来ず、音楽的には全体を通して平凡である。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/04

    小学館の解説本付き魅惑のオペラシリーズと同じDVD。
    1992年の収録に割に映像と音声の質が高い。(セミハイビジョン)
    1966年録音のカラヤン・ベルリンフィルのCDと聞き比べると迫力に欠ける。
    ライブ録音ではないようなので、煩わしい拍手はない代わりに、指揮者とオーケストラの映像は無い。(バイロイトのオーケストラビットは観客からは見えないそうだが。)
     第1幕幕が開いて、いきなし迷彩服もどきのおっさんが出てきて歌い始めた演出にはかなり違和感を覚えた。いったいこの物語は??
    最近、多くのオペラが奇抜さを狙ったような、オリジナル性を無視した演出が多いが、大変嘆かわしい。かつての奇抜さのみを得ようとした現代音楽作品や、古楽器による奇抜な演奏スタイルも一時期流行ったが、こういったオペラの演出もそのうち飽きられると思う。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/04/04

    奇抜な演出によって矛盾だらけのストーリーに違和感を覚え、鑑賞に堪えがたい。
    作者のオリジナル性を壊してしまっているので、ストーリーは無視して音楽のみを鑑賞するのはよいが、お話は矛盾だらけである。アメリカ軍はいったいつから何年間フランスに駐留していたの?マリーの年齢は?公爵伯爵?フランス人が米国軍人にいきなりなれるの?矛盾だらけですね。
    最近、多くのオペラが奇抜さを狙ったような、オリジナル性を無視した演出が多いが、大変嘆かわしい。かつての奇抜さのみを得ようとした現代音楽作品や、古楽器による奇抜な演奏スタイルも一時期流行ったが、こういったオペラの演出もそのうち飽きられると思う。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 2人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/12

    良い演奏をしていますね。カラヤンの名盤です。
    実際のバレエ公演やバレエのDVDでの指揮者はたいてい名前も訊いたことの無いような指揮者ばかりです。このカラヤンの名演を聴いてしまうと、実際のこのバレエを観ても、音楽が軟弱に聞こえてしまうほどです。
    コッペリアの全幕全曲録音でなかっということで星4つ。
    また、このような名演奏で実際のバレエを観てみたいです。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/12

    スワニルダ役のカリーヌ・ギーツェンダナーの動きや踊りがとても可愛い。
    技術だの才能だの関係なくとにかく可愛いです。
    第3幕が無いのが非常に惜しまれる。
    ガニオ2世が出ているとかを売りにしているDVDであるが、ほとんど活躍無し。
    群舞はいかにも生徒さん達の踊り。
    パリオペラ座だけあって舞台芸術は素晴らしい。
    オーケストラの録音音響ミスか、ところどころ音が小さくなるのは遺憾だ。
    サウンドがPCMが無く、ドルビーのみなのが残念。(片面1層)
    解説書は情けないし、必要情報が記入されていない。(例えば指揮者とオケ)
    これでこの値段は高いんじゃないかな。。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/03/08

    コッペリアのDVDは意外と少なく、ベスト盤のようなものも無いようです。
    ロイヤルバレエのが比較的入手もしやすく、このDVDに比べて画質も音質もよく、スタンダード的存在のようです。
    ところがこのオーストラリアバレエのは輸入盤にも関わらず人気のようです。たしかに楽しく舞台芸術も素晴らしい。一般受けしそうです。
    ですが、観客の芸術鑑賞をしているという意識が低いようで、あまりにも形式的な拍手が多すぎます。音楽が鳴り終わらないうちに必ず拍手をしているし、ダンサーが登場しただけで拍手をして音楽に被り、雑音化しています。オペラでもたまにそういったのがありますが、バレエは特に多いですがその悪い例です。
    ダンサーは一流のプロじゃないのでしょうか、まるで発表会の鑑賞のような拍手は煩わしいです。
    音楽はただの伴奏ではなく、むしろ音楽あってのバレエ芸術なのですから。音楽を聴いている人にとっては迷惑行為です。
    (FM放送の音楽を録音時に解説者の説明が音楽に重なる煩わしさに似ています。)
    また、主役のダンサー達の体形がバレリーナ体形ではなく、普通の人の体形で、しかもスワニルダのスカートが長めなので可愛らしさはあるが、ロイヤルバレエのに比べるとスマートさや美しさに引けを取る。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 0人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/26

    ミュージカル?純粋なクラシックバレエを鑑賞したい人にはお勧めできません。
    ライブ収録ではないようなので、ダンスの途中で入る煩わしい拍手はありません。
    指揮者やオーケストラの映像が全く出てきません。
    DVDの音質、画質は普通です。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/14

    サリエリのこの作品は、20年以上前にフンガロトンレーベルから全曲版のCDが日本版日本語解説付きで販売されていました。それ以来サリエリのファルスタッフのファンです。
     このDVDも大変楽しい、当時の劇場で観ているウィーン市民になったような雰囲気を楽しめる。サリエリの作品の中では恐らく最高傑作作品に値すると思う。サリエリも良い作品を残しているではないかと思わされると同時に、当時の人気ぶりにも納得できる。ベートーヴェンはこの作品の主題による変奏曲を作曲している。
     このDVDの画像と音質はそこそこ良い。ただ、この作品の全曲は演奏されていないようだ。序曲からして、反復部分をところどころカットしているし、本編も割愛されている部分も多い。従って前記のCDでは演奏時間が2時間半を越えるが、このDVDは120分です。
    ちなみにルートヴィヒスハーフェン宮殿というのは、マンハイムのライン川対岸、ライン川西岸にあるルートヴィヒスハーフェンという都市にあるようです。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

  • 1人の方が、このレビューに「共感」しています。
     2010/02/08

    音声や画質は当時の物として承知であるが、日本語字幕が読み辛い汚いフォントで大変気になる。DVDオーサリング時になぜもっと美しいフォントを使わないのか?

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに共感する

検索結果:58件中46件から58件まで表示